■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

”違法接待疑惑”NTT澤田社長の実態にドン引き!「座右の書は『自助論』」「管理職の部下に『自民党入党』を指示」「普段着は迷彩服で、社長室の机上には零戦の模型」!

”違法接待疑惑”NTT澤田社長の実態にドン引き!「座右の書は『自助論』」「管理職の部下に『自民党入党』を指示」「普段着は迷彩服で、社長室の机上には零戦の模型」!
Pocket

どんなにゅーす?

総務省幹部や武田総務相、高市・野田元総務相らへの違法接待疑惑が報じられたNTT澤田純社長の”人物像”を伝えた、週刊文春の記事内容が話題になっている。

・文春では、澤田社長による「座右の書は『自助論』」「部下の管理職に自民党への入党を指示」「普段着は迷彩服で、社長室の机上には(大日本帝国時代の主力戦闘機として知られる)零戦の模型」といった内情や人物像を紹介。これに対し、ネット上で眉をひそめる意見やドン引きする声が相次いでいる。

武田総務相とNTT澤田社長が会食していた

武田良太総務大臣が、大臣就任後の昨年11月11日に、NTTの澤田純社長と会食していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。場所は、東京・パレスホテル内にある日本料理店「和田倉」。澤田社長とNTTドコモ独立社外取締役の遠藤典子氏、武田大臣とJR東海の葛西敬之名誉会長が同席していた。

~省略~

だが、なぜそこに武田氏が現れたのか。

「武田大臣を連れて行ったのはNTT側です。遠藤氏は週刊ダイヤモンド副編集長を経て、2016年6月にNTTドコモの社外取締役に就任。澤田氏の覚えがめでたい一方で、武田大臣とも以前から関係が深いと聞いています。葛西氏と武田大臣は面識がなかったそうです」(同前)

~省略~

【文春オンライン 2021.3.17.】

出典:嫌儲まとめ

NTT澤田社長は(日本会議カルトさながらの)「大日本帝国礼賛思想」に傾倒!?防衛省関連の仕事を最優先し、安倍カルト系自民議員からも多くの尊敬受ける!

出典:YouTube

総務省幹部や武田総務相ら自民有力政治家(歴代総務相)らへの違法接待疑惑が報じられた、NTT澤田純社長の”人物像”について、ドン引きする国民が続出しています。
管理職の部下に対して「自民入党」を指示したりなど、普段から自民党への利益誘導に全力を注いでいたことがよく分かりますし、「普段着は迷彩服」「社長室の机上には零戦の模型」など、軍隊や兵器を賛美したり大日本帝国に対する礼賛思想を持っていることもうかがえますね。

先日の参考人招致でも、(自民政治家や安倍&菅サポ官僚とよく似た)悪質な詭弁を駆使した不誠実な答弁をしていたけど、こうした彼の実態を知って完全に納得だ。
ネット上では、電通の他にも「NTTの内部にも自民サポネット工作部隊が存在してるのでは?」と疑う声も出てきているけど、なるほど、そうした可能性も大いに有り得るかもしれないね。

文春では、こうした澤田社長の趣向に対して「保守思想の持ち主」などと綴っているけど、実際のところ、これは保守思想でも何でもない
保守思想というのは、本来「『人間というのは弱くて間違いを犯すもの』との前提に立ったうえで、人間社会に秩序や平和を維持させていくために、先人が遺してきた制度や政策を重視していく考え方」であるはずだ。
それに対して、澤田社長のそれは、ただ単に私利私欲や保身を最優先した「腐敗した権力への礼賛・ゴマすり」であり、さらには、軍事や戦争を「エンタメ」として捉えては、これを好きなように歪めて「趣味」として楽しんだり、自身のストレス発散のために軍事をコンテンツ化して楽しむという、単なる「軍事オタク」「戦争マニア」の類だろう。

どうも、最近の日本社会を見ていると、「保守」の意味が相当なまでに歪められて使われるようになっているように感じるし、半ば「戦争好き」やら「好戦思想」「大日本帝国(長州テロリスト)礼賛カルト」などが、(本来の意味とはかけ離れた)「保守」などと言われるようになってしまっているのは、かなり重大な問題だろう。

これも、日本国内に「本当の保守勢力」が大きくなっていかないように、グローバリズム勢力が「保守」の定義をどんどんと歪めては、間違った使い方が横行するように仕向けている疑いがありそうですね。

いずれにしても、澤田社長は相当なまでに幼稚で歪んだ思想を持っていることがうかがえますし、菅総理だけでなく安倍一派や日本会議カルトなどとも強い親和性がありそうな感じがします。

日本国民の生活と大きく直結しているNTTの社長がまさかこんなにも異常な思想の持ち主だったとは、多くの驚きや批判の声が上がるのも当然だし、実際のところ、(「オリンピッグ」で大炎上中の元電通佐々木宏氏もそうだけど)こうした、私利私欲しか頭にない「安倍&森マンセー」などの反知性の持ち主が、現在の日本社会で圧倒的に強大な権力を持ってしまっている(一方で、まっとうな社会通念や「思いやりの精神」を持つ人々が、日本社会の中でどんどん疲弊し弱体化している)現実について、今まで以上にもっと強い危機感を持っていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事