東京入管が「難民解放」の落書きを「ひどくはないですか」と非難!→「酷いのはどっちだ」と批判が殺到、大炎上に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月20日、東京入国管理局が、道路や歩道橋にスプレーされた「難民を解放せよ」「難民ようこそ」との落書きを写真付きで紹介し、「~落書きは止めましょう~」「表現の自由は重要ですが、公共物です。少しひどくはないですか。」とツイート

・これに対して「酷いのはどっちだ」など、深刻な人権侵害や虐待を繰り返していることを国内外から指摘され続けてきた入管に対して批判が殺到する事態になっている。

・入管によるツイートは、11月22日現在も固定ツイートとしてトップで宣伝され続けており、現在進行形で怒りの声が集まっている。

東京入管「難民解放の落書きやめて」ツイートに批判殺到「ひどいのは、お前らだ」

~省略~

東京入管の担当者は、弁護士ドットコムニュースの取材に「入管行政の批判そのものは受け入れるが、落書きは公共物に書かれたものだ。応戦したわけでなく、たとえ、『入管ガンバレ』と擁護する内容だったとしても、同じ対応だった。関係ない人たちの迷惑にもなるので、やめてほしい」と話した。ツイートの固定は「目立たせるため」という。

●「法務省の姿勢が問われている」

このような落書きは、刑法の「器物損壊」に問われる可能性もあるが、亀石倫子弁護士はツイッター上で「〜人権侵害は止めましょう〜入管の人権侵害は『少しひどい』どころではなくないですか。。。 」と風刺。ライターの望月優大さんは「入管の公式でやることじゃない。タガが外れすぎ。品も知性も何もない」と批判を加えている。

外国人問題にくわしい高井信也弁護士は、弁護士ドットコムニュースに「表現方法が良いかどうかということはあるが、こういうことを書かせたくなる入管の運用があるということ。まずはそこに向き合うべきだろう。技能実習生問題も含めて、批判を認識しながら改めない法務省の姿勢が問われているのではないか」とコメントした。

指宿昭一弁護士は「まず、入菅の長期収容や治療拒否のひどさは『少し』どころではない。そして、なぜ入管がこの落書きを批判するのか。道路を管理するのは、入管ではない。公共物に書かれたものに対して、こういうツイートをするのは立場的におかしい。本当は、入管に対する批判に腹を立てているとしか思えない。腹を立てるのではなく、難民問題や長期収容の問題に向き合うべきだ」と述べた。

【弁護士ドットコムニュース 2018.11.21.】

入管が「難民を解放せよ」落書きに「ひどくないですか」と非難ツイート! ひどいのは入管の人権無視のほうだ

~省略~

入管をめぐっては収容期間の長期化など深刻な人権侵害が指摘されつづけており、収容されている人のなかには難民申請者も数多い。「FREE REFUGEES」という落書きには、人権も無視して難民申請者を強制収容、拘束しつづける入管に対する抗議のメッセージが込められていると推測されるが、それを当の入管は〈少しひどくはないですか〉などと被害者ヅラで非難したのだ。

言っておくが、東京入管の公式Twitterがこれまで路上の落書きを取り上げて「ひどい」と取り上げたことは一度もない。その落書きが「難民を解放せよ」というメッセージだったからこそ「ひどくないですか」と取り上げたことは明白だ。

しかも、東京入管はこの投稿を「固定ツイート」にしてトップに表示されるようにしており、批判が殺到してもなお、21日17時現在、いまだに謝罪はおろか削除もせずに固定ツイートにしたままだ。

まったく、「ひどい」のはどっちだ。今年4月、茨城県牛久市にある東日本入国管理センターでは、難民認定申請中に在留資格を失ったことで収容されたインド人男性のディパク・クマルさんが、9カ月にもわたる長期収容の末、自殺。その後、入管施設では自殺や自殺未遂が相次ぎ、東京入管の収容施設でもわかっているだけで3件の自殺未遂が発生している。

こうして収容された人々を自殺に追い込んでいるのは、入管による人道的にありえない収容期間の長期化と、次々に報告されている収容者への虐待、暴力行為だ。

たとえば、東日本入国管理センターでは昨年、体調不良を訴えていたベトナム人男性グエン・ザ・フンさんに診療を受けさせることなく放置し死亡させていたことが発覚。グエンさんが体調の悪化を訴えるものの職員は適切な対応をおこなわず、「痛い、痛い」と叫ぶグエンさんに職員は「静かにしろ」「うるさい」などと言い放ち、その後、くも膜下出血で死亡したという(「週刊金曜日」6月16日号Web記事)。

また、東日本入管は収容者が使用するシャワー施設の脱衣所などに監視ビデオカメラを設置。これはあきらかに人権・プライバシーを侵害する行為だが、その上、今年1〜6月のあいだに収容者に支給する食事への異物混入が80件も発生したことが明らかとなった。

さらに、2011年8月には、東日本入管で中国籍の男性に対して職員が「外国人をいじめるのが楽しい」と暴言を浴びせ、それが発覚すると入管センターが謝罪するという事件も起こっている。

このような、入管における収容者への人権を蔑ろにした行為は常態化しており、実際、国連の拷問禁止委員会や人権理事会からは何度も改善の勧告を受けている。だが、一向に改善されることはなかった。

~省略~

【リテラ 2018.11.21.】

↓問題の入管のツイート。

出典:Twitter(@IMMI_TOKYO)

入管による「落書き非難”宣伝”ツイート」が現在進行形で大炎上!海外メディアも報じる事態に!

東京入管による、「難民を解放せよ」の落書きを非難する”宣伝ツイート”が現在進行形で大炎上している状況だわ。
日本国内でも共同通信がこれを報じた上に、早速海外メディアも報じ始めてきているようね。

この騒動の「根底」にあるのは、日頃から様々な虐待行為や人権侵害を行なってきたことに対して世界的に非難を受けている日本の入管が、「落書き」という軽犯罪を”利用”して、自らの批判の矛先を逸らそうとしたことが挙げられるだろう。

入管がこうしたツイートを「わざわざ」行なったのは、「入管を非難しているのはこうした『反社会的な人々』である」というのをアピールしようとした本心が見え隠れしており、その上で「我々こそが正義で、公共の利益のために活動している」といった宣伝を行なおうとしたことがうかがえる。
こうしたやり口は、おおよそフェアでない上に、ある意味激しく歪んでいるようにも思えるし、入管によるこうした「策略的な手法」に強い嫌悪感を感じて多くの人々が怒りの声を上げているということだろう。

入管については、(上のリテラで述べられているように)自殺や死亡者を続発させるほどの様々な人権侵害を伴った事件がしばしば報じられてきた上に、不法入国者を「悪者」に仕立てつつ入管を「正義の味方」に見立てたテレビ番組を放送するなどして、これまでもいささか歪んだPR活動を行なってきた経緯がある。

今回の固定ツイートも、こうした宣伝活動の一貫としてキャンペーンしたんだろうけど、あまりにも嫌らしい「本心」がにじみ出てしまっているために、かつてなかったまでの非難が殺到しているということだね。

本当に、近年日本社会に醸成されつつある「歪んだ精神性」がよく表われた一件だわ。
一部では、(例によって)入管を批判する声を「反日」と見立てた上で全力で応援する声もあるみたいだけど、こうした声も一緒に海外で伝えられることで、ますます日本の悪いイメージが世界で広まっていきそうね。

そうだね。
落書きも不法入国も確かに法に反した行為だけど、不法入国者に対して尊い人命を奪うほどの虐待的な扱いを繰り返している入管と比べて、一体どちらの方が罪深いのだろうか
いずれにしても、拘束された力の弱い不法入国者を激しくいじめたり次々死なせてしまっている入管の体質をよく表した一件と言えそうだ。

Pocket

 

 関連記事