【怒り殺到】「専業主婦」の年金支給額が半額に!?「第3号被保険者」の縮小を閣議決定!「国民総奴隷社会」が加速か!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、夫の厚生年金に加入し年金保険料を支払わずに基礎年金を受け取っている「専業主婦」などの「第3号被保険者」を縮小することを閣議決定し、「専業主婦」の負担を大幅に増加させる案を進めている。

・現在、第3号被保険者(妻)の年金支給額を半額にする案や、国民年金保険料を負担させる案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などが浮上しており、さらなる国民の大幅な負担増にネット上では怒りの声が殺到している。

働く女性の声を受け「無職の専業主婦」の年金半額案も検討される

令和を迎え年金改悪の議論が始まっている。現在、夫の厚生年金に加入し、年金保険料を支払わずに基礎年金をもらうことができる「第3号被保険者」の妻は約870万人いる。

第3号については共稼ぎの妻や働く独身女性などから「保険料を負担せずに年金受給は不公平」という不満が根強くあり、政府は男女共同参画基本計画で〈第3号被保険者を縮小していく〉と閣議決定し、国策として妻たちからなんとかして保険料を徴収する作戦を進めている。

厚生年金の加入要件を広げることで仕事を持つパート妻をどんどん加入させているのはその一環だ。3年前の年金法改正で厚生年金の適用要件が大幅に緩和され、わずか1年で約37万人が新たに加入している。

そうして篩(ふるい)に掛けていけば、最後は純粋に無職の専業主婦が残る。厚労省や社会保険審議会では、無職の主婦から保険料を取る方法も検討してきた。

「第3号を廃止して妻に国民年金保険料を払ってもらう案、妻には基礎年金を半額だけ支給する案、夫の厚生年金保険料に妻の保険料を加算して徴収する案などがあがっている」(厚労省関係者)

令和の改革でいよいよ「3号廃止」へと議論が進む可能性が高い。

※週刊ポスト2019年5月3・10日号

【Yahoo!ニュース(マネーポストWEB) 2019.5.5.】

年金制度の第3号被保険者とは?結婚、離婚、就職、退職したらどうなるの?

~省略~

第3号被保険者とは、サラリーマンや公務員など厚生年金に加入している人(第2号被保険者)の配偶者が対象になります。しかし、第2号被保険者の配偶者なら誰でも第3号被保険者になれるかというとそうではありません。

以下の3つの条件を満たすことが必要です(ここでは、わかりやすくするために、第2号被保険者を夫、第3号被保険者を妻として表記しています)。

第3号被保険者の条件

1.第2号被保険者に扶養されている配偶者

2.妻の年収130万円未満(障害者の場合は、障害年金を含めて年収180万円未満)かつ
・同居の場合、収入は夫の年収の半分未満
・別居の場合、収入は仕送り金額未満
年収には、雇用保険の失業給付や、健康保険の傷病手当金、出産手当金なども含まれます。
※ここでの年収とは、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間見込み収入額。

3.年齢は、20歳以上60歳未満の人

このような条件を満たすと、第3号被保険者となりますが、国民年金保険料の納付義務はありません。第2号被保険者(夫)が加入している年金の保険者が一括して納付しているので、将来年金を受給することができるようになります。

わかりやすく第3号被保険者を妻として説明しましたが、専業主夫の場合でも、条件を満たしていれば第3号被保険者として認められ、同じように年金保険料を支払う必要はありません。

受け取れる年金額は?

第3号被保険者の期間は、被保険者本人が国民年金保険料は支払っていませんが、国民年金保険料を支払った人と同等に保険料の納付済み期間としてカウントされます。

途中、第1号被保険者や第2号被保険者であった期間がなければ、20歳から60歳までの全期間保険料を納付していたと見なされ、老齢基礎年金は満額である779,300円(※)を受け取ることができます。
※平成30年4月分からの老齢基礎年金の年間総額

~省略~

【保険のビュッフェナビ】

安倍政権がさらなる「国民総奴隷化」を加速!「働く女性側の不平」を作り出し、対立構造をあおり、専業主婦の負担を大幅に増大させる手口!

安倍政権が、さらなる「国民総奴隷化政策」を加速させようとしているとして、国民から怒りの声が殺到しているわっ!
専業主婦の女性の年金受給額を半額にさせたり、就業者同様に保険料を負担させる案などが出ているみたいだけど、こんなことをしていたら、ますます国民間の貧困が深刻化しては、男女ともに「死ぬまで働かされ続けるような社会」になっていくのは目に見えているわっ!!

ネット上でも的確な指摘が出ているけど、これは、「就業している女性側の不平の声」を意図的に作り出し、勝手に対立構造を煽りながら、主婦の大幅な負担増を正当化させるという、詐欺まがいの非常に悪質な手口だ。
まさしく、日頃からあの手この手で国民騙しを繰り返しながら、庶民から徹底的に搾取を繰り返してきた安倍政権の「真骨頂」といえるようなやり口だけど、あおいちゃんが言っているように、こんなことをやれば、専業主婦の女性や家計全体の経済的負担が増えることから、夫婦ともに働かざるを得なくなる家庭が増え、より多くの国民が「生涯奴隷」と化してしまう上に、子育てできる時間も余裕も無くなることから、少子高齢化がさらに劇的に進んでいくことが考えられる。

そもそも、安倍政権の政治家たち(日本会議系の一派)は根底に「女性は家庭に入って、働く夫の手助けをするもの」みたいな考えが支配しているように見えるけど、今回の政策は全くこれと矛盾しているのではないかな。
つまり、安倍政権は、老若男女問わず全ての国民に対して、徹底的に支配・搾取し、極限まで疲弊させた上で、生命や健康を奪い取る方向性で一貫しているということだ。

まさしく「悪魔の化身」としか言いようがないわっ!!
こんな「人でなし政権」をこれ以上のさばらせつづけてたら、冗談抜きで、いずれ私たち一般庶民は殺されてしまうんじゃないかしら!!

まさしく、「お国・経済のために死ぬまで働け」の世界だし、(いつも述べているように)これこそが「1%が99%から財産と生命を徹底搾取する」グローバリズムの極致ということだ。
国民が強い危機感を感じて行動を起こさない限り、いよいよ国民は安倍政権に極限まで痛めつけられ、国家は本格的に衰退・崩壊していくだろうし、すでに深刻な少子高齢化と本格的な「生涯奴隷社会」が目前まで来ている以上、予断を許さないような状況になっているといえそうだ。

Pocket

 

おススメ記事&広告