■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【は?】自民党、希望する議員と家族にPCR検査を実施!費用は党が全額負担!→ネット「今まで論争してきたのは何だったのか」「それ俺らの税金なんだけど」

【は?】自民党、希望する議員と家族にPCR検査を実施!費用は党が全額負担!→ネット「今まで論争してきたのは何だったのか」「それ俺らの税金なんだけど」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月24日、自民党が所属議員と同居の家族に対し、新型コロナのPCR検査の受付を開始、費用は全額党が負担する(国民の血税)という。

・安倍政権や菅政権が、これまで(様々な理由を付けて)国民間においての幅広いPCR検査に否定的な政策を一貫して行なってきた中で、国民からは怒りの声が殺到「今まで論争してきたのは何だったのか」「最悪の上級国民対応」などといった批判の声が集まっている。

自民党、希望する議員と家族にPCR検査 党本部が全額負担

自民党は24日、党所属の国会議員と同居の家族を対象に、新型コロナウイルスのPCR検査の受け付けを始めた。費用は全額、党本部が負担する。
党本部は希望する議員らに対し、唾液を使った検査キットを来月2日まで配布する。1月下旬以降、党職員約200人を対象に検査を実施。複数の国会議員から「検査会社を紹介してほしい」と要望が寄せられたため、実施を決めた。

~省略~

【東京新聞 2021.2.24.】

国民には(様々な理由をつけて)PCR検査を抑制し、自分たちはちゃっかり血税で気軽に検査!自民党の悪辣な”上級国民体質”が全開に!

出典:Wikipedia

まったく、日本をここまでダメにしてしまった”ガン”(自民党)だけのことはあるわっ!!
国民には散々様々な理由を付けてPCRの拡大をとことん否定してきたくせして、自分たちは血税を使ってちゃっかりといつでも気軽にPCR検査って…国民をバカにするのもいい加減にしなさいよっ!!

安倍政権も菅政権も、今まで全国民に対してのPCR検査に一貫して否定的な考えを示してきたけど、今回の一件によって、これまでの徹底したPCR検査抑制策は「一般国民を見殺しにする前提」で行なわれてきた政策だったことがよりはっきりしたし、これこそまさに「絵に描いたような上級国民対応」という他ない。
結局のところ、おおよそ「誰もが『自分が新型コロナに感染しているのか』を知りたい」のは当たり前である中で、自民党議員とその家族に対してだけ「そうしたニーズ」に応える体制を作ろうとしているってことだ。

まさしく、これ以上ないほどの身勝手さと自己中ぶりだわっ!!
自分たちに徹底的に甘い一方で、国民に対しては血税を容赦なく吸い上げまくっておきながら、どんだけ恩をあだで返せば気が済むのよっ!!

とにかくも、ボクが以前からずっと一貫して述べてきたように、「誰もが簡単にPCR検査を受けられる体制の構築」は、新型コロナの感染実態を把握するために必要不可欠なだけでなく、感染拡大を抑えたり多くの人々の不安を払しょくするためにも非常に重要なものであるということであり、自民党政権が一貫してこれを否定し続けてきたということは、「わざと日本国内をコロナまみれにして日本国民の不安や恐怖を増長させている」ってことだ。
こうすることで、グローバル製薬企業がワクチン利権でより大儲けできるし、もっといえば、日本国民の心身に大きなストレスを与えたり、不健康にさせることで大きな利益を得ようとしている(強大な力を持っている)連中がいるってことだ。

出来るだけ多くの日本国民が、そうした今の人間社会(グローバル独裁社会)における「民衆がひたすら貧乏・不健康になり続ける」カラクリに気がついていく必要があるし、こうしたグローバリズムの流れに反対する政府を打ち立てていかない限り、この「真性奴隷社会への道のり」を食い止めていくことは難しいだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事