迷惑YouTuber「へずまりゅう」がコロナ感染!彼と接触していた山口県民2人も感染!都知事選ではN国立花氏の応援演説に登場!山口県知事「なんてことをしてくれたんだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・全国を旅しながら迷惑行為を繰り返してきたYouTuber「へずまりゅう」が、愛知県のスーパーで売られていた魚の切り身を会計前に食べた容疑で逮捕された後、新型コロナに感染していたことが発覚した。

・その後、へずまりゅうと接触していた山口県の20代の男子学生と、20代の医療従事者の女性が新型コロナに感染していたことが判明。普段からマスクを着けることなく、YouTubeを通じて人を集めたり、多くの人に話しかけたり接触していたことが分かっている中、山口県の村岡知事は「なんてことをしてくれたんだ」と怒りを露わにした。

・またへずまりゅうは、先の都知事選ではN国(ホリエモン新党)の立花孝志氏の応援演説に登場。様々な有名人の元に突撃し迷惑行為を行なう”芸風”で話題を集めてきた中で、立花氏との関係も深めていたことが分かっている。

ユーチューバー「へずまりゅう」と接触、2人感染 山口

山口県は17日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人は、愛知県警が11日に窃盗容疑で逮捕し、その後新型コロナ感染が確認された「へずまりゅう」と名乗るユーチューバーの男と山口県内で接触していたという。

~省略~

県によると、感染が確認された2人は、周南市の20代の学生の男性と、宇部市の20代の医療従事者の女性。男は今月10日に山口県の錦帯橋(岩国市)や笠戸島(下松市)、防府天満宮(防府市)といった観光地や飲食店に立ち寄り、SNSで行動を発信して人を集めていたという。男性は10日、ユーチューバーの男と会食。女性は10日夜、山口市内で知人と会食中に、店内で話しかけたり握手をしたりしていた男が同じテーブルに座ってきたという。

~省略~

【朝日新聞 2020.7.17.】

へずまりゅうコロナ感染、逮捕直前の動画でも「異変」が 知事も怒らせた迷惑系ユーチューバーの「行状」

~省略~

へずまりゅうが逮捕前に配信した動画には、突如激しく咳き込み「コロナ」と一言だけ呟くシーンがあった。

■激しくせき込んだ後に「コロナ」

「ゴホッ…ゴホッゴホッ…ゴホッ…はぁ…はぁ…コロナ」

7月11日にへずまりゅうが「ツイキャス」で配信した動画を見ていると、そのシーンは訪れる。この日は赤いソファーに座って視聴者とのやりとりを楽しんでいたが、突如激しく咳き込み、苦しそうな表情を見せながら「コロナ」と一言だけつぶやいたのだ。

首里城公園のメッセージボードに落書きをするなど、日本各地を移動して様々な迷惑行為を行うことで知られていたへずまりゅう。7月11日には愛知県岡崎市のスーパーマーケットで会計前の魚の切り身を食べ、窃盗容疑で愛知県警に逮捕された。先述した容疑者の「ツイキャス」配信は逮捕前のものとみられる。

~省略~

山口県知事「一体なんてことをしてくれるんだ」

そうした中、山口県の村岡知事は17日午前に会見を開き、県内で新たに3人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。感染者のうち2人は「へずまりゅう」を介しての感染が疑われるものだとした。ここで、岡崎市で15日に確認された陽性者がへずまりゅう本人であることが明らかになった。

~省略~

「自分の行動からしても新型コロナウイルスに感染をしているということ、その可能性についての認識はあったんじゃないかと思います。だとすると、各地に行って人を集めたり、一方的に接触をするということは、とても信じられない。一体なんてことをしてくれるんだという思い」

と、怒りをあらわにした。

~省略~

東京都知事選挙(7月5日投開票)関連の動きにも顔を出していた。6月29日には都知事候補者だった立花孝志氏(NHKから国民を守る党党首・ホリエモン新党代表)の応援演説を行った。7月2日には同じく都知事選に立候補した政治団体・スーパークレイジー君代表の西本誠氏(自称:スーパークレイジー君)と会う様子も見られた。

【Yahoo!ニュース(J-CASTニュース)2020.7.17.】

濃厚接触者は膨大な数か!?窃盗容疑で逮捕された「へずまりゅう」がコロナ感染!N国立花孝志氏も都知事選時に”濃厚接触”!

出典:Twitter(@hezuruy)

これはなかなかエライことになってきたわね。
先日に、スーパーで売られていた魚の切り身を会計前に食べている動画を公開して逮捕された「へずまりゅう」さんが、新型コロナに感染していたことが判明。
すでに、彼と濃厚接触していた2人の感染が山口県で発覚していて、村岡山口県知事も「何てことをしてくれたんだ」と怒りを露わにしているわ。

これはさすがに、知事が思わず激怒するのも無理はないだろう。
どうやら、「有名になりたいから」といった理由で、犯罪行為を含む迷惑行為を全国各地で繰り返してきたみたいだけど、マスクも着けずに不特定多数の人々と接触しては、時には、自ら見知らぬ人が食事をしているテーブルに同席してきては、色々話かけたりする行為をしていたようで、このせいでコロナ感染させられてしまっては、まさに最悪だ。

「有名になりたい」といった極めて自己中心的&短絡的な思考の元に、周りの都合や迷惑をも全く顧みない行動を繰り返してきた様子だし、激しくせき込んだ時に「コロナ!」などと冗談半分に口にしていた中で、まさか本当にコロナに感染していたとはね。
何から何まで洒落にならないし、改めて、YouTuber業界の中で「再生数を増やすためなら、どんな手段も反社会的な行為も厭わない」といった、退廃した思考が蔓延している実情が明らかになったといえるだろう。

おまけに、先日の都知事選では、N国&ホリエモン新党の立花孝志さんと接触しては、応援演説まで行なっていたなんてね。
立花さんは彼のことを賛辞しているみたいだけど、確かに、「有名になるための手法」としてやってること(炎上商法を駆使)は、そこまで大差ないように見えるわね。

これ、時期的にみても、立花氏も結構ヤバいんじゃないだろうか?
まさに彼との濃厚接触者がおびただしい数に上るだろうし、全ての濃厚接触者を漏れなく洗い出すことも極めて困難だろう。

なんだか、米国でも日本でも、「新型コロナ(COVID-19)はただの風邪(ないしはでっち上げ)」みたいな話を信じて疑わない人々が一定数いるみたいで、こうした人々が、人間社会にますます深刻なコロナ感染の拡大を引き起こしている実情が浮かび上がってきている。
もっとも、コロナ危機が発生した当初では、日本のマスコミからも「不安を煽るな」みたいな風潮とともにそうした「間違った情報」が蔓延していた時期があったし、全体の構図を見ても、様々な要素が複雑に絡み合ったうえで、ますます「厄介な事態」に発展しているように感じるね。

こうした「新型コロナはデマ」みたいな喧伝がされては、ますます感染拡大の要因を生み出していることも、1%のグローバリストによる工作の影がちらついているようにもみえるわね。
米国でも、こうした風潮がますます感染爆発を引き起こしている(トランプ政権そのものもますます危機的状況に)みたいですし、今回の騒動を機に、明らかにコロナ危機を見くびっている人々が「一定の危機感」を持って、(マスク・手洗い・うがいの徹底など)しかるべき感染防止策を行なってもらうことを願っているわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事