【事件】秋篠宮家・悠仁さまの机にピンクに塗られた刃物!工事業者を装った男が学内に侵入か!(お茶の水女子大学付属中)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月26日午後、東京・文京区のお茶の水女子大学付属中において、秋篠宮家の長男・悠仁さまの机の上と隣の机にまたがるようにピンク色に塗られた刃物が置かれる事件が発生。悠仁さまのクラス一同が教室外で授業を行なっていた際に置かれたとみられている。

・学校の防犯カメラには、ヘルメットに作業着姿の不審な中年の男が映っており、インターホンで「工事の者です」と名乗り侵入したとみられている。現在のところ、犯行声明などのようなものは見つかっていないという。

ピンクに塗られた刃、悠仁さまの机に 内部詳しい人物か

秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまが通う東京都文京区のお茶の水女子大学付属中学校の教室で26日、悠仁さまの机の上に刃物が2本置かれていたことが、捜査関係者への取材でわかった。防犯カメラには不審な中年の男が敷地内に入る姿が映っていた。教室が無人になった際に侵入したとみられ、警視庁は内部に詳しい人物の可能性があるとみて建造物侵入の疑いで調べている。

捜査関係者によると、26日夕、付属中の関係者から「不審なものを拾った」と警視庁に連絡があった。1年生の教室で、棒状のものにテープで巻き付けられた刃物2本が、悠仁さまの机と隣の机にまたがるように置かれていた。刃の部分はピンク色に塗られていた。

机には生徒の名前が書かれたシールが貼られており、悠仁さまの机を把握した可能性がある。見つかった刃物やその周辺に文字などは書かれておらず、犯行声明のようなものも見つかっていない。

学校の正門付近の防犯カメラには、同日昼前、青っぽい作業着姿でヘルメットをかぶった中年の男が1人で敷地内に入る姿が映っていた。インターホンで「工事の者です」と告げたという。また、中学校の校舎付近の防犯カメラにもこの男が校舎に侵入する姿が映っていた。教室内で刃物が見つかったのは同日午後で、その直前に悠仁さまの学級はこの教室の外で授業を受けていたという。警視庁は、男が工事業者を装い、教室が無人になった際に侵入したとみている。

~省略~

【朝日新聞 2019.4.27.】

ここ最近(「小室さん騒動」により)秋篠宮一家に対するバッシング激化の中、悠仁さまの机に刃物が置かれる事件が発生!

出典:YouTube

中学校に進学されたばかりの秋篠宮さまの長男・悠仁さまの机に、何者かによって「2つの刃物」が置かれる事件が発生しました。
報道によると、悠仁さまのクラスはちょうど教室以外の場所で授業を受けていたとのことで、不審な中年の男が工事作業員を装い学内に侵入したと見られているようです。

いやあ、何とも不気味な事件が発生したね。
一部報道では「内部事情に精通した人物の犯行か?」との見立てが出てきているけど、個人的に気になったのは、折しも、秋篠宮さま一家が、いわゆる「小室さん騒動」によって連日ワイドショーのバッシング対象になっては、ネット上などでも一家に対する非難・批判の声が非常に大きく目立ってきていたことだ。

元々の事の発端は、眞子さまと小室さんが結婚する意思を表明されたことで、ここから小室さんの素性や母親に対する批判が湧き起こり、世間の大きな批判に臆することなく眞子さまが頑なに結婚の意思を崩そうとしないことに加え、妹の佳子さまもお二人の「結婚を後押しするような発言」をされたことでさらに世間の批判に火が付き、最終的には、「奔放な娘たちのしつけがなっていない」として、秋篠宮さまご自身までもが世間からのバッシング対象になってしまうような事態になっていますからね。

これに加えて、「エセ保守愛国」の安倍政権が実質的な「反天皇政権」であることもバレバレになっており、これまでも、安倍総理の宿願である”憲法改悪”の是非などをめぐって天皇陛下と激しい対立を繰り広げてきた中で、秋篠宮さまが暗に安倍政権を批判するような発言をしたことで、安倍官邸は(天皇陛下に加え)秋篠宮さまをも攻撃対象に加えてきたような動きが見られる状況だ。

一昔前においては、天皇家を攻撃するのは「過激な左翼勢力」との構図が一般的な認識だったけど、今となってはこうした構図は完全に崩れてきており、今や「反天皇の主流派」は安倍一派(長州礼賛カルト勢力)になってきているし、それだけに、秋篠宮さまが(安倍一派にくみしている)マスコミやネット組織などから激しく叩かれているこのタイミングで事件が起こったことが妙に気になってしまうね。

天皇制に純粋に反対する勢力であれば、次期天皇の即位が目前に迫っている皇太子さまを狙うのが普通であるような気もしますね…。
そのように考えますと、小室さんとの結婚に強く反対している過激派勢力によるものか、安倍政権と急速に関係を悪くしている「秋篠宮さまを脅す目的」で、安倍シンパの長州礼賛カルト勢力が仕掛けた可能性もあり得るかもしれません。

その真相は現時点では不明だけど、秋篠宮さまとしては「泣きっ面に蜂」というか、ますます心的負担を感じてしまうような事態になっているね。
一部メディアで「懐柔が進んでいる」とも言われている皇太子さまとは対照的に、安倍政権との関係悪化が取り沙汰されている秋篠宮一家が様々なトラブルやバッシングの憂き目に見舞われているのが気になるし、今後の流れを注意深く見ていく必要がありそうだ。

Pocket

 

 関連記事