安倍総理が「働き方改革法案」提出先送りを示唆!裁量労働制の分離も検討か?自民党内でもデータ捏造に強い危機感!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月28日、裁量労働制に関するデータ捏造に対して多くの批判が噴出している中、安倍政権が「働き方改革法案」の提出先送りを示唆した。

経団連が裁量労働制の推進を強く求めているものの、自民党内でもデータ捏造に強い危機感の声が上がっており、安倍総理は対応に苦慮し、野党の攻勢に怯む形になっている。

安倍総理 「働き方改革法案」の閣議決定先送り示唆

(政治部・村上祐子記者報告)
午前の予算委員会で安倍総理は突然、方針転換をしました。
立憲民主党・逢坂衆院議員:「裁量型労働の対象範囲の拡大、対象業務の拡大、これは関連法案から削除すべきではないか」
安倍総理大臣:「厚生労働省のデータに疑義があるとの指摘を受け、精査をせざるを得ない事態となったことは重く受け止めています。ここをきっちり実態把握しない限り、政府全体として前に進めないという気持ちだ」
ただ、安倍総理は、実態の把握に関しては「厚労大臣を中心に検討していきたい」と述べ、再調査するかどうかは明らかにしませんでした。また、政府高官は法案の提出時期について、来月下旬になるとの見通しを示しています。これに対して、立憲民主党の辻元国対委員長は「手を緩めない」と怒りをあらわにしていて、野党側はあくまでも予算案の採決に反対する方針です。この後、予算委員長の解任決議案を提出して徹底抗戦します。28日の国会は野党の抵抗次第では深夜まで及ぶ可能性があり、「働き方改革に逆行している」との声もささやかれています。

【テレ朝news 2018.2.28.】

“不適切データ”問題で自民がヒアリング、「猛省すべき」と批判相次ぐ

自民党は27日、厚労省の担当者から裁量労働制に関する不適切なデータ処理の問題についてヒアリングを行いました。出席した議員からは「憤りの気持ちでいっぱいだ。責任の所在はどうなっているんだ」といった声や、「今回はさすがにまずい。厚労省は猛省するべきだ」などの批判が相次ぎました。

「慎重に調べた上で物を言わないと、国民のみなさんに不信感を持たれるので、真実をお伝え下さいと。ファクトを伝えてもらわないと余計に不信感が増える」(自民党 田村憲久 元厚労相)

また、党内の一部では「働き方改革関連法案から裁量労働制を切り離すべきだ」といった意見も浮上。安倍政権が目玉政策に掲げる働き方改革関連法案をめぐり、自民党内からも厳しい声が出始めています。

【Yahoo!ニュース(TBS) 2018.2.27.】

 

さすがの安倍総理も徐々に危機感を感じている模様…いったんは世論に配慮する姿勢を見せつつ、騙し騙し強行採決に持っていく算段か?

あくまで、捏造データを撤回することなく、強気のまま法案を強引に通す姿勢を見せていた安倍総理でしたが、今日になって急に態度を変え始め、法案提出を若干先送りし、裁量労働制を法案から切り離す可能性も示唆し始めました。
どうやら、さすがの安倍総理も党内の強い危機感の声などを受けて、少し焦り始めた可能性がありそうです。

ああ、麻生一派や石破氏をはじめとした、党内の反安倍系や面従腹背勢力の反乱の動きにも警戒し始めた可能性もありそうだね。
安倍総理としては、(グローバリストの直属組織である)経団連からも強い圧力を受けている以上、ここまでは何が何でもこの法案をごり押しするつもりだったものの、(あまりにずさんな捏造工作がバレたせいで)この計算が狂い、内心では結構焦っていることが予測される。

これというのも、野党議員の頑張りが多少なりとも効いたということだろうし、(現状、勢力や数は圧倒的に自民に劣っているものの)権力の間違いや暴走を食い止めるための「野党の重要さ」というのがよく分かるね。

これらの安倍総理の動きはあくまで一時的な”軟化”であり、いずれはこの法案を強行的に通すことを実行に移すかと思うけど…とにかく、何としてもこれを阻止していくべく、ボクたち国民も野党を応援しつつ団結していこう

ツイッターでも批判の声が出ていますが、大手メディアはやはり安倍政権に配慮する動きが目立っており、「捏造」ではなく「不適切データ」とのソフトな表現を常に用いていますし、上のテレ朝の報道でも、ウソや捏造を多用する安倍政権への批判よりも先に、「野党の皮肉」を織り交ぜているのも悪質ですね。

こうした状況(マスコミも間接的に経団連側を支持)である以上、ブラック労働や過労死撲滅を強く願う国民のダイレクトな怒りの声や、反対の世論を大きく盛り上げていくことがより重要になってくるのではないでしょうか?

おススメ記事&広告

 
Pocket