【酷すぎる】犬猫400匹を繁殖目的で過密飼育!福井県坂井市の「パピーミル(子犬工場)」に県が立ち入り調査!衝撃の光景にネットでも怒りの声!

Pocket

どんなにゅーす?

犬や猫を繁殖・販売する目的で、過密状態で400匹を飼育していた福井県坂井市の「パピーミル(子犬工場)」県が立ち入り調査に入り、実態解明を進めている。

・報道によると、飼育員は2人のみで、近所には排泄物などによる悪臭が漏れていたという。動物愛護団体の公益社団法人日本動物福祉協会は、この業者を刑事告発する方針とのこと。

「子犬工場」400匹を過密飼育
坂井市内、業者を刑事告発へ

犬や猫約400匹を過密状態で飼育、繁殖するなど動物虐待が疑われる施設が福井県坂井市内にあることが2月28日、公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京都)などへの取材で分かった。同協会は3月1日にも、動物愛護管理法違反(虐待)などの疑いで、運営する動物販売業者を福井県警に刑事告発する方針。商品を大量生産するように子犬を産ませる「パピーミル(子犬工場)」と称される施設は全国的に問題視されており、この業者の繁殖場も同様の方式とみられる。

【福井新聞 2018.3.1.】

出典:TBS News

「衝撃の映像」に言葉を失う人々が続出も、こうした実態は「氷山の一角」との話も…

こ、これは、あまりに酷すぎるにゃ…!!
この映像を観ても、視察にやってきた愛護団体の人たちに向かって、ワンちゃんが必死に助けを求めているようにみえるし、単なるお金儲けのためにこんなにワンニャンの命を粗末に扱うなんて…あまりに身勝手で何の心もない人たちだにゃ!!

人々からモラルや倫理感が極限まで欠落した「成れの果て」と言えばいいのだろうか…。
動物だけでなく人間自身までも、あらゆる生き物の命が軽視され、その上で一部の人間がひたすら”拝金主義”に走ったことで、このように無残な生涯を送らされてしまう犬や猫が大量に存在しているという、実におぞましい現実だ。

欧米などでは、国民の強い意識もあいまって、動物愛護や保護に関する法整備が進んでいるものの、日本はまだまだこれらの社会制度の整備が遅れているというのが現状だろう。
また、テレビ番組での安直な「ペットブーム」の煽りによって、あまり深く考えずにペットショップで犬猫を購入してしまう人も多く、こうした犬猫が後に捨てられたり、保健所に送られてしまうケースも多くあるようで、このような話を聞いても、いささか身勝手かつ、命の重さや他者に対する心遣い、犬猫を飼うことの大変さなどの”想像力が欠如”した人々が多いことがうかがえる。

さらに、このような「パピーミル」が全国各地に存在していると言われており、「より多くの赤ちゃんを産む」目的のためだけに生かされ、劣悪な環境下で時に病気にも苦しまされながら繁殖活動を強制されている実態があるという。

今回のニュースを見聞きして、ついつい、以前に観た「人間と動物の立場を逆にしてみた動画」を思い出してしまったけど、いずれにしても、今の人間は「自然界の頂点に君臨する存在」として、いささか傲慢にその他の生物の命を扱い、自然環境を意のままに破壊しすぎているように感じる。

ペット業界というのも、表に出ていない中で様々な闇が存在していることも耳に挟むし、これ以上不幸な犬猫を生み出さないように、国民や社会、政治も一体化した上で、犬や猫などのペットの環境の整備や、命の重さを尊重した制度作りに取り組んでいく必要があるんじゃないかな?

にゃこも、これ以上かわいそうなワンニャンを生み出すのは絶対に嫌だにゃ!
もっと多くの人たちにこうした実態を知ってもらって、ワンニャンの心や命をもっと大切にした社会に変えていかないとダメだと思うにゃ!

そういう意味でも、国民の倫理感やモラルをもっと育てた上で世論の喚起を促し、犬猫の生命の重さを尊重した、厳しくしっかりとした法整備を行なうことが必要だね。

↓おまけ:人間と動物の立場を逆にした動画(やや閲覧注意)

おススメ記事&広告

 
Pocket