■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【遅すぎ】政府が「赤木ファイル」の存在を認める方針!このまま隠蔽を続けるのは「困難」と判断したか!→「赤木さんは安倍政権に殺された」構図がより鮮明に!

【遅すぎ】政府が「赤木ファイル」の存在を認める方針!このまま隠蔽を続けるのは「困難」と判断したか!→「赤木さんは安倍政権に殺された」構図がより鮮明に!
Pocket

どんなにゅーす?

・森友公文書改ざん事件において、自殺した近畿財務局職員の赤木俊夫さんが生前に遺したとされている、いわゆる「赤木ファイル」について、政府が存在を認める方針を固めたことが分かった。

・改ざんを強要された経緯が詳しく記されているといわれる「赤木ファイル」について、これまで、政府はその存在を明確にせず、再三に渡る開示要求にも「探索中」と誤魔化してきたものの、これ以上存在を隠すのは困難と判断したと見られており、「赤木さんは実質的に安倍政権に殺された」内情がより明確に浮かび上がる事態になっている。

赤木ファイル、国が存在認める方針 森友改ざん問題

学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、自死した同省近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)が改ざんの経緯を記したとされる「赤木ファイル」の存在を、国が認める方針を固めたことが関係者への取材でわかった。赤木さんの妻・雅子さん(50)が国などに損害賠償を求めた訴訟の裁判手続きの中で、国は6日にも文書で回答するとみられる。

国はこれまで、訴訟では「(ファイルは)裁判の争いに関係せず、存否を回答する必要がない」と主張。国会でも、野党が開示を求めたのに対し「訴訟に影響を及ぼすおそれがある」との答弁を繰り返し、存否を明らかにしてこなかった。

焦点は、ファイルの中身や、それが裁判でどの程度、開示されるかだ。民事訴訟法は、開示によって「公務に著しい支障が生ずるおそれ」がある場合、その部分を外して提出することを認めている。今後、開示の範囲や方法などをめぐり、国と原告側、裁判所の協議が続くとみられる。改ざんに至った経緯や財務省や近畿財務局内での指示の具体的な内容が明らかになる可能性がある。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.5.】

(散々時間稼ぎした挙句)ようやく政府が「赤木ファイル」の存在を認める方針!国民からは「赤木ファイルも改ざんするのでは?」と疑う声も!

出典:MSB

ようやく、政府が「赤木ファイル」の存在を認める方針を決めたみたいねっ!
これ以上隠蔽や時間稼ぎを続けるのは困難と判断したんだろうけど、全く、どこまでも悪質で反社会的な政権だわっ!!

ようやくここまでたどり着くことが出来たけど、事態はまだまだ油断できない
上の朝日新聞では「焦点は、ファイルの中身や、それが裁判でどの程度、開示されるかだ。」と報じているけど、公文書を大々的に改ざんするくらいの”犯罪政府”なのだから、いつものように、重要な部分は徹底的に隠して「やってるフリ」の”おざなり開示”をしてくる可能性が大いにあるし、最悪、赤木ファイルそのものを改ざん(ないしは重要部分を消去)して開示する可能性もあるだろう。

いずれにしても、今の自民党政権による日本政府は、重要文書の捏造・改ざん・隠蔽は朝飯前の「真性的な凶悪犯罪政府」だし、赤木さんは紛れもなく安倍政権に殺された上に、現在もなお、その「魂」をずっと踏みにじられてしまっているのが現状だ。

おまけに、重大犯罪を繰り返した挙句に赤木さんの命を奪った安倍前総理は、自身の全ての犯罪を闇に葬った上で、臆面もなく「3度目の総理就任」に向けてせっせと権力固めに励んでいる始末なんだから、前代未聞の超絶デタラメ国家としか言いようがないわっ!!

本来であれば、全ての日本国民が、夫の無念を晴らすべくたった一人で「巨大犯罪組織」に立ち向かっている赤木雅子さんを全力で応援した上で、安倍氏を何としてでも逮捕するべく、一致団結で声を上げていかないといけないんだけどね。
いずれにしても、安倍政権下で行なわれた凶悪犯罪を徹底追及し、全ての真相を究明することは、民主主義システムを維持させていく上で絶対に必要なことなんだけど…残念ながら、「仮病辞任」で全てをうやむやにしては、あろうことか「2度目のゾンビ復活」を企んでいる安倍前総理を大手マスコミもが全面的にサポートしてしまっているのが、今の日本の偽らざる末期的な実情だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事