【ナニコレ】即位礼正殿の儀、昭恵夫人の”奇抜”な衣装が話題に!ネット「あかんやろ」「ドレスコード違反」「総理は止めなかったのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月22日、天皇の即位を正式に国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行なわれた中、安倍昭恵総理夫人が着用していた「風変わりな衣装」がネット上で騒然となっている。

・多くの女性参列者が、和装やロングドレスなどの正装で臨んだ中で、昭恵夫人は、膝が完全に見えるスカート丈に袖がラッパのように大きく開いた特徴的なデザインの衣装で登場。ネット上では「あかんやろ」「ドレスコード違反」「総理は止めなかったのか?」などの声が次々に上がっており、日頃から奇怪な言行が絶えない昭恵夫人への批判が殺到している。

昭恵夫人「天皇陛下・即位の儀式」でドレスコード違反の声

《ドレスコードとかガン無視で、周りの国賓から内心 何と思われていることやら…》

ツイッター上で、総理夫人・安倍昭恵さん(57)のドレスに、そんな指摘が相次いだのは、10月22日の午後のことだった。

~省略~

別室のモニター越しでその様子を見守る要人たちも、民族衣装を含む正装で臨んだ。そんななかで、ひときわ目を引いたのが昭恵夫人の服装だった。

昭恵夫人が選んだのは、“ひざ丈”のワンピースのドレスだった。ひじの位置から、袖がラッパのように大きく開いた淡黄蘗(うすきはだ)の個性的なドレスに、真珠のネックレスと高めのヒールという出で立ち。

通常、このような儀式であれば、女性は和装か、アフタヌーンドレスなどひざが完全に隠れるドレスで参加するのが一般的。実際に「即位礼正殿の儀」に参加した女性のほとんどが、着物かひざが完全に隠れたドレスだった。

~省略~

【BIGLOBEニュース(女性自身) 2019.10.22.】

生粋の”反天皇”!?昭恵夫人がドレスコードガン無視の「奇抜ファッション」で登場!

出典:YouTube

これまでも数々の奇怪な行動や言動が目立ってきた昭恵夫人ですが、天皇陛下が国内外に向けて即位を宣言する「即位礼正殿の儀」でも多くの日本国民を騒然とさせております。
改めて画像を拝見しましても、あまりにも大きく浮いてしまっている上に、周囲も微妙な空気になっていることがうかがえます。

さすが昭恵夫人。
肝心なところでやらかしてくれるわね。

多くのスピリチュアル系の団体と深い繋がりを持つ昭恵夫人だからなのか、いささかカルトチックというか、宇宙人っぽいようなイメージの衣装だね。
首相官邸のウェブサイトに出ている「即位礼正殿の儀の細目について」によると、女性参列者のドレスコードは、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」と指定されているとのことで、どう考えても、これは明確なドレスコード違反であるといえるだろう。

「即位礼正殿の儀」は、今でも世界において隠然とその影響力を保持しているといわれる天皇が国内外に即位を宣言する非常に重要な行事であり、そんな徳仁天皇の即位をお祝いしようと、世界各国から多くの要人が参列した中、見事なまでに世界から奇異な目線を注がれる事態になっている。
森友事件においても、やって良いことと悪いことの分別がついていないことで、「愛国カルト小学校」の名誉校長に就任したり、(本当であれば逮捕されてもおかしくなったほどの)国家の私物化行為に手を染めていた昭恵夫人だけど、その”天然ぶり”は相変わらずみたいで、またしても、この安倍総理夫妻の異質さや異様さを国内外に鮮烈に印象付けることとなってしまったね。

(ネット上でも指摘が出ていますが)一見すると古神道や日本の歴史に強いシンパシーを持っているかのように振る舞っている昭恵夫人ですが、その実は、天皇陛下や皇室に対する敬意も微塵もないということなのではないでしょうか。

単に(古くから日本の中で信仰があった)「大麻を使った製品が大好き」とか、その程度のものなのかもしれないね。
昭恵夫人は、以前に「私は変態コレクター」などと言い放っていたけど、(今回の騒動をみても改めて思うけど)一番の”変態”は昭恵夫人自身なんじゃないのかな?

Pocket

 

 関連記事