【報ステ】亀石倫子弁護士が日本マスコミの萎縮と政権の圧力に言及→富川アナ「圧力があっても真実に近づく為ならちゃんと伝えます。それは知っておいて下さい」とムキになって否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年9月14日の報道ステーションで、ゲストコメンテーターの亀石倫子弁護士と富川悠太アナとの間で、放送事故に近いようなやり取りがあった。

・番組では、ボブ・ウッドワード氏によるトランプ政権の暴露本の中に、オバマ前米大統領が北朝鮮への軍事攻撃を計画していたことが記されていることを紹介。その際に、亀石弁護士は「日本で同様の暴露本を出す場合、政権から何らかの圧力がかかる可能性があるのでは」と、近年の日本マスコミの自由度の低下と、政権からの圧力に萎縮している実態に触れた。

・これに対し、富川アナは「圧力があっても真実に近づく為ならちゃんと伝えます。それは知っておいて下さいっ!」と慌てて否定。ここ2ヶ月ほど前より、官邸や早河会長主導によるプロデューサーを交代を機に、報ステにおける政権批判の退化や内容の劣化が話題になっている中で、富川アナによる”必死の否定”が話題になっている。

亀石弁護士による「日本のマスコミの劣化と権力に対する萎縮」の指摘に、富川アナがついムキになって否定!

出典:Twitter(@wanpakutenshi)

報ステの中で、亀石倫子弁護士が「日本のマスコミの劣化と政権に対する萎縮」の実態を指摘したところ、富川アナが「圧力があっても真実に近づく為ならちゃんと伝えます。それは知っておいて下さい!」とムキになって否定する一幕があったわ。
なんていうか、富川さんって、なんだかとっても”素直”な人なのね。

安倍官邸と早河会長が主導したといわれている、7月のプロデューサーの交代をきっかけに、「報ステがどんどんダメになってきている」とネット上で大きな話題になっているのを、富川アナもどうやら知っているみたいだね。
普通に「確かに、私たちも深く肝に銘じて、権力からの圧力に屈せずに報道していくことに努めていこうと思います」と落ち着いてコメントすればいいのでは…と思うんだけど、こんなに慌てて否定している様子を見ると、よほど痛いところを突かれた感覚があったのかな?

まあ、それはおいておいても、この回の報ステは久々にまあまあの内容だったね。
亀石弁護士のコメントも、(富川アナのこうした反応を引き出した意味でも)的確で鋭いものだったし(逆に、安倍官邸からのチェックが入ってもう呼ばれなくなってしまうかな?)、オバマが在職時に北朝鮮への軍事攻撃を検討していた実態を伝えたのも、実際のところはグローバル戦争資本と親和性の高いオバマに対する「虚飾されたイメージ」を是正させる上でも意味があっただろう。

アメリカも色んな意味でかなり腐敗が激しいけど、少なからず、日本と比べると”表向き”報道や表現の自由が保障されているものね。

なんにしても、「圧力があっても真実に近づく為ならちゃんと伝えます!」とここまで言い切ったんだから、報ステさんには(詩織さん事件ケチって火炎瓶事件など)タブーにどんどん切り込んでいってもらって、富川さんには久米さんや古館さんに肩を並べるほどの歯に衣着せぬ鋭い権力批判を期待しているわよ。ウフフ。

おススメ記事&広告

 
Pocket