【民意完全無視】県民投票の結果に関係なく辺野古基地建設強行!期間中も建設止めず!菅長官が方針示す

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月14日、沖縄県で米軍辺野古新基地建設の是非を問う県民投票が告示された中、菅官房長官は、投票結果に関係なく辺野古基地の建設を強行する方針を示した。

・さらには、投票期間中でも建設を停止しないことも明らかにしており、ネット上では、安倍政権の民主主義を蹂躙するやり方に怒りの声が噴出している。

菅官房長官、結果に関わらず工事推進の考え 県民投票告示を受け

名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票が告示されたことを受け、菅義偉官房長官は14日午前の会見で「政府としてはコメントは控える」と述べた上で、移設問題の原点は普天間飛行場の危険性除去だとし、「住環境や生活環境に十分配慮しながら進める考え方に変わりはない」と話し、投票結果に関わらず移設工事を進める考えを示した。

~省略~

投票が行われる24日までの間、工事を止めることについては「考えておりません」と否定した。

~省略~

【琉球新報 2019.2.14.】

安倍政権自ら「民主主義クソ食らえ」宣言!県民投票の実現を妨害しまくってきたものの、今度は投票結果を「完全無視」することを明言!

出典:Twitter(@tohohodan)

いよいよ、辺野古新基地の是非を問う県民投票が告示されましたが、菅官房長官が投票結果の内容にかかわらず、基地建設を強行していく方針を明言しました。
さらには、投票期間中も建設を停止しない方針も示しており、民意無視の「独裁路線」をますます露骨にしてきています。

これまでは、県民投票の実施そのものをあの手この手で妨害してきたくせして、ようやく県内全ての市町村の参加が決まったと思ったら、今度は、投票結果「完全無視」宣言か。
ここまで露骨に沖縄県民を敵視しているのなら、「お前ら沖縄県民の好きにはさせないぞ。俺ら政権の命令に黙って従え、この野郎」ってはっきりと言った方がよほど良心的なんじゃないのかな。

当サイトでは何度も伝えてきたけど、米軍側では、以前より沖縄の海兵隊を撤退させる構想が存在してきたし、米軍の内情を知る関係者が、辺野古基地建設について「馬鹿げている」とまで明言し、米軍にとってもほとんどメリットがないことを明らかにしている状況だ。
ここまで安倍政権が辺野古新基地に異常なまでに腐心しているのは、米国よりも日本側の方に、米軍産内部に激しく”寄生””依存”することで利権や権力を持てている勢力が存在(日米安保マフィア)していることと、これらの記事でも紹介して来たように、安倍総理や菅官房長官らと激しく癒着している土木業者を儲けさせる企みが存在している。

辺野古基地建設においては、安倍総理の地元山口の宇部興産(琉球セメント)や、菅官房長官の親族がかかわる大成建設も大規模な工事を担当していることが伝えられていますね。
こうして地元の企業を大きく儲けさせることで、政治家自らにも多大な利益が還元されていくという、身内同士の金儲けの構図があるわけです。

この国では、「自分たちの金儲け」をしたいがためだけに、政権与党が国民の民意を踏みにじることすらも平然と行なわれるようになってきてしまった。
それだけ、日本国民がことごとく安倍政権の政治家から見下され、舐められているということだし、すでにこの国は民主主義制度が完全に形骸化していては、一般国民が”家畜”になりかかってきている。

ここまで民主主義が壊れている状況の中で、もはやあらゆる政府統計やマスコミの世論調査、さらには選挙制度なども疑わざるを得ないような状況になってきているし、一般の日本国民は、すでにこの国は、既存の法律や憲法すらもほとんど機能しないほどに、不正やインチキが当たり前にまかり通る、腐敗しきった「独裁社会」に突入してきていることを認識した方が良さそうだ。

もはや、大規模な国民運動でも起こらない限り、この国のさらなる腐敗と破滅は免れられない状況になっていますが、果たして今回の県民投票がどのような結果になるのか、固唾を呑んで見守っていこうと思います。

Pocket

 

 関連記事