■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【もう滅茶苦茶】河井夫妻への1億5千万円について、二階幹事長「私は関与してない」!林幹事長代理は「実質的に甘利氏が担当していた」→甘利氏「私は1ミリも関わっていない」

【もう滅茶苦茶】河井夫妻への1億5千万円について、二階幹事長「私は関与してない」!林幹事長代理は「実質的に甘利氏が担当していた」→甘利氏「私は1ミリも関わっていない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月18日、河井夫妻による大規模買収事件において自民党から夫妻に1億5千万円もの破格の選挙資金が投入された問題について、二階幹事長が「私は関与していない」などと発言。大きな波紋を呼んでいる。

・その場にいた二階氏側近の林幹雄幹事長代理は「実質的に当時の選挙対策委員長(甘利氏)が広島に関しては担当していた。そういった意味では細かいことはよく分からないということだと思う」と二階氏をフォロー。これを受けて関連質問が相次ぐと、林氏は「根掘り葉掘り、党の内部のことまで踏み込まないでもらいたい」と、内情や真相を葬るべく記者陣を恫喝

・また、林氏から名前を挙げられた甘利税調会長は、「私は1ミリも関わっていない」「関与してない以前に、党から給付された事実を知りません。これが全てです」などとコメントし、関与を全面否定前代未聞の巨額の血税が河井夫妻に投入された中、自民党の幹部が次々と「私は関与していない」と言い放つ事態に、国民から怒りの声が噴出している。

二階氏「私は関与していない」 河井氏への1億5千万円

自民党の二階俊博幹事長は17日の記者会見で、2019年参院選広島選挙区をめぐり公職選挙法違反の罪で有罪判決が確定した河井案里氏=自民を離党=側に党本部が提供した1億5千万円の選挙資金の問題について問われ、「その問題の支出については、私は関与していない」と述べた。

二階氏は会見で、1億5千万円の説明責任について「支出された当時は私は関係していない」と発言。「関係していないから関係ないというのではなく、その事態をはっきりしておくために言っただけのことだ」と説明した。当時も二階氏は幹事長だったが、会見に同席した林幹雄幹事長代理は「実質的に当時の選挙対策委員長が広島に関しては担当していた。そういった意味では細かいことはよくわからないということだと思う」と補足し、捜査当局から関係書類が戻り次第、使途などを調査する考えを改めて示した。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.17.】

二階氏側近、1億5千万円に「根掘り葉掘り踏み込むな」

~省略~

関連質問が相次ぐと、二階氏側近の林幹雄幹事長代理が「幹事長が発言しているんだから、根掘り葉掘り、党の内部のことまで踏み込まないでもらいたい」と報道陣を牽制(けんせい)する場面もあった。

二階氏はこの日の会見で「党本部としての党全般の責任は私にあることは、当然のことだ」としつつ、1億5千万円の支出についての関与は改めて否定。改めて真意を聞かれると「真意はそれ(以上)でもそれ以下でもないよ。その言葉の通り」と語った。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.18.】

自民・甘利氏、1・5億円「1ミクロンも関わってない」

2019年の参院選広島選挙区で自民党公認で当選した河井案里氏=公職選挙法違反の罪で有罪判決が確定・当選無効、自民党を離党=側に党本部が提供した1億5千万円の支出について、当時、党の選挙対策委員長を務めていた甘利明・元経済再生相は18日、「1ミクロンも関わっていません」と関与を全面的に否定した。支出をめぐって、甘利氏と、ほかの党幹部で食い違いが生じる事態になっている。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.18.】

出典:YouTube

河井夫妻に振り込まれた1億5千万円について、自民党の幹部が揃って「私は関与していない」と主張!「党の幹部も知らない状態」で国民の巨額の血税が河井夫妻に注がれていた(完全な”闇ガネ”)ことに…!

これは一体どうなってるのよっ!?
自民党本部から河井夫妻に注ぎ込まれた1億5千万円の選挙資金について、二階幹事長に加えて当時の選対委員長の甘利氏までもが「全く知らない」などと主張し始めてるんだから、もう何もかもが滅茶苦茶だわっ!!

林幹事長代理による「根掘り葉掘り、党の内部のことまで踏み込まないでもらいたい」とのマスコミへの恫喝発言(そもそも「根掘り葉掘り聞く」のがマスコミの本来の仕事だ)も、いわば自分たちの犯罪行為やウソを自白しているようなもんだし、今の日本の政治の世界では、信じがたいほどの非常識かつ奇妙奇天烈な事態が次から次へと起こるね。

仮に、もし、彼らの言っていることが本当なのだとしたら、なんと、幹事長や選対委員長も全く知らない中で、1億5千万円もの破格の選挙資金が河井夫妻にこっそり振り込まれていたということになるし、つまりは、国民から吸い上げられた莫大な額の血税が「闇ガネ」として河井夫妻に渡されていたということになる。
この1億5千万円が幹事長や選対委員長も知らない「闇ガネ」だったのだとしたら、まさに、「前代未聞の巨額選挙買収工作」の大規模犯罪を行なう目的で河井夫妻に振り込まれた疑いがますます高まってくるし、これは、当時の官房長官だった菅総理や、(個人的に嫌っていた溝手氏を落選させるために)河井夫妻を全面的に支援していた安倍前総理にも詳しく聞き取り調査を行なう必要があるだろう。

安倍前総理については、巨額買収工作が行なわれた選挙の裏で選挙資金を還流させていた疑惑もいまだに大きくくすぶっているし、一体誰がウソをついているのかも含めて、これを機にますます徹底的に調べ上げないといけないわっ!!

ネット上でも「一体誰がウソを言っているのか?」という声が出ているけど、たぶん、全員がウソをついているのだろうし、要は、自民党の全ての関係者が、安倍前総理主導の「前代未聞の大規模犯罪行為」に全面的に協力したのだろう。
まさしく、「凶悪なウソつき犯罪集団」が日本の国会内で圧倒的な議席数を占有してしまっているのが現状だし、その「犯罪集団の大ボス」である安倍前総理が「3度目の総理登板」に向けてせっせと準備を進めているというのだから、すでに日本の国家において秩序そのものが完全に崩壊しているとしか言いようがないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事