「文春砲」で辞職の米山知事へ同情の声!当選前に「ハッピーメール」を通じて”援助交際”!美人局の被害も!?知事「中年男性がのぼせたということ。それ(金)によって好かれたかった。」

Pocket

どんなにゅーす?

・主に知事に当選する前に、出会い系サイトを通じて複数の若い女性と金銭を渡して交際していた内情を週刊文春に報じられたことで辞任を表明した、新潟県の米山知事に対する同情の声が集まっている。

・報道によると、米山氏は女性との出会いに恵まれない中で、出会い系サイト「ハッピーメール」に登録。そこで複数の女性と出会い、金銭を渡した上で性交渉の関係を持ったという。

・また、交際していた女性に別の交際相手がいたことが発覚し、相手から金銭を要求されるトラブルに巻き込まれていたことも判明。米山氏は弁護士を立てて解決を図ったものの、現在も解決していないという。

・これらの報道について、米山知事は全て事実であることを認めており、「女性に好きになってもらいたい思いでお金を渡していた」こと、「そもそもそうした考えが間違っていた」と振り返った

女子大生が告白 新潟県知事・米山氏「買春」辞任へ

米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。月に一度ほど会う関係だったことを明かした。女性は名門私立大学の学生だった。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。もちろん、最初からお互い援助交際が目的。彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」(A子さん)

米山氏は「週刊文春」の取材に対し、A子さんも含めた複数の女性との援助交際について、事実関係を認めた。

【文春オンライン 2018.4.18.】

新潟
米山知事、援助交際「3、4年前から断続的に」

米山知事の記者会見での主なやりとりは以下の通り。

--辞任の理由は。

(女性の)歓心を買うために金銭授受があった。けじめをつけるべきだった。

--辞任は何についての責任?

誤解を招く行動で県政に支障をきたした。

--週刊誌報道は正しいか。

事実関係はその通り。知事になる前と後、おととしの12月くらいまで。記事はそんなに確認していないが、私としてはそのつもりではなかった。

--そのつもりでなかったとは。

私はその人に好かれるため(金を渡した)だった。でももらう側(女性)はもらうことだけが目的だった。

--体の関係を持つために金銭のやりとりをした?

中年男性がのぼせたということ。それ(金)によって好かれたかった。そう思うこと自体がいけなかった。

--知事の報酬は税金から。後ろめたさはなかったか。

税金だから(いけない)ということになったら、ワインを買ってはいけないかということになる。

--知事は独身。違法性はどこにあると考えているのか。

やり方が誤解を招く方法だった。

--出会い系、援助交際はいつから。

断続的というのが事実だろう。本件のことは3、4年前からであるはず。

--知事になり、やめようと思わなかったか。

(知事になり)すごいですねと言われ、浮かれた。

--知事としての一番の功績は。

いろいろな新しいことをする体制を少しは作れた。

--原発問題について。県民の期待も大きかったと思うが。

心から謝罪したい。(後任は)どなたでも構わない。ぜひその方のスタンスでやり遂げてほしいと思う。

--お互い恋愛感情あったのか。

相手から「好きです」と言われてはいないが、「楽しい」とはおっしゃっていた。結婚したい気持ちは私にはあったが、相手にはなかったと思う。

--ばれなければいいと思っていたのか。

誰にも知られないことを望んでいた。

--退任までどうするつもりか。

退任までは知事。次の人がやりやすい環境を可能な限り作り、一つでも私が作った政策を続けてくれれば。

【毎日新聞 2018.4.19.】

米山知事の”援助交際”を報じた「文春砲」がもたらしたこと→その1:原子力ムラの東電&安倍政権が大喜び、その2:ハッピーメールの登録者が殺到!

↓”涙の同情”が多く寄せられている米山知事。

出典:Twitter(@RyuichiYoneyama)

過去の”援助交際”を報じられたことで辞任に追い込まれてしまった米山さんに対する同情の声が殺到している状況だわ。
報じられている内容を見ても、出会い系サイトをよく利用していたのは主に知事になる前の話みたいだし、その交際の内容を読んでも、とりたてて大きな問題はなさそうな感じだわ。

強いて言えば、女性にお金を渡して性交渉を行なっていたことが買春に当たる可能性があるという感じだね。
ただ、売春防止法そのものも罰則が存在しない状況だし、今や多くの先進国で売春が合法となっている上に、日本でも性行為を行なう風俗店が公然と存在していることからも、これはほとんど形骸化しかかっていると言ってもいい。

その理由は、男女がお金の授受を通じて性行為をすることを合意していれば、基本的に被害者が存在しない上に、はるか昔から、売春は「貧しい女性がお金を稼ぐための”最後の手段”」として世界的に行なわれてきたものだからであることが考えられる。

ボクも、文春が報じた大まかな内容を読ませてもらったけど、出会い系サイトを通じて男女が性行為を行なうということ自体、今や多くの一般の人々が行なっていることであり、権力を笠に着ながら弱い立場の女性記者に向かってセクハラ発言を繰り返し、嫌がる様子を楽しんでいた福田事務次官と比べても、米山氏の行為は比べものにならないほどに軽微な問題ではないだろうか。

むしろ、このスキャンダルによって、福島原発事故の検証もストップした上で柏崎刈羽原発の再稼働阻止に大きな暗雲が垂れ込めてきたことの方が、よほど私たち一般国民にとってもマイナスの要素が大きいんじゃないかしら?

言うまでもなく、これによって最も得をしたのは、原子力ムラの東電や安倍政権という、国民の利益と真っ向から反する既得権益集団だ。
その上で、(皮肉にも)文春が「ハッピーメール」という、米山氏が利用していた出会い系サイトを実名で報じたことにより、ハッピーメールの登録者が殺到し、一時期サーバがダウンするほどの盛況となってしまったようだね。

あらら。ハッピーメールと言えば、売春目的の女性が多数登録している上に、悪質な詐欺業者やデリヘル業者、美人局などの犯罪の温床になっているとも言われる、ちょっと微妙な出会い系サイトさんだけど、文春さんはそんなハッピーメールとお友達なのかしら?

その内情は分からないけど、少なからず、ハッピーメールは文春のお陰でウハウハだし、ネット上では文春とハッピーメールがグル(いわゆるステマ)であることを疑う声も出ているようだね。

とにかく、女性との出会いに恵まれず、人知れず悩んでいた中で、ハッピーメールを通じて「束の間の夢や誘惑」に溺れてしまっただけでなく、美人局のようなトラブルに巻き込まれてしまい、挙げ句の果てに、信じていた女性にリークされたことで知事を追われてしまった米山氏は、ちょっと掛ける言葉が見つからない。
個人的には、誠意を持って今回の件を謝罪をしつつ、より気を引き締め直して県政と脱原発行政に邁進してもらいたかった…というのが、素直な思いだよ。

潔く、記事の内容は全て事実だったことや自分の間違いを認めた上で、裏切られてしまった女性に対する恨みや辛みも発することがなかった米山さんは、多くの被害者を出しながら一切の責任も取らずに、日々国民の税金を自分たちの欲のために無駄使いし続けている連中に比べたら、よほど立派だったわ。

私も、こんな話で辞職する必要はないような感じがするけど、それだけ真面目で純粋だったってことなのかしら…。

真に国民に莫大な損害をもたらしている「巨悪の連中」こそ、厚顔無恥でいつまでものさばり、ますます繁栄してしまっている現実が何とも切ないね。

現代の日本社会の男女問題や恋愛事情の縮図を見るような、何とも言えない辞任劇となってしまったけど…どうか、米山氏が作り上げた「脱原発路線」が次の知事選で潰えてしまわないことをひたすら祈るばかりだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket