【驚き】秋篠宮さまが「大嘗祭」に公費を使うべきではないとの考え示す!山本宮内庁長官に伝えるも「聞く耳を持ってもらえなかった」と批判!

Pocket

どんなにゅーす?

天皇家・秋篠宮さまが53歳の誕生日を機に行なわれた会見の中で、新天皇の即位に伴って行われる「大嘗祭」について、「宗教色の強い儀式である」ことを理由に、公費を使うべきではないとの考えを語り、山本信一郎宮内庁長官に同様の考えを伝えたところ、「聞く耳を持ってもらえなかった」と発言、異例の政府批判を行なった。

・この事態に、山本長官は「そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」としながら、今上天皇の大嘗祭の際には多くの国民の賛同があったとしつつ、これを踏襲すべきとの考えがあったと説明。現行憲法で政治的発言を制限されている天皇家による異例の主張や批判だけに、多くの衝撃や波紋が広がっている。

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」

秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。

大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。

これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。

~省略~

【朝日新聞 2018.11.30.】

秋篠宮さま 「大嘗祭」国費支出めぐり異例の批判

秋篠宮さまは53歳の誕生日に先立つ記者会見で、新天皇の即位後に行われる重要な儀式「大嘗祭」について「宗教色が強いものについて、それを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、宮内庁長官に意見を伝えたが、「話を聞く耳を持たなかった」と異例の批判をされました。

~省略~

山本長官は秋篠宮さまの発言について「そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と謝罪したうえで、「前回の皇位継承の儀式が多くの国民の賛同のもとで行われたことを踏まえれば前回を踏襲するのが妥当との考えで進めて参りました」と強調しました。

~省略~

【TBS News 2018.11.30.】

秋篠宮さまによる異例の宮内庁長官への批判発言に、ネット上では驚きの声!

53歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまによる異例の「政府批判発言」に、ネット上でも驚きの声が広がっています!
新天皇の即位に際して行なわれる大嘗祭について、「宗教色が強い(現行憲法での政教分離に反する可能性がある)」ことを理由に公費を投じるべきではないとの考えを語られ、さらには、山本宮内庁長官に同じ意見を伝えたところ、「聞く耳を持ってもらえなかった」と明かし、強く批判されました。

これにはボクも驚いたね。
大手マスコミでは小室圭さんへの苦言などがクローズアップされてお茶の間の主婦やゴシップ好きの人々が盛り上がっている様子だけど…それよりもこちらの方がよほど大きな発言だし、有識者からも大きく賛同する声が上がっているように、確かにこれは、(政治的発言か否かの議論を呼ぶ可能性があるものの)内容そのものは良識ある至極まっとうな発言であるといえるだろう。
(ちなみに、今上天皇の即位に伴った平成の大嘗祭の際には、大嘗宮を設営するための費用など総額約22億5000万円が投じられており、当時より有識者から疑問や批判の声が上がっていたとのこと。)

当サイトでは、これまでの天皇陛下の生前退位が決定するまでの一連の動きや、長州閥一族(安倍一派)と天皇家との関係性や歴史などから、安倍政権と天皇家は水面下で激しい対立を続けてきたと見ているけど、天皇陛下や皇太子さまは安倍政権を暗に批判・牽制するような発言を行なってきたものの、秋篠宮さまについてはこれまで表立った声が伝えられてこなかった

その中で、今回の発言はかなり踏み込んだ政府批判発言が飛び出てきたし、考え方によっては、現行の日本国憲法を今まで以上に尊重する姿勢を見せた発言であるともいえる。
安倍政権にとっては今回の発言は「計算外」だった可能性があるし、改めて、今回の発言の真意やその背景にあるものを注意深くウォッチしていく必要がありそうだね。
(ちなみに、山本信一郎宮内庁長官は、内閣府の事務次官を務めた総務省出身の官僚で、そのキャリアを見る限り安倍官邸とも近しい人物だ。)

安倍政権が、現行憲法を大きく逸脱しながら、民主主義システムの破壊を繰り返している中で、かつて日本の政治を長らく司ってきた天皇家が強い危機感を持ち始めている可能性がありそうですし、この先、安倍政権と天皇家との対立がますます激しくなっていく可能性がありそうですね。
(特に長州クーデターによる明治維新以降においての)天皇家に関する謎も多い中、私も細心の注意を払いながらこの先の展開を見守っていこうと思います。

Pocket

 

 関連記事