■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「カジノごり押し&成人式強行」の横浜市、林市長が「帯状疱疹」で入院!成人式を欠席へ!→ネット「逃げた」「そのまま市長辞めたら?」「医療をますますひっ迫させるな」

「カジノごり押し&成人式強行」の横浜市、林市長が「帯状疱疹」で入院!成人式を欠席へ!→ネット「逃げた」「そのまま市長辞めたら?」「医療をますますひっ迫させるな」
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月10日、コロナ危機のさ中でもカジノ計画をごり押ししている上、成人式も予定通り強行することに多くの批判が集まっている横浜市において、林文子市長が「帯状疱疹」で入院したことを発表。11日に開催される成人式に欠席することが明らかになった。

・ネット上では、このニュースに対して、「逃げた」「そのまま市長辞めたら?」「医療をますますひっ迫させるな」などの怒りの声が噴出。菅総理とも深い繋がりを持つ林市長にも多くの疑いの目が注がれている。

横浜市長、帯状疱疹で入院 11日の成人式は欠席

横浜市は10日、林文子市長(74)が帯状疱疹(ほうしん)と診断され、同日から市内の病院に入院したことを明らかにした。一週間程度入院する見通しで、11日の成人式への出席は取りやめる。

市によると、林氏は8日に「耳が痛い」などと体調不良を訴え、公務後に市内の病院を受診し帯状疱疹と診断された。症状が治まらず、10日入院した。

林氏は3期目。8日はカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致の賛否を問う住民投票条例案を否決した本会議に出席。

~省略~

【毎日新聞 2021.1.10.】

「カジノゴリ押し&成人式強行」で批判殺到中の林横浜市長の「入院」のニュースに、ネット上で様々な憶測広がる!

出典:林文子オフィシャルサイト

このコロナ危機のさ中でも「カジノ&成人式強行」で多くの批判が集まっている横浜・林市長だけど、まさかの「帯状疱疹で入院」のニュースに様々な憶測が飛び交っているわ!
まさか、式典の中で多くの怒りの声が上がることを嫌がって、(大したことないにもかかわらず)無理やり入院してしまったんじゃないでしょうね!?

ボクの父親も2年くらい前に帯状疱疹を患ったけど、一般的な帯状疱疹の症状であれば、入院する必要なんてないはずだし、ただでさえ、今のコロナ危機で医療機関がかつてなかったまでにひっ迫している状況だ。
一般市民であれば、間違いなく入院なんて出来るはずがないし、帯状疱疹になったり体調は今一つなのは本当なのかもしれないけど、それゆえにコロナ感染のリスクが高くなるのを嫌がって、(「上級国民」の特権をいいことに)「特別なルート」で病院に”籠って”しまった可能性はありそうだ。
それに、あおいちゃんが言うように、式典の中で多くのヤジや怒号が上がる可能性も大いにあるうえに、最近市民の前にめっきり姿を見せていないようだし、よほど本人にも「後ろ暗いことをしている」との自覚があるんだろう

おまけに、この林市長と言えば、菅総理ともとっても深い関係にあることが言われてきたし、神奈川の中で強大な権力を持っている菅総理がカジノ構想に躍起になっているのを受けて、林市長もこれに完全に追従して、これまでの「カジノ慎重派」の態度を一変させた経緯があるわ!

彼女の経歴を見てもその片鱗がよく分かるけど、林市長は(菅総理と同じく)バリバリのグローバリストであり、一般市民の利益よりも巨大企業や資本勢力の利益誘導を最優先させた政策に推し進めていくことは容易に想像がつく。
したがって、横浜のカジノ計画をどうにか食い止めていくには、林氏を落選させたうえで反グローバリズム寄り&菅総理とも一定の距離を置く市長を選ぶしかないし、横浜市民がかなり頑張ってこの(横浜を外資に売り渡すための)動きを断ち切っていくしかないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事