【またウソ】安倍総理が勝手に北海道地震の死亡者数を水増しして発表!→後で菅官房長官が陳謝!各マスコミにも異様な見出しが…!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍総理が、北海道地震の死亡者数を勝手に水増しして発表、後に菅官房長官がこれを訂正、陳謝するという前代未聞の”異常事態”が発生した。

消防庁の発表によると、2018年9月7日午前6時15分の時点で「死者8人、心肺停止5人、重症3人」だったものの、その3時間後に安倍総理が自ら「今回の地震によりこれまでに16人の方が亡くなられ…」などとコメントし、各マスコミが「安倍総理が死者16人と発表」との不可思議な見出しの記事を配信。ところが、これが当時の情報として間違っていたことが発覚し、夕方の会見で菅官房長官が「死者は9人」と訂正し、陳謝した。

・災害対応を前面に出てやっている”演出”が過ぎるあまりに「スタンドプレー」に走り、挙げ句に大失態を犯してしまった安倍総理に、ネットで批判が集まっている。

↓ネットを騒然とさせた各マスコミの異様な見出しの報道の一部。

北海道の地震による死者16人に…首相が発表

安倍首相は7日午前、北海道胆振地方を震源とする地震に関する関係閣僚会議で、地震による死者が16人になったと明らかにした。

【読売新聞 2018.9.7.】

死者16人、安否不明26人に 北海道地震、首相発表

安倍晋三首相は7日午前、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震の被害について、16人が死亡し、厚真(あつま)町を中心に26人が安否不明だと発表した。道内のほぼ全域で発生した停電については、全体の半分の140万戸ですでに解消しているとした。地震に関する関係閣僚会議で明らかにした。

【朝日新聞 2018.9.7.】

安倍首相が「地震対策やってる」アピールで自ら死者数を発表するも、人数を倍の大間違い! 災害を政治利用する醜悪

いまだ安否がわからない人が多く、広範囲におよぶ停電の影響も心配される北海道地震。そんななか、今朝、新聞・通信社のネットニュースなどが、不可思議なタイトルを掲げて被害を伝えた。

〈死者16人、安否不明26人に 北海道地震、首相発表〉(朝日新聞デジタル)
〈北海道の地震による死者16人に…首相が発表〉(読売新聞)
〈北海道の地震 16人死亡 26人不明 安倍首相〉NHKニュース

これは今朝おこなわれた関係閣僚会議で、安倍首相が「今回の地震によりこれまでに16人の方が亡くなられ、多数の重軽傷者、家屋倒壊や土砂崩れを確認しております」と述べたため、こうしたタイトルになったようだが、それにしても首相が災害の死者数を公表し、それがタイトルになることは異例だ。

というのも、通常、死者や負傷者の数は、警察庁の発表や、被災した地域の警察や消防本部、自治体などへの取材によって判明した数字を新聞社がまとめたものを公表する。それが今回、安倍首相がどこも把握していない数字を公表したため、各メディアは「安倍首相が発表」と打ったのだ。

こうした見出しが躍れば、実際はどうであれ、安倍首相が地震対応に「全力で」当たっているということが印象付けられる。だからこそ、安倍首相は新たな数字を自ら発表したのだろう。

だが、じつはこの安倍首相の発表内容は、大きな間違いだった。実際、消防庁災害対策本部が今朝の6時15分に公表した「被害の状況」では、死者は8人、心肺停止が5人、重症3人。それが約3時間後におこなわれた閣僚会議で安倍首相の口から出た数字は死者が倍に跳ね上がっていたため、各社が一斉に「死者16人」と報じた。しかし、取材をしてもその数字の根拠がつかめない。事実、NHKは「16人死亡 安倍首相」と打ったあとも、NHK調べとして「死者8人、心肺停止8人」と伝えていた(12時4分配信)。

そして、夕方におこなわれた会見で、菅義偉官房長官が死者数を9人に訂正、安倍首相の発表した数字は、死者9人と心肺停止者7人をまとめて死者数として発表していたと陳謝したのだ。

つまり、自分がリーダーシップを発揮して地震対応に取り組んでいることをアピールするために最新の被害人数を閣僚会議で公表したものの、あろうことか心肺停止者まで死者にカウントするという、あってはならないミスをしでかしていた、というのである。

災害を、自分の「やってる感」演出のために利用すること自体が許しがたいが、その上、嘘の情報まで撒き散らし、混乱を招くとは……。絶句するほかないだろう。

~省略~

【リテラ 2018.9.7.】

安倍総理が「スタンドプレー」で自らの口から死者数を発表するも、これが(例によって)ウソだったことが判明!

出典:Twitter(@I_hate_camp)

一体どうなってんのよ、この事態はっ!!
なんで安倍総理が勝手に死亡者の数を水増しして、それをマスコミが必死に顔色を伺いながら(薄々ウソと知っていながら)一斉に垂れ流すような事態になっちゃったのよ!?

本当であれば、(地元消防からの情報など)精度の高い情報を持っているマスコミなら、「安倍総理が虚偽発表の疑い」との見出しで報じるべきだよね。
そもそも、総理大臣本人が自らの口から、(情報が錯綜している中で)リアルタイムでの災害の犠牲者数を発表するなんて、まるで聞いたことも無いような事態だ。

これらの話を総合すると、つまりは、(西日本豪雨から台風21号まで)安倍総理が災害対応のおざなりさについて今まで国民から多くの批判を受けてきたのを受けて、今回は最初から「全力で対応に当たっている感」を大々的に宣伝しようとしたものの、逆に自らの無能さといい加減さを露呈させてしまったということなんじゃないか。
常に予断を許さない緊迫した状況で、総理本人の口からデマを発するなんて、絶対にあってはいけない事態だし、一体どこまでダメな総理なんだろうか…

それにしても、(薄々ウソだと分かっていながら)「総理が発表」というエクスキューズを付けて、フェイクニュースにならないように懸命に配慮しながら報道するマスコミも酷いものだ。
こうした安倍政権の異様な内情を積極的に報じているのはリテラや日刊ゲンダイだけだし、つくづく、ここまで日本の国家がおかしくなってしまったのは、安倍政権による前例の無い「反知性化」日本政府の堕落と腐敗をきちんと報じないマスコミにあることを感じるよ。

菅長官は「安倍総理は、心肺停止も死亡者に含めて発表してしまった」って言っているけど、どうしてこんなおかしな間違いが発生しちゃうのよ!?
改めて、安倍政権が出す情報がいかに信用ならないのかがまざまざと浮かび上がっているし、この総理はどこまで行ってもデマしか発表しないってことがよく分かる事態だわ…。

おススメ記事&広告

 
Pocket