【感動の声】天皇陛下、平成最後の誕生日で声震わせ国民に向けメッセージ!「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月23日、「平成最後の天皇誕生日」に際し、天皇陛下が国民に向けてメッセージを発し、平成の時代を振り返りつつ、皇后陛下に対する感謝の思いを述べた。

・天皇陛下は「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と語りながら、沖縄の歴史や苦難の現状にも触れ、時折涙ぐむような場面も災害によって犠牲になった人々や圧政によって苦難の生活を強いられている人々を慮る言葉に、国民から感動や感謝の声が相次いでいる。

天皇陛下きょう誕生日 声震わせ感謝の思い

天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えられた。来年春に退位を控え、平成最後の誕生日会見で、陛下は、今の心境をこみ上げる思いとともに述べられた。

「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」

天皇陛下は、85歳の誕生日にあたっての記者会見で、天皇としてのこれまでを振り返りながら、戦後の日本の道のりとともに、苦難の歴史を歩んだ沖縄や平和への思いを述べられた。また、在位中にたびたび起きた自然災害に対する悲しみ、長く心を寄せてきた「障害者スポーツ」や「日系の人たち」への思いについても、これからの願いを込めて語られた。

そして、共に歩んできた皇后さまと、国民に対して、声を震わせながら感謝の気持ちを伝えられた。

「結婚以来皇后は、常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し、私の立場と務めを支えてきてくれました」「天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」「そして、来年春に私は譲位し、新しい時代が始まります」「新しい時代において、天皇となる皇太子とそれを支える秋篠宮は共に多くの経験を積み重ねてきており、皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います」

~省略~

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2018.12.23.】

↓安倍総理もツイッターを更新し、祝賀の儀、宴会の儀に参列したことを報告。

安倍総理とのコントラストがますます際立った天皇陛下からの「日本の平和と安寧を願うメッセージ」!国民からも多くの感謝・感動の声!


出典:YouTube

天皇陛下が「平成最後の誕生日」を迎え、国民に向けてメッセージを述べられました
「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」と語られながらも、平成に発生した数々の大災害を振り返られ、多くの犠牲者や避難民の人々を慮りつつ、長年付き添われてきた皇后さまにも感謝の思いを述べられました。

いよいよ、平成の時代も終わりが近づいてきたんですねぇ。
天皇陛下さまからのメッセージ、とっても穏やかで優しい人柄が伝わってくるような、とっても素敵なスピーチでしたですぅ~…!

そして、「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」と、沖縄を名指しして、大戦時の悲惨な戦乱や戦後の日米からの激しい支配・抑圧に対して特別な思いを持っていることを明かしたのが非常に印象的だったね。

これは、沖縄をことさらにないがしろにし続けている安倍政権に対するメッセージとも取れるし、”憲法改悪”に反対する姿勢ともども、(日本に根源的な恨みを持つ)長州テロリストの安倍(田布施)一族と今上天皇が長年水面下で対立を続けてきたことを改めて感じさせられたよ。

こうした天皇陛下の思いは次期天皇になる皇太子さまに引き継がれていくだろうし、この先も、「象徴天皇」の立場でありながら、日本や世界に一定程度の影響力を持ち続けている天皇家と安倍政権(長州閥)との対立の行方についてよく見ていこうと思うよ。

もうすぐ2018年も終わりですが、来年以降はますます国内外ともに「激動と波乱の時代」に突入していくことが予想されます。
平成の次の時代も「戦争が起こらない時代」になることを強く願いつつ、この先の政情をウォッチし続けていこうと思います。
天皇陛下からのメッセージ全文はこちらを参照いただければと思います。)

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事