安倍シンパ・桂春蝶さんのツイッターが消える!「貧困叩き」「暴力・脅迫事件」などで社会を騒がせていた中で

Pocket

どんなにゅーす?

「この国での貧困は絶対に自分のせい」などの貧困叩きツイートや、愛人女性への暴力・脅迫事件などで多くの騒ぎを起こしてきた、落語家の桂春蝶のツイッターが突如消えたことが話題になっている。

・これまで春蝶は、ツイッターをフル活用しながら安倍政権への賛美や弱者叩きを繰り返し、一部のヘイト系ユーザーや安倍シンパから多くの支持を得ていたものの、一部週刊誌による暴力事件報道によって、その勢いに陰りが出ている様子も見えていた。

「安倍政権賛美」「貧困叩き」「愛人女性への暴力・脅迫」で知られる桂春蝶のツイッターが忽然と消える!

↓安倍総理を日頃から賛美する桂春蝶の、昭恵夫人との2ショット。

出典:Twitter(@YellowTail_1000)

出典:Twitter(@lovelovedoggy)

これまで、しきりに安倍政権を賛美しながら、社会弱者を上から目線で叩いたり自らの「貧困エピソード」に捏造疑惑が出ていたり、挙げ句の果てに愛人女性への暴力&脅迫事件が報じられていた桂春蝶さんのツイッターが忽然と消えたことが話題になっているわ。

あんなにツイッターを頻繁に更新させては、安倍シンパが喜ぶようなツイートを繰り返していたのに…一体どうしちゃったのかしら。

ついこの前の記事で、「安倍政権の興隆とともに、各界から反社会的・詐欺的・犯罪的な思考を持つ人間が”シンパシー”を感じてどんどん集まってきては、安倍一派と結びつくことで社会的影響力を強めてきている」と述べたばかりだったけど、そういえば、桂春蝶もまさしく、そうした定義に当てはまる有名芸能人の一人だったね。

愛人女性への暴力・脅迫事件を報道した週刊誌に対して、法的措置を講じる可能性を見せていた中で、これまでのツイッターの内容が不利になると踏んでさっさと消したのか、それとも、あまりにも一般のユーザーから多くの批判が殺到するので嫌気がさして逃亡したのか?
その真相はよく分からないけど、とにかくこの人物は、これまでの動向を見てきても、あまりにも反社会的でサイコパス的な行動が目立つので、芸能界から一刻も早く追放する必要があるのは確かだろう。

こうした、自らの金儲けや権力アップのために、ペテンを駆使したり社会弱者を叩くというのは、まさしく人として最低の行為だし、それだけでなく、力の弱い女性に対してここまで常軌を逸した脅迫や激しい暴力まで行なってきたというのだから、これ以上芸能界にのうのうと居座らせるのは絶対にいけないだろう。

本当に、「桂春蝶」の名前も、この人によって末代まで汚されるような事態になってしまったわね。
これを機に芸能界から消えてくれれば嬉しいんだけど…昭恵夫人とも交友がある上に、安倍一派や日本会議界隈も彼のことがお気に入りみたいだから、一切の油断は出来ないわ。

そうだね。
彼のような手法を真似するような輩が次々出てこないためにも、国民が揃って「NO!」を突きつける必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事