【真っ黒】関電幹部ら20人が高浜町の元助役から3億2千万円受け取る!金沢国税局の税務調査で発覚!岩根社長「一時的に受け取ったものだった」「返そうとしたら強い態度で拒まれた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月27日、関西電力の岩根茂樹社長が会見を開き、会長や社長や社員など20人が、高浜原発が立地している福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(19年3月に死去)から計3億2千万円もの金品を受け取っていた(幹部6人への金銭授与は1億8千万円)ことを明らかにした。

・これらの金品の受領は金沢国税局の税務調査で発覚。岩根社長によると、すでに一部もしくは全部を返還し、所得税の修正申告をしたという。

・岩根社長は、「一時的に受け取ったものだった」との考えを示し、「(森山元助役に)返そうとしたら強い態度で拒まれた」と釈明。地元への原発利権を通じて、関電の経営陣に不当に巨額の金銭が還元されていた実態が明らかになり、ネット上では怒りの声が噴出している。

総額3億円余 経営幹部ら20人が受け取り 関電社長認める

~省略~

関西電力の岩根茂樹社長は27日午前11時から大阪 北区の本社で記者会見を開いています。

このなかで岩根社長は会長や社長などの経営幹部や社員、合わせて20人が、去年までの7年間にわたって3億2000万円相当にのぼる金品を受け取っていたことを明らかにしました。

金品を渡していたのは関西電力の原子力発電所がある福井県高浜町の森山栄治元助役でした。岩根社長は森山元助役について、「地元の有力者で、さまざまにお世話になっている。金品の返還を申し出たが、厳しい態度で拒まれた。関係悪化をおそれ、返せなかった」と述べるとともにこれらの金品は一時的に受け取ったものだったと釈明しました。

こうした金品の受領は金沢国税局の税務調査で指摘され、すでに一部もしくは全部を返還し所得税の修正申告をしたということです。

岩根社長は「関係者や社会の皆様に多大な心配をおかけし、深くおわび申し上げます」と陳謝しました。

森山元助役はすでに亡くなっていますが、関係者によりますと原発関連の工事を請け負う地元の建設会社から受注に絡む手数料を受け取り、この一部を関電の経営幹部に渡していたことが税務調査で判明したということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.9.27.】

関電会長らに高浜町元助役から資金
1億8千万円 役員ら6人に、原発立地

~省略~

元助役は1977~87年、助役を務めた。当時から関電と深い付き合いがあり、退職後も町の顔役として影響力を持っていたとされる。

複数の関係者によると、金沢国税局は昨年1月、高浜原発や大飯原発の関連工事を請け負う高浜町の建設会社への税務調査に着手。この会社から工事受注に絡む手数料として元助役へ約3億円の資金が流れていることが確認された。

さらに元助役の税務調査を進めると、元助役が関電役員ら6人の個人口座に送金したり、現金を入れた菓子袋を関電側に届けたりしていたことが判明。総額は7年間で約1億8千万円に上り、スーツの仕立券などもあった。元助役は「関電にはお世話になっているから」と説明したという。

工事経歴書によると、高浜町の建設会社は15~18年、原発関連工事を少なくとも25億円受注していた。

元助役は、受け取った約3億円を所得として申告していなかったため、金沢国税局は申告漏れを指摘し、追徴課税した。

~省略~

【福井新聞 2019.9.27.】

日本の市民の安全よりも自らの目先の”黒い金”を最優先!日本の原発行政の生々しい腐った暗部が明らかに!

これまでも色々噂されてきた、日本の原発行政の腐りきった内情が明らかになったわっ!
高浜原発と言えば、福島原発事故以降多くの原発が停止している中で、優先的に再稼働された原発のうちの一つだけど、地元の高浜町と建設業者と関電と、それだけ”黒いお金”でガッチリと繋がっていたってわけね!

●過去参考記事:【不思議な国】福井・高浜原発3号機が4号機に続いて再稼動!北朝鮮による”ミサイル危機”がしきりに宣伝されている中で…

「元助役が関電役員ら6人の個人口座に送金したり、現金を入れた菓子袋を関電側に届けたりしていた」なんて、なかなか生々しい話も出てきているし、まさしく、関電と地元行政と建設業者が強力なタッグを組みながら、日本の住民の安全を後回しにしつつ、深刻な原発事故発生のリスクと引き換えに、自らの目先の「不法な金儲け」に腐心してきた実情が浮かび上がっている。

ネット上でも疑いの声が多く上がっているけど、その他の全国各地の原発においても、似たような「黒いカネ」が飛び交っている可能性が大きいし、まともな法治国家であれば、公平性を著しく欠いたワイロやマネロン同然の金のやり取りに対し、検察などが本格的にメスを入れ、「黒いカネ」を受け渡しした当事者を逮捕ないしに起訴することになるだろう。
しかし、残念ながら、今の日本は、特権階級の権力者の不正事件はことごとく見逃され、検察や警察が見て見ぬふりをするのが横行してしまっているのが現状だ。

本来であれば、返金して修正申告すれば「終わり」ということは考えられないし、こんなことがまかり通ってしまうならば、日本は永遠に”原発地獄”から抜け出せないどころか、いつか、再び福島原発事故のような甚大な事故が発生し、日本は完全に終わってしまうことになるだろう。

ほんとに、日本のエリート層におけるモラル崩壊と不正の横行が止まらなくなってきているわっ!
これというのも、私たち庶民があまりにも色々な時事・政治問題に無関心で、されるがままに大人しくしてしまってきたことが色々な部分で悪影響を及ぼしてしまっているように見えるし、少なくとも、7割以上の国民が真剣に選挙に足を運んで、日本の未来や原発問題などを今よりも重たく考えない限り、上の人間たちによる不正の横行がますます酷くなるばかりなんじゃないかしら!?

Pocket

 

 関連記事