【やっぱ茶番】韓国GSOMIA破棄凍結で「桜を見る会疑獄」報道が激減!安倍シンパは「安倍政権の大勝利」と露骨なプロパガンダを流布!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年11月22日、日米韓政府の思惑による「日韓衝突」の機運が続いてきた中、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を発効直前で凍結を決定した。

・これを受け、日本のマスコミが一斉に大々的に報道していることで、数々の重大な違法疑惑が追及されている「桜を見る会疑獄」の報道が激減安倍シンパの工作勢力も「安倍政権の大勝利」と露骨なプロパガンダを流布しており、政権発足以来の巨大疑惑から逃げ切るべく、安倍官邸による情報操作が激化している。

日韓GSOMIA失効回避 韓国、破棄通告を停止

韓国政府は22日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関し、23日午前0時の失効を停止する方針を日本側に伝えた。日本が厳格化した輸出管理措置については、世界貿易機関(WTO)への提訴手続きをとめる。日韓間で輸出管理措置の政府間協議を開く。

韓国大統領府は22日午後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も出席し、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開催し、GSOMIAの扱いを巡る最終的な方針を決めた。韓国政府が破棄通告の効力停止を日本側に通告した。日韓間の安全保障での亀裂が避けられた。

~省略~

【日経新聞 2019.11.22.】

GSOMIA延長で安倍政権が「日本も米国の圧力で譲歩」の真相隠す大本営発表! 安倍首相は百田尚樹ら嫌韓応援団と会食し懐柔

~省略~

ところが、右派メディアやネトウヨたちは早速「韓国が屈服!」「安倍政権の完全勝利」なる愚かな勝どきをあげている。

もちろん、これは安倍政権の政治家たちが「日本政府は一切譲歩していない」「完全勝利した」などと言い張っているからだ。

たとえば安倍首相は、昨日18時30分ごろのぶら下がり会見で「北朝鮮の対応のために日韓、日米間の連携は重要」「今回、韓国もそうした戦略的観点から判断したのだろうと思う」と述べるにとどめ、日本側は一切姿勢を変えていないかのようにふるまった。しかも、TBSが報じたように、メディアには「安倍総理は『一切妥協していない』と語っている」という情報が流されている。

これに呼応するように、梶山弘志経産相も「適正な輸出管理をしていくことは変わらない」、茂木敏充外相も「輸出管理とGSOMIAは別問題」と強弁している。閣僚以外はもっと露骨で、「ヒゲ」こと佐藤正久・前外務副大臣はTwitterに〈日本は譲っていないし、条件付き合意ではない。情勢の判断を誤り、振り上げた拳をギリギリになり、米の圧力等を受けてベタ降りした感じ〉と投稿し、三原じゅん子参院議員は速報記事をリツイートして〈あらあら…随分強気だったのにね〉と吐き捨てた。

また、産経新聞によると、日本の政府高官は「パーフェクトゲームだった」などと嘯いているらしい。

しかし、これは大本営発表もいいところだろう。そもそも、今回、破棄を通告していた韓国側が、“条件つき延長”に応じたのは、安倍政権の外交勝利でもなんでもなく、米国からの圧力があったからに過ぎない。

しかも、その圧力は日本側にも加えられており、その結果、韓国側はWTO提訴プロセスの一時停止、日本側は輸出規制問題での協議再開という形で、お互い国内向けのメンツを保ったまま、日韓両政府が半歩ずつ歩み寄ったのである。

~省略~

【リテラ 2019.11.22.】

日韓衝突の「プロレス」は一旦”休憩”に…!日韓が米国(グローバル資本勢力)の傀儡である限り、国民騙しの茶番劇はどこまでも続く!

出典:YouTube

予想通りというべきか、韓国が発効直前でGSOMIAの破棄を凍結これによって、日本のマスメディアが大々的にこれを報道していることで、安倍政権の前例のない巨大疑獄「桜を見る会疑獄」に関する報道が一気に激減。
安倍政権にとって”願ったり”の展開になっているわ。

なんだかマスメディアも、少し前から「いよいよGSOMIA破棄の発効迫る!」みたいにわざとらしく盛り上げていたし、ボクもなんとなくこの展開を予想していたけど、「やっぱり」という感想しかない
ていうか、GSOMIAそのものが、(米国の主導により)2007年に日米間で取り交わされたもので、それ以前は存在しなかったものだし、このような協定をわざわざ取り交わさなくとも、日米韓は水面下でガッチリと繋がっている内情がある。
そんな中で、日常的に国民の知り得ないところで、日米韓の間で様々な”密談・密約”が行なわれているし、言ってみれば、米国が”本社”日韓が”支社”みたいなものだ。

この度、安倍政権が派手に盛り上げている「日韓の衝突」だって、もちろん、米国が水面下で”容認”しているものだし、こうやって、(日韓の”プロレス”を盛り上げることで国内の失政を隠したい)安倍政権にしっかりと恩を売りつつ、よりすさまじい売国契約(日米貿易協定という強烈な”不平等条約”)を結ばせるなどして、米国(とその上に控えるグローバル資本勢力)が日本を自在にコントロールしている内情がある。

賢明な国民であれば、そうした”裏側”がおおよそ見えているものだけど、相変わらずワンパターンな安倍シンパは、今回の一件を「安倍政権の大勝利」と騒ぎ立てていて「桜疑獄」隠しと、「グローバリストへの売国政策」を隠そうと躍起になっている状態だわ。
マスコミ各社も安倍総理との「上海大飯店での会食」以来、明らかに「桜疑獄」の報道を引っ込め始めてきているし、この調子では、安倍総理とその仲間たちがウソにウソを塗り重ねることで、どうにか逃げ切ってしまう可能性も出てきそうだわ。

そんな雰囲気になってきてしまっているね。
とにかく、今回の「GSOMIA継続」の一件から分かることは、やはり、日本と韓国は、どこまでも米国(グローバル軍産複合体)の傀儡国家であることと、やはり、日韓の衝突は、(安倍”傀儡”政権をサポートしている)グローバル資本勢力の思惑による茶番劇だったということだろう。
こうした”プロレス”は、文政権にとっても一定のメリットがあるし、これからも、グローバル資本勢力による「日韓の支配構造」を徹底的に隠しながら、国民騙しの”プロレス”は延々と続いていくのだろう…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事