【CSISのオキニ】河野太郎行革担当相に「フェイクフォロワー疑惑」が浮上!166万強のフォロワーのうち、6割以上が「フェイク」との判定に!(騒ぎになった直後に急に数値が改善)

Pocket

どんなにゅーす?

・菅政権で行革担当相に指名され、ネットだけでなくマスメディアでも急激に礼賛報道が増えている河野太郎行革担当相に、「フェイクフォロワー疑惑」が浮上。ネット上で話題になっている。

・近年、ネタをふんだんに交えたTwitterを通じて、熱烈な信奉者が大量発生している中、河野大臣のTwitterフォロワーの質を判定するツールでチェックしたところ、166万強のフォロワーのうち、7割近くが「フェイク」との判定に。これがネット上で大きな話題になっている中、再度判定してみたところ、フェイクフォロワー率は6%ほどに突如急激に質が改善。この事態に対して、様々な憶測や意見が飛び交っている。

河野太郎大臣のTwitterに「フェイクフォロワー疑惑」!河野氏の人気はCSIS(ジャパンハンドラー)による「人工的なもの」である疑い!

出典:Twitter(@gorn)

↓ネット上で騒ぎになった途端に数値が一気に改善される。

出典:twitteraudit.com

ここ最近、異様なまでにカルト的な人気が高まっている河野太郎さんに「フェイクフォロワー疑惑」が浮上しているわ。
ご覧のように、166万あまりのフォロワーの内、100万以上のフォロワーに「フェイク判定」が出されたことが話題になっているけど、不思議なのは、現在河野さんのアカウントを同じようにチェックしてみたところ、なんと、この数値が大幅に改善
フェイク判定が9万9千あまりに激減していて、何とも不可解な事態になっているわ。

最初にチェックされた時点でのフォロワー数を見ると、トータルで166万強、「2年9か月前にアップデートされた」との表示が出ている。
一方で、最新のデータを見ると、フォロワー数は187万強にまで増えており、ちょうどネット上で騒ぎになっていた直後にあたる「今から12時間ほど前にアップデートがされた」という表示が出ているね。

例えば、小池都知事のアカウントを改めてチェックしてみると、やはり、フェイク率は上のツイート時と変わっておらず(フェイク率は3割強)、アップデートの日付も2年11か月前のままで、変わっていない。

出典:twitteraudit.com

このフェイク判定ツールがどのようなシステムになっているのかがよく分からない上に、ネット上に騒ぎになった途端に急に河野氏のアカウントのデータが更新され、数値が急激に改善されたのが非常に不思議なんだけど…確かなのは、つい最近まで、河野氏の大多数のフォロワーにフェイク疑惑が浮上していた上に、つい今しがた、これが急激に改善されたという事実だ。

ボク自身、それまで脱原発を標榜したり、安倍政権と距離を置いてきたことで多くの自民支持者からも嫌われてきた河野氏が、突然「キャラ変更」し、安倍政権に全面的に奉仕するようになっては、「面白ファンキーキャラ転換」により、急激にカルト的なファンを大量に生み出しているこの現状に、言いようのない不可解さや不自然さを感じてきたけど、よりその疑いを補強するような出来事であることには違いない。
折しも、近年の河野氏は、ジャパンハンドリングの総本山であるCSIS(戦略国際問題研究所)と親密な関係を築いており、しきりの「未来の総理」をアピールしている様子が見られるほかに、(二階一派とは一線を画す)より過激な中国批判を展開することで、反中政策を重視しているジャパンハンドラーから高評価を得ていることがうかがえる。

●過去関連記事:河野防衛相、「(解散総選挙は)恐らく10月のどこかで行なう」!米CSISのオンライン会談で発言!「中国の脅威」も強調し、ジャパンハンドラーに「未来の総理候補」として猛アピール!

かねてよりCSISと深い関係を持ってきた小泉進次郎環境相がマスコミにおいて徹底した礼賛キャンペーンが展開されているのと同じように、菅政権発足と同時に、テレビ局においても河野氏を賛美するキャンペーンが一気に本格化してきたけど、こうした状況を俯瞰して見ると、河野氏のカルト的な人気は、ジャパンハンドラー(の下部組織である電通)が人工的に作り出したものである疑いが強いと言わざるを得ないだろう。

(安倍さんや小泉親子らを筆頭に)テレビやネットなどでことさらに賛美される政治家や言論人は、大抵、ジャパンハンドラーがお墨付きを与えている「エージェント」であると考えるのがいいわ。
(逆に、真面目で愛国保守的な政治家や言論人ほど、マスメディアやネットで叩かれる傾向があるのも一貫しているわ)
そういう意味では、河野さんは、すでに、ジャパンハンドラーからかなり厚い信頼を得ているとみるのが良さそうですし、こうなると、ますます「未来の総理」に選ばれる可能性が高まってくるわね。

いずれにしても、完全なる「偽装民主主義国」である日本では、ほとんど全てがジャパンハンドラーの意向によって総理が決められているのが現状だし、人一倍権力奪取に対する野心や執着が強い河野氏は、かなり本気でジャパンハンドラーに自身を売りこんでいるとみてよさそうだ。
ネットだけでなく、マスコミもゴリ押しし始めている以上、河野氏の今後の動向をより注意深くウォッチしていく必要があるのは間違いないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事