【原因は?】京成線が青砥駅構内で脱線事故!脱線車両が大きくずれ、パンタグラフがもげて架線に引っかかっている「奇妙な光景」に驚きの声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月12日午前10時15分頃、京成電鉄の青砥駅構内で羽田空港第1・第2ターミナル行き普通列車が脱線後ろから2両目が大きく脱輪し、20センチほどレールから外れた状態で動けなくなった。けが人などはいない模様。

・また、脱線した車両のパンタグラフがもぎ取られて、車両から離れた位置の架線に引っかかっている状態で、ネット上では事故原因について様々な反応や推測が出ているものの、現時点で原因の特定に至っていない。

京成押上線青砥駅で列車脱線 けが人の情報なし 東京 葛飾

~省略~

京成電鉄によりますと12日午前10時15分ごろ東京・葛飾区にある京成電鉄の青砥駅でホームに入ってきた押上線の上りの8両編成の列車が脱線しました。

8両ある車両のうち、後方2つ目の1両が脱線したとみられ、乗客はすでに全員が列車を降りたということです。これまでにけが人の情報などは入っていないということです。

この列車は午前10時13分に京成高砂駅を出発し、午前11時8分に京急線の羽田空港第1・第2ターミナル駅に到着する予定でした。

会社は脱線の原因について調べています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.12.】

「なぜ?」「どうして?」などネット上では多くの驚きと疑問の声!

出典:YouTube

京成線の青砥駅構内で大々的な脱線事故が発生してしまいました。
事故の瞬間はすさまじい音と衝撃が発生したとのことですが、けが人などが出なかったことが大きな幸いでしたね…。

ボクも、脱線現場の状況をみてちょっと驚いたんだけど、ネット上をみても、鉄道に詳しい人の間でも多くの疑問の声が上がっている状況だ。
現在ネット上では、「架線に異常が発生した」との説と「事故車両の台車に異常が発生した」との二つの説が上がっているけど、う~ん、なんでこんな風になったのかがとても不思議だ。

よくあるパターンとしては、ポイント部分の異常や、急カーブを通った際に発生した(制限速度オーバーなどの)過大な負荷によるもの、そして線路に石などの異物が置かれていた場合などが多いけど、今回の事故はそのいずれでもないし、この1両だけが脱線したことと、何よりも、事故車両のパンタグラフが外れて架線に引っかかっているというのが、非常に不可解だ。
個人的には、「事故車両の台車に異常や欠陥が発生」したことで脱線した可能性をみているけど(もしもそうだとしたら、「低速状態」で異常が発生したのが大きな幸いだったということになる)、ひとまず、詳しい事故調査の結果を待ちたいところだね。

京成線の場合、京急や都営地下鉄など、千葉・東京・神奈川と3都県にわたって複雑な運行形態で直通運転を行なっていますので、かなりの広範囲にわたって大きな影響が出ていることがうかがえます。
事故車両の撤去も大変そうですし、どうやら本日中の復旧は難しいようですが、一日も早くに完全復旧されることを願っています

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。