案里容疑者の自民支部から、200万円余の違法報酬を振り込みか!党本部からの1億5千万円が買収の原資になった疑いさらに強まる!→「丸刈り」「涙の謝罪」「辞職」など地元広島の政治は大混乱!

Pocket

どんなにゅーす?

・河井夫妻をめぐる大規模選挙買収事件において、妻の案里容疑者の自民党支部から、違法な報酬を渡した陣営スタッフ数人に対し200万円余りのカネが振り込まれていた疑いがあることが判明。自民党本部から振り込まれた1億5千万円もの巨額の選挙資金が、買収の原資になっていた疑いがさらに強まっている

・すでに、地元広島県内においては、カネを受け取った市長や議員らが謝罪・辞職する動きが続出しており、県内の政治状況が大混乱に陥っている中、この事態を引き起こした”張本人”である安倍官邸や自民党幹部は揃って”知らん顔”。この事態に、国民から安倍政権に対する怒りの声が噴出している。

河井案里議員の自民支部から買収資金振り込みか 選挙違反事件

~省略~

前の法務大臣の河井克行容疑者(57)と妻で参議院議員の案里容疑者(46)は、去年7月の参議院選挙をめぐって地元議員らに票の取まとめなどの選挙運動を依頼し、報酬として現金を配ったとして公職選挙法違反の買収の疑いで逮捕され、検察当局は合わせて94人におよそ2570万円を配った疑いがあるとみて捜査を進めています。

逮捕容疑となった現金の提供先94人の中には陣営スタッフも含まれていますが、このうち数人の口座に去年6月から8月にかけて、案里議員の自民党支部から合わせて200万円余りの違法な報酬が振り込まれていた疑いがあることが関係者への取材で新たに分かりました。

~省略~

関係者によりますと、1億5000万円の多くは広報誌を配布した費用や事務所の経費などに充てられたということですが、ウグイス嬢に法律の規定を上回る違法な報酬を支払ったとされる事件でも、案里議員の自民党支部の資金が報酬に充てられ、党本部からの資金の一部が違法な報酬の原資になっていた可能性もあるということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.6.29.】

丸刈りの市長、きょう辞職表明へ 河井夫妻から現金受領

~省略~

児玉市長は今年4月の取材に受領を否定。ところが今月24日に一転して認め、26日には丸刈り姿で会見して「話せなかったことを申し訳なく思います」と謝罪した。会見では、現金を受領したのは市長に転じる前、県議だったころの昨年3月末と説明。自身の事務所で克行議員から当選祝いの趣旨で30万円が入った封筒を受け取り、同5月末には車の中で30万円入りの封筒を渡されたと証言した。

~省略~

【朝日新聞 2020.6.30.】

河井前法相から150万円、三原市長が辞職「市民を裏切る行為で申し訳ない」

昨年7月の参院選を巡る大規模買収事件で、衆院議員の河井克行・前法相(57)(自民党を離党)から計150万円を受け取っていた広島県三原市の天満祥典(よしのり)市長(73)が30日、辞職した。この日午前の臨時市議会で、全会一致で同意された。

~省略~

【読売新聞 2020.6.30.】

すでに広島県内の政治状況がメチャクチャになっているにもかかわらず、この事態を招いた張本人(安倍&菅&二階)は完全に知らん顔!

いよいよ、河井夫妻による前代未聞の大規模買収事件の原資が、自民党本部からの1億5千万円だった疑いが極限まで高まってきたわねっ!
それにしても、すでに広島県内の政治状況がここまでメチャクチャになっているっていうのに、この状況を作り出した「張本人たち」はいまだに完全に”知らんぷり”って…!
安倍官邸や自民党幹部の連中はどこまで「人でなし」なのよっ!?

ああ。広島県内では、市長や議員らが「丸刈り」やら「涙の謝罪」やら大変なことになっていて、このまま検察の捜査がさらに続いていけば”辞任ドミノ”に発展していきそうな気配だし、こんなのはまさに前代未聞だ。

そして、どこからどう考えても、安倍官邸からの強い指示で自民党本部から振り込まれたとみられる1億5千万円が買収の原資になった以外に考えられない中で、これを裏付ける重要な情報が出てきたね。
つまり、自民党本部が「相場の10倍」もの法外な資金を河井夫妻に与えたのも、(「安倍総理の政敵」を潰そうと企んでいた安倍官邸からの)「何としても案里氏を当選させるために、このカネで多くの地元有力者を買収しろ」という強力なメッセージだったということだし、ていうか、「これ」以外に一体何があるんだ?

ここにきて、それまで否定していた地元の政治家らが次々と買収の事実を認めては、謝罪や辞職を選ぶ流れが起こっているけど、こうした流れが起こっているのも、このままシラを切ったところで誤魔化しきれないと判断した彼らが、検察からの「司法取引」に応じて、自らのダメージを最小限に抑えようとする動きが起こっている可能性がある。
つまり、検察はすでに、かなりの重要証拠を手にしている可能性があるし、少し本気を出せば、いつでも安倍総理らを自民党本部の連中を逮捕出来るだけの材料を持っているのではないだろうか?

克行容疑者からお金を受け取った地元政治家からは、「(克行容疑者が)安倍総理だけでなく、菅長官や二階幹事長の名前も出してきた」との証言が出てきてるけど、克行容疑者の言葉通りに、この3人が河井夫婦に買収を指示していた疑いがますます強まってきたわねっ!

そうだね。
すでに(近年では異例なまでの)ここまで本格的な捜査が行なわれている以上、後は、今の検察が、明治維新以降日本を包み込んできた、「長州閥特権」の腐ったバリアーを完全に打ち破ることができるかどうか(つまり、日本がまっとうな法治国家なのなら「すでに安倍総理らの逮捕は時間の問題」ということ)…にかかってきているのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事