【真相は?】「韓国軍レーダー照射」を主張する日本に対し、韓国は強く否定!両者の言い分が真っ向から食い違う状況に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月20日、日本のEEZ(排他的経済水域)において、韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に対して射撃管制用レーダーを数分間、複数回にわたり照射したとされる問題で、日本側が「不測の事態を招きかねない、極めて危険な行為」として、韓国側に強い抗議を行なった。

・一方で、韓国側は事実関係を否定するコメントを続けており、両者の言い分が真っ向から食い違っている中、詳しい内情を丁寧に検証する必要性が生じてきている。

↓日本メディア(フジ)による報道。

韓国が一転「レーダー照射せず」 日韓主張 真っ向対立

~省略~

問題が起きたのは、20日。

石川・能登半島沖の日本海で、警戒・監視をしていた海上自衛隊のP-1哨戒機に、韓国海軍の駆逐艦が、射撃管制用レーダーを数分間、複数回にわたり照射したという。

このレーダーは、ミサイルなどの武器を攻撃目標に誘導するために使われるもの。

日本政府の抗議に対し、韓国側は、「国防省は、正常な作戦活動をしただけだとし、日本の哨戒機を追跡しようとした事実はないと明らかにしました」としている。

当初、韓国国防省は、遭難した北朝鮮の船舶を探すためにレーダーを使用していて、それが照射された可能性があると主張していた。

しかし防衛省は、広い範囲を遠くまで見渡すことのできる、海面捜索用レーダーと違い、標的とする航空機に電波を当てる射撃管制用レーダーは、船の捜索に適していないと反論。

すると24日、韓国国防省のイ・ジヌ副報道官は「日本哨戒機を追跡する目的で、レーダーを運用した事実はありません。その点、明確に申し上げます」と述べた。

射撃管制レーダーについていたカメラは使用したものの、レーダー照射はしていないと主張を一転させた。

しかし、防衛省関係者は「われわれには、電波照射を受けたという証拠がある。素直に謝れば、こんな問題にはならない」としている。

レーダー照射を受けた哨戒機が撮影した写真を見ると…。

フジテレビ・能勢伸之解説委員は、「韓国側が言い出しているのは、捜索にあたってカメラを使うために、火器管制レーダーの後ろの方を使っていたということらしい。『STIR180』が撮影者の方を向いている。海上自衛隊の主張によれば、これは電波が出ていたので、ロックオンをかけられていたのではないか」と述べた。

そして、この時、カメラも作動していたとなれば、さらに疑問が残るという。

能勢解説委員は、「カメラで見ていたのなら、即座に海上自衛隊のP-1哨戒機だとわかったのではないかと思う」と述べた。

ソウルを訪れている金杉アジア大洋州局長は24日午後、韓国外務省の局長と会談し、適切な対応を求めたとみられる。

【FNN PRIME 2018.12.24.】

レーダー問題で韓国が日本に不満表明

【ソウル共同】韓国外務省当局者は24日、韓国海軍の火器管制レーダー照射問題について、同日開かれた日韓外務省局長級会談で日本の対応に不満を表明したと明らかにした。「日本側が事実関係の明確な確認をしないまま自分たちの主張を行っている」としている。

【共同通信 2018.12.24.】

↓韓国側の主張を詳しく伝える記事(聯合ニュース)。

日本哨戒機接近し撮影用光学カメラ稼働 ビーム放射はせず=韓国軍

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍の艦艇が20日、東海上で日本の海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、艦艇は遭難した北朝鮮の漁船を捜索するため、接近していた哨戒機に向けて映像撮影用の光学カメラを使用していたことが23日、わかった。光学カメラを使う際、追跡レーダー(STIR)が共に作動されるが、哨戒機にビームは照射しなかったという。

複数の韓国軍消息筋は当時の状況について、「東海で遭難したとの通報を受けて出動した駆逐艦『広開土大王』が船舶捜索のためのマニュアル通り、航海用レーダーと射撃統制レーダーをフル稼働していた」として、「その後、日本の哨戒機が艦艇の方向に接近し、光学カメラを運用した」と説明した。

航海用レーダーは漁船や商船、軍艦などを確認する際に用いられる。射撃統制レーダーは遠距離にある海上の物体をより正確に識別できる。韓国海軍は当時、射撃統制レーダーは対空用ではなく、対艦用のモードで運用していたと説明した。

韓国軍の消息筋は「追跡レーダーが(光学カメラと)共に稼働されたが、ビームは照射しなかった」として、「実際に日本の哨戒機を威嚇する行為はなかったことを明確にしたい」と強調した。

日本政府やメディアは韓国の艦艇が攻撃用の火器管制レーダーを照射したと反発している。だが、韓国軍の説明によると、兵器の使用などとは全く関係ない行為であり、日本側の主張には疑問が残る。

韓国軍関係者は「遭難した船舶を見つけるため人道主義的な作戦を行ったと説明し、日本もその内容を知りながら問題提起を続けることは理解できない」として、「公海上で韓国海軍の活動を制約する意図ではないかと疑われる」と述べた。

当時、日本の哨戒機は韓国艦艇の上空を飛行するなど、むしろ「威嚇飛行」を行っていたという。韓国軍関係者は「日本の哨戒機は艦艇が捜索救助作戦を始めてからしばらく後、接近してきた」として、「艦艇の上空を飛行するなど、むしろ威嚇的だった」と伝えた。

日本側は哨戒機の乗組員が艦艇に対し、無線で火器管制レーダーを稼働させた意図を聞いたとしているが、哨戒機は国際商船共通網を利用したという。同共通網は漁船や商船も聞ける通信網だ。韓国軍関係者は「日本の哨戒機は国際商船共通網で海洋警察を呼び出し、通信感度も極めて低かった」として、「艦艇では海洋警察を呼んでいると認識した」と述べた。

一方、韓国の艦艇が救助した北朝鮮漁船は1トン未満の木船で、韓国政府は21日、乗組員3人と遺体1体を北朝鮮側に引き渡した。

【livedoorNEWS(聯合ニュース) 2018.12.23.】

 

日本の哨戒機が、韓国の駆逐艦から「嫌がらせ」を受けたと勘違いをした?

出典:YouTube

日本の哨戒機が韓国の駆逐艦からレーダー照射を受けたとされる問題で、ネット上も騒然としている状況ですが、韓国側は一貫して事実関係を否定している状況で、日本の哨戒機を標的にレーダー照射を行なっていないことを主張し続けています。
日頃から「ケンカが絶えない」日韓両国だけに、またも面倒なことになってきていますね。

「ケンカするほど仲がいい」安倍政権も表向きには韓国に敵対的な態度を見せつつ、内部では統一教会を通じて”一心同体”)と言うべきか、その言いたいことをどんどん主張する「強気な態度」を米国やロシアにも見せて欲しいものだね。

なんだか両者の言い分が完全に平行線になっている様子だけど、韓国側の説明や田母神閣下(ごく稀に参考になるようなことを言う)の解説を聞く限り、これは、日本の自衛隊側が「嫌がらせ(敵対行為によるレーダー照射)を受けた」と勘違いした可能性があったんじゃないだろうか?
当初の主張に比べて日本側も少しトーンダウンしてきたようにも見えるし、こういう時こそ一旦冷静になって、状況を静かに見守っていくのがいいかもしれないね。

普通に考えれば、韓国側も日本の哨戒機だと分かっている限りは、「敵対行為」で意図的にレーダーを照射するというのは考えられづらいですし、日本側のマスメディアがことさらに韓国への敵対心を煽るような報道に徹している中、詳しい状況や事実関係をよりはっきりさせた上で、問題の解決を図っていく必要がありそうですね。

Pocket

 

 関連記事