時事通信世論調査、安倍政権支持率が1.5Pアップの37%に!(不支持は2.5P減の40.9%)「赤坂自民亭」に批判殺到でも支持率アップに首を傾げる声続々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月6~9日に行なった時事通信の世論調査によると、安倍政権の支持率が1.5ポイントアップの37%になったという(不支持率は2.5ポイント減の40.9%)。

一部の芸能人からも苦言が出るほどに、平成30年7月豪雨の最中に安倍総理が参加した飲み会や、初動対応のまずさが批判を浴びている中での支持率アップに、首を傾げる声が続出。改めて、大手メディアの世論調査の信憑性に疑問符が付く形になっている。

内閣支持微増37%=5割が「不信任に値」-時事世論調査

時事通信が6~9日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比1.5ポイント増の37.0%、不支持率は2.5ポイント減の40.9%となった。支持率上昇は5カ月ぶり。史上初の米朝首脳会談の実現など北朝鮮情勢が変化している中、外交を重視し、政権の不安定化を嫌う気分が広がった面もあるとみられる。

ただ、不支持が支持を上回る状況は5カ月続いている。主要野党が内閣不信任決議案の提出を検討していることを踏まえ、森友・加計学園などの問題への安倍内閣の対応が不信任に値するかどうかを尋ねたところ、「値する」49.5%、「値しない」28.1%となり、政権不信が根強いことが浮き彫りになった。
内閣を支持する理由(複数回答)は、多い順に「他に適当な人がいない」16.8%、「リーダーシップがある」8.9%、「首相を信頼する」7.8%。支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」25.9%、「期待が持てない」17.9%、「政策が駄目」10.9%などとなった。

政党支持率は、自民党が前月比0.4ポイント減の25.4%、立憲民主党も0.5ポイント減の4.7%。以下、公明党3.7%、共産党2.1%、日本維新の会1.1%、社民党1.0%、国民民主党0.6%など。支持政党なしは58.2%だった。
調査は西日本豪雨で被害を受けた広島県の一部を除く全国18歳以上の男女1991人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は61.8%だった。

【時事通信 2018.7.13.】

どんなに国民無視の政治を繰り返しても安倍政権の支持が上がる事態に、「様々な理由付け」で納得しようとする日本国民

出典:Twitter(@nishy03)

NHKに続いて、時事通信まで安倍政権の支持率が上がっているみたいね!
ネットの声を見ても感じるけど、さすがに多くの国民がこの事態を疑い始めてきたみたいだわっ!!

ボクが見たところ、「さすがにこれはデタラメに決まっている」という声と、その一方で、どうにか様々な「理由付け」を探しながら、この数字を受け入れようと試みる声と、主に「2分化」しているように感じる。

ちなみに、ボクが聞いていた文化放送のラジオでは、「う~ん…」と考え込みながら、「これは、安倍政権を批判していた野党を批判するような報道があったからでしょうかね??」などと懸命に理由を探しつつ、答えが出ないまま終わっていた感じだった。

その他の設問を見ても、どうみても安倍政権に怒っている国民が結構多いようにしか感じないんだけど、その声が政権支持率のみに反映されていないように見えるね。

この前の日経新聞NHKの世論調査もそうだったけど、やっぱり、最近のマスコミの世論調査、ますますおかしくなってきてるんじゃないかしら!?
だって、私の両親も首を傾げているし、ネットでももはやこれを信じようとしている人は、必死にあれこれ理由付けを探している状況だわっ。

実を言うと、この数字が、本当かはたまた操作しているものかどうかというのは、そこまで重要ではないんだ。

重要なのは、「経済界、つまりグローバル資本勢力が(カジノや残業代ゼロ、水道民営化やTPPなどを進める)安倍政権を強く支持し出した頃から、安倍3選の声が広がり、これと同期するようにマスコミの政権支持率がどんどん増加する傾向が強まってきた」というファクターだ。

つまり、支持率が本当だろうと捏造だろうと、グローバル資本が安倍政権を強く支援し始めると、マスコミが安倍批判を徐々に抑制しだし、これと同期して政権支持率も上がる…この”サイクル”を理解するのが重要であり、「この日本社会はマスコミから国民の脳内に至るまで、グローバル資本にコントロールされてしまっている」という事実に注目して欲しいと思う。

つ、つまり、この政権支持率が「本当である」ことを信じて、一生懸命に様々な理由付けをしていることこそ、グローバリストに脳内をコントロールされているってことなのねっ!

そして、世論調査の質問の仕方によって知らずの内に政権支持(または不支持)に誘導させられることや、マスコミが安倍政権批判を引っ込め、森友加計疑獄を報じることを一斉にストップすることで、国民が安倍政権に対する批判精神を忘れてしまうことも、同じく、国民がグローバリストに脳内をコントロールされている状態だといえるだろう。

こうして様々なアプローチを通じて、国民の思考をコントロールすることで、グローバリストにとって都合がいい為政者を日本の中枢に据えているというのが、この国に強固にインストールされている「国富流出のシステム」だ。
このシステムが機能すればするほど、「売国政権ほど大きく栄え、長く政権を維持する」ということに繋がるし、小泉・安倍政権はまさしくその典型だね。
(逆に、福田政権や鳩山政権など、グローバリストに抵抗した政権はいずれも短命で終わっている)

ボク自身は、最近の世の中の流れを俯瞰して見てきた以上、今回の世論調査の結果もある程度予想通りな感じだし、今後もグローバリストのシナリオが大きく変わらない限り、安倍政権の支持率は大きく下がることはなさそうだ。

今の日本国民は、まさしくグローバル資本の思い通りに洗脳されきってしまっている状態だし、この洗脳から脱出して、あらゆる世論誘導に引っかからない能力を持たない限り、日本国民が真に豊かになることはないってことなのね…。

そういう意味でも、世論調査の”真偽”に異様に囚われて、出口のない”堂々巡り”を通じて非建設的な意見の衝突を引き起こしてしまうこと自体、グローバリストの思い通りの”落とし穴”に嵌まってしまっているとも言えるだろう。

時にはミクロな世界からおさらばして、俯瞰的かつ大雑把な目線で見ることで見えてくることもたくさんあるし、思い切って物の見方を大きく逆転させる発想も必要ということだ。
いずれにしても、すでに世論調査の信憑性は完全に崩れ去っているように見えるし、「そもそもそういうものである」と割り切った上で、もっと事態の本質と日本国家の危機そのものに視点をやることも大事だね。

おススメ記事&広告

 
Pocket