れいわ山本太郎代表が、”消費減税”に消極的な野党に苦言!「共産党以外は無視している」「野党が力を合わせてやっていかなければ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月24日、札幌駅前で街頭演説を行なったれいわ新選組の山本太郎代表が、消費減税の政策に消極的な野党に苦言を呈した。

・山本太郎代表は、有権者からの質問に答える中で、「(減税の呼びかけについて)共産党以外は無視している。野党が力を合わせてやっていかなければいけない」と語り、安倍政権同様にグローバル資本勢力に忖度しつつ、政権交代に消極的な主要野党を批判した。

消費減税「共産以外は無視」=れいわ・山本代表が不満

れいわ新選組の山本太郎代表は24日、自身が唱える消費税減税に対する主要野党の反応について、「共産党以外は無視している。野党が力を合わせてやっていかなければいけない」と不満を示した。

札幌市で開催した「街頭記者会見」で参加者の質問に答えた。山本氏は「次(の衆院選の際)に政権交代を狙わないような選挙をするなら、お付き合いできないと野党勢力に声を届けてほしい」と訴えた。

【時事通信 2019.9.24.】

山本太郎氏の呼びかけに共感する声が上がる一方で、「野党共闘を邪魔するな」「減税が国民の総意ではない」と非難する野党支持者も…

出典:Twitter(@reiwashinsen)

れいわ新選組の山本太郎代表が、消費税廃止どころか消費減税すら消極的な主要野党を批判したことがニュースになっていますが、そんな太郎さんに共感する声が多く上がっている一方で、「野党共闘を邪魔するな」「減税が国民の総意ではない」などと非難の声を上げる野党支持者も出てきているようです。
改めて、野党も含めて日本社会全体がグローバリズムに大きく傾斜している実情を感じますし、まさに、起こるべくして安倍政権の独裁状態が発生してしまっている現状ですね。

つまり、日本の野党支持者の中にもグローバリストが存在しており、消費増税をはじめとした「グローバル資本勢力への権力の一極集中」を容認している野党支持者も多くいるということだね(ないしは、日本国民の貧困化の元凶であるグローバリズムについて、まだまだ多くの野党支持者が理解できていない可能性もありそうだ)。

そもそも、「民主主義の大原則」に則りつつ、(富裕層優遇の)安倍政権との対立軸を明確にするには、まずは野党側は国民生活に真に寄り添った政策を提示するべきだし、れいわ新選組や共産党は、こうした”大原則”を守っているからこそ、消費減税を打ち出しているわけだ。
そういう意味でも、「権力側」のグローバリストにくみしつつあることで消費減税すら掲げることができない立憲や国民を山本太郎氏が批判するのは、何らおかしなことではないはずだけど…それを、グローバリストの側に傾斜しつつある立憲や国民の側に立ちながら山本氏を非難している動きがあるのは、やや首を傾げざるを得ないね…。

現在、立憲と国民が統一会派を結成する動きが起こっていますが、これを仕切っているのが、あの、安倍”グローバリズム”政権を生み出すことに協力した野田佳彦元総理ですからね…。
どちらにしても、山本太郎さんを中心に消費減税ないしは消費税廃止で野党が一致団結しない限り、安倍政権をまた大きく勝たせてしまう危険があるうえに、経団連や竹中平蔵氏を中心としたグローバリズムがさらに急速的に進行してしまう可能性が高いですね。

そういう意味では山本太郎氏が言っていることは筋が通っているし、太郎氏も廃止の姿勢を譲歩して「(まずは)減税でも可」と言っているのに、これでも同調できないとなると、立憲や国民の主要野党もすでにグローバル資本勢力の傀儡と言わざるを得ない。

ていうか、これでは、またかつての民主党とほとんど同じだし、野党勝利の大きなカギとなる無党派層の有権者に対しても、このメンツではマイナスの印象を持たれてしまう可能性が高いんじゃないかな。
(ちなみに社民は、れいわとの連携に前向きな姿勢を見せ始めているみたいなので、これは歓迎できる動きだろう)

これまでの数々の分裂や分断は何だったのかという話になってきますし、いくら一つにまとまったとしても、安倍政権と大差ない公約しか出せないのであれば、結局安倍政権が大きく勝ってしまう可能性が高いのではないでしょうか。

前から言ってきたことだけど、もはや旧民主党(特に反小沢一派)のグローバリスト勢力が野党内で大きな権限を持っている限り、国民がひたすら貧困に向かっていく方向性は変わらないだろうし、山本太郎氏のれいわがフレッシュで魅力的な人材を多く集めて、真に国民生活に寄り添った政策をしがらみなく打ち出せる「反グローバリズム勢力」を多く国会に送り込んでいくしか、この状況を変えられる方法はないのではないかな?

安倍政権に批判的な意見を表明している野党支持者の中でも、若干”怪しい主張”をしている人が散見されるし、ざっと見たところ、野党支持者の中にも、国民生活を疲弊・破綻させることを後押しするグローバリストが混ざっているように見えるのが、いささか気になるところだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事