財務省・福田次官がついに辞任!しかしセクハラの事実は認めず、裁判で争う姿勢!ネット「見苦しい辞め方」「麻生もさっさと辞めろ!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月18日、女性記者へのセクハラ発言で多くの批判を受けている財務省の福田事務次官が辞任する意向を表明した。

・一方で、セクハラの事実関係については否定を続けており、今後も新潮社と裁判で争う姿勢を見せている。

福田事務次官が辞任へ“セクハラ発言”否定

麻生財務相「福田次官から疑惑について、引き続き身の潔白を明らかにしていきたいが、この報道をきっかけにした現在の状況をかんがみると、職責を果たすことが困難である、として辞職の申し出があり、私としては認めることにしている」

また、辞任した福田次官は先ほど取材に応じ「記事については事実と異なる」と述べた。また録音されたものが自分の声かはわからないとした。さらに、あんなひどい会話をした記憶はないと事実関係について何度も否定した。ただ辞任の理由については現状では今の職責を全うできないとしている。

【日テレNEWS24 2018.4.18.】

福田次官が辞任、セクハラ否定し裁判で争う考え

福田氏は同日、財務省内で記者団の取材に応じ、セクハラの事実を否定し、裁判で争う考えを示した。ただ、疑惑を抱えた現状では、「(次官の)職責を果たすことが困難と考え、辞職を申し出た」と説明した。与野党からの厳しい批判を受けて決断したとみられる。

財務次官は当面、矢野康治官房長が代行する。辞任には閣議での承認が必要なため、正式に福田氏が辞めるのは来週になる可能性がある。福田氏のセクハラ疑惑に関して財務省が弁護士事務所に委託して行っている調査を継続するかどうかは、今後決める。

福田氏は記者会見で、セクハラ報道は、「事実と異なるもので、裁判の中で引き続き争いたい」と述べた。

【読売新聞 2018.4.18.】

辞任を表明するも、事実関係はいまだ認めず!「あんな酷い会話をした記憶がない」

耳を疑うようなセクハラ発言で国内外から批判が殺到中福田次官がついに辞任を表明したけど、いまだに事実関係を認めない上に、今後も裁判で争う意向を見せている始末だわ!
言ってることとやってることが全然一致してないし、ネット上では被害女性の配慮もゼロに放言を繰り返した麻生大臣への辞任を求める声がますます強まっている状況だわ!

新潟県の米山知事は潔すぎるくらいに事実関係を認めて辞意を表明したけど、こっちはまさに、対照的なまでに見苦しい「最悪の辞任の仕方」だね。
「こんな酷い会話をした記憶がない」と言いながらも、「音声が自身の声なのかどうか?」との問いに対してははっきりしたコメントをしようとしないし、まさしく、「半ば開き直りながら、詭弁を弄して地位にしがみつき続ける」という安倍総理や麻生大臣の「悪い見本」をマネする人間が続出してきた感じだ。

ただしその一方で、米山知事の辞任会見に被せて目立たないようにした狙いがあったのかもしれないけど、そのお陰で(皮肉にも)米山&福田の辞任報道が多くの比重を占めることで、安倍総理の支持回復を狙った日米首脳会談のニュースが完全にこれらに埋もれる形となった。

そう考えると、ある意味、福田次官はいいタイミングで辞任したのかもしれないね。

”お仲間同士”の麻生大臣をかばいつつ、時間稼ぎをするために福田次官は事実関係をなかなか認めようとしないのかもしれないけど、そうは問屋が卸さないってものだわ!!
この先、さらなるセクハラ音声や被害女性の告発が相次ぐ可能性だってあるし、福田次官ともども国民を徹底的にバカにしまくる暴言放漫対応を繰り返している麻生大臣も一日も早くにクビにする必要がありそうね!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事