■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「ワクチン先行接種」を行なった札幌市の病院でクラスター発生!病院側は「医師や看護師が接種していたかどうか」を明らかにせず!→ネット「そこが重要なのになぜ明らかにしない?」

「ワクチン先行接種」を行なった札幌市の病院でクラスター発生!病院側は「医師や看護師が接種していたかどうか」を明らかにせず!→ネット「そこが重要なのになぜ明らかにしない?」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月16日、北海道・札幌市は、厚別区の札幌北辰病院でこれまでに患者32人と看護師2人、医師1人の計35人が新型コロナに感染したことが分かったと発表した。

・同病院は、新型コロナワクチンの先行接種を行なっていたものの、病院側は感染した医師や看護師がワクチンを接種していたかどうかを明らかにしておらず、ネット上で様々な声が上がっている。

ワクチンの先行接種をした病院で…クラスター発生 35人が感染 医師・看護師も 北海道札幌市

~省略~

札幌市は、厚別区の札幌北辰病院で、これまでに患者32人と看護師2人、医師1人の合わせて35人が感染し、新たなクラスターが発生したと発表しました。
札幌北辰病院では、2月から一部の医師や看護師らがワクチンの先行接種を受けていましたが、今回、感染した医師と看護師がワクチン接種を受けていたかどうかについて、病院側は明らかにしていません。

~省略~

【Yahoo!ニュース(HBCニュース) 2021.4.16.】

海外でも新型コロナワクチンに対する疑念や危険性が指摘される中、日本でもワクチン先行接種の病院でクラスター発生!

当サイトでは、これまで新型コロナワクチンに対して一貫して強い疑念を持ってまいりましたが、さらにそれを補強するような情報が出てきています。
病院側はクラスター感染した医師や看護師がワクチンを接種していたかどうかを明らかにしていませんが、少なくとも、米国でもワクチンを接種した市民から陽性反応が出るケースが相次いでいるみたいですし、少なくとも私たちは「ワクチンを接種しても新型コロナ感染症に罹る時は罹る」との認識を持つ必要があります。

ハーバード大やMITの研究者からも(ファイザーやモデルナの)mRNAワクチンのリスクを唱える声が出てきたようだけど、これらをまとめると、mRNAワクチンというのは、(ものすごく大雑把に言うと)苫米地氏が言っているように「”人工細胞人間”に進化する可能性」を秘めたワクチンであるといえそうだね。
本来であれば、クラスター感染が発生した病院は、感染した医師や看護師がワクチンを接種していたかどうかをいち早く発表しないといけないはずなんだけど、どうしてこれを隠しているのだろうか。
普通に考えると、「接種しても感染したことを隠すため…つまり、現在のワクチン接種の流れに水を差さないためなのでは?」と疑いたくなってくるけど、2012年の時点でmRNAワクチンのテストが行なわれていたものの、当時に「様々な問題が発生した」ことで認可が見送られてきたにもかかわらず、今回の新型コロナ危機で「見切り発車」で認可されてしまったこと、そして、「万一深刻な健康被害が発生しても、製薬会社側は一切補償をしない条件で接種が進められている」という、「非常に重要なファクター」を今一度思い出したうえで、現在の状況を冷静に分析する必要がある。

●過去参考記事:
【出たぁ】安倍政権、海外製コロナワクチン被害で「国が賠償金を肩代わり」する法整備へ!コロナ危機を通じて、グローバル製薬企業が強大な権力と儲けを手に!

【まさに人体実験】安倍政権、「安全性や効果が不明」なワクチンを国民にゴリ押しへ!健康被害が発生した場合も、税金で賠償金を負担!西村大臣「安全性・有効性は不明ですが、ワクチンの確保に努めます」

連日テレビに出演している医師らは新型コロナワクチンの安全性をしきりに強調していますが、もしそれが本当なのであれば、製薬会社側はわざわざ「そんな条件」を提示したうえで政府に契約を迫るはずがありません
つまり、現在世界中で接種が進められていることそのものが「治験・テスト」であり、言い方を変えれば「地球規模の壮大な人体実験」が行なわれているというわけです。

ボク自身は、(全体的な状況を俯瞰しつつ断片的な情報をつなぎ合わせた限り)一昔前に主流だった生ワクチンよりもmRNAワクチンの方が危険度が高いように感じているし、効果のほども、これまでしきりに言われてきたよりも低いのではないかと疑い始めている。
先日も、神奈川でワクチンを接種した2名の看護師が新型コロナに感染したことが報じられていたけど、米国ではmRNAワクチンのデメリットやリスクを唱える声が徹底的に規制・排斥されているようだし、いずれにしても、ボクたちにとって真に有益な情報がこれまで以上に自由に入手しづらい状況になりつつあるのは間違いない。

まさに、私たちが心配してきた(極限まで自由・人権が制限され、情報が徹底的に統制・画一される)「グローバル共産主義」の実像が米国をはじめとして世界中でますます姿を見せつつあるのを感じます。

「(洋の東西を問わず)1%の権力層に対し、常に一定の距離感と疑いを持ちながら物事を考える」「その上で『おかしい』と感じたことは『おかしい』と声を上げる」…こうした意識を一貫して持ち続けていくことだけでも、現在のグローバリズムの流れを止めることは十分に可能だと思うんだけど…「これ」(実際には非常にシンプルで簡単)が実は、多くの人々にとっては非常に難しいことなんだよね…。
それだけ、長年にわたってグローバリストによって植え付けられた洗脳から脱するのは簡単なことではないってことだし、一人でも多くの人々が、本来誰もがごく当たり前に持っているはずの、正常な危機管理能力や想像力を取り戻してくれることを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事