麻生財務相、「賃金上がってない」との国民の声に、「感性の問題」と放言!→ネット「給与明細見ても上がってないんだけど」「この麻生氏の(腐った)感性に吐きそう」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月14日、麻生財務相が閣議後の記者会見で、「いざなぎ景気超えの好景気継続」の報道に対して「賃金が全く上がっていない」との国民の批判が相次いでいるのを受けて、「上がっていないと感じる人の感性」だとするコメントを発し、「国民側が不景気を錯覚しているだけ」とも取れるような見解を示した。

低賃金にあえいでいる国民に向けて挑発するような麻生氏の発言に、国民から批判が殺到。「給与明細見ても上がっていないんだから、感性じゃないだろ」などの怒りの声が寄せられている。

麻生氏、賃金上昇ないは「感性」

麻生太郎財務相は14日の閣議後の記者会見で、景気拡大期間が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えたが賃金が上がっていない状況を問われ「上がっていないと感じる人の感性」の問題だとの認識を示した。

個人差があることを指摘したとみられるが、賃金上昇が物価に追いつかない人も多い中、発言は波紋を呼びそうだ。

麻生氏は、質問した民放記者に対し「どのくらい上がったんだね」と逆質問。記者がほとんど上がっていないと答えると「そういうところはそういう書き方になるんだよ」と述べた。

麻生氏は「(現政権下で)毎月、毎年、2~3%近くずっと上がってきた」とも述べた。

【共同通信】

【ロイター 2018.12.14.】

不景気と低賃金にあえぐ多くの国民に対して、麻生氏が大放言!「賃金が上がってないと感じるのはその人の感性の問題」

出典:Sharetube

この前のNHKによる「戦後2番目の好景気が確認された」のプロパガンダ報道も酷かったけど、今度は麻生財務相がこんな大放言をやらかしたのねっ!!
給与明細をどこをどう見たって賃金が全く上がっていないんだから、感性もへったくれもないし、この人正気なのっっ!?

多くの国民が数多くの根拠を下に、NHKのインチキ報道政府の捏造に気がつき始めている中で、いよいよ「国民側が不景気だと”錯覚・錯乱”しているだけだ」と強弁し始めたというわけか。
ここまで来るとちょっと救いようがないし、納税者で主権者の国民に対して、いよいよ政治家が平気で”挑発”するようになっては、あからさまに牙をむく寸前になってきたね。

まさしく、安倍政権がここまで”憲法改悪”に異常にこだわっているのは、こうした一部で怒りの声を上げ始めてきている日本国民の自由や人権を徹底的に奪うことで、民衆から抗議や反発する力を取り上げるのがその「最たる目的」だし、安倍政権による庶民蹂躙の悪政に国民が怒れば怒るほど、より無法的な手段で憲法改悪の強行に突き進んでいくのだろう。

ほんとに、いよいよ尋常じゃない事態になってきてるわっ!!
この麻生氏の放言そのものが、日本の末期的な状況を物語っているし、今のうちにこの政権の暴走を止めておかないと、いよいよ手遅れの事態になってしまうんじゃないかしら!?

本当にジョージ・オーウェルの「1984」の世界にそっくりになってきたし、安倍政権によって「ウソこそが真実」という”虚構世界”が強力に打ち立てられてしまう寸前になってきているね。

Pocket

 

おススメ記事&広告