【冷血政府】安倍政権、国民に「2千万円の資産形成」求める!年金だけでは生活できないのを自ら認める!→国民から怒りの声が殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年6月3日、金融庁が「人生100年時代」に伴う資産形成を促す報告書を発表。現状の年金制度においては「年金のみで生活することは不可能」として、退職後、夫婦で2000万円ほどの資産が必要になるとの試算を示した。

・ネット上では、日本政府による「生きていくためには各自で2000万円を用意せよ」との内容の発表に対し、怒りの声が噴出。「2000万円も用意できるわけがない」「もう何も買うことが出来ない」など、切実な声が多く上がっている。

人生100年時代、2000万円が不足 金融庁が報告書

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

金融審議会で報告書をまとめ、高齢社会の資産形成や管理、それに対応した金融サービスのあり方などを盛り込んだ。

平均的な収入・支出の状況から年代ごとの金融資産の変化を推計。男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいた。これから20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足するとした。

~省略~

【日経新聞 2019.6.3.】

増税し、社会保障を削り、海外にカネをばらまき、米国から兵器を爆買いし、不要な米軍基地に湯水のように税金を注ぎつつ、「生きたかったら2000万円用意しろ」と国民に言い放つ安倍政権!

出典:テレ朝news

ついに、安倍政権が、ここまで露骨にその「冷血な本性」を見せてきたのねっ!!
庶民に向けて散々増税しつつ、社会保障も削って、私たちの「なけなしの富」を巻き上げてきた上で、その庶民の富を大企業やお金持ちに移転させてきたくせして、最後は「生きたかったら各自で2000万円用意しろ」なんて、一体どこまで薄情で人でなしなのよっ!!

いわゆる”普通の国”だったら、こんなことをしれっと政府が口にしたら、たちまち暴動が起こっているのではと思うけどね。
全ての国民の「最低限の生活」を保障する義務のある日本政府として、ちょっと考えられないような発表だし、ここまで政府側が堂々と「自己責任思想」をむき出しにしてきたことにも驚きだ。

ネット上でも指摘されているけど、(今頃になって)政府自らが「年金だけでは生きていけない」ことを堂々と認めた以上、本来であれば、現状の年金システムはもう廃止すべきだろうし、国民が少しでも多くの貯蓄が出来るよう、政府が全面的に国民をサポートしていくべきだろう。
今のこの状況で2000万円の資産形成が必要となれば、言うまでもなく、趣味や娯楽などに使うお金は全くなくなる上に、食費も今以上に切り詰めなければならないだろうし、こうなると、これまで以上に消費が本格的に滞り、大々的な経済不況が襲ってくることになる。
こんな状況で、10%の増税なんてやられてしまった暁には一体どうなるのか…?
詳しく説明しなくても分かるよね。

しかも、2000万円の資産を作るために「投資」を促しているのもかなり無責任な話だわっ!
一般庶民が投資で資産を増やすなんて、よっぽどのことがないと上手くいかないし、結局は1%のグローバル資産家の餌食になって、ますますお金が無くなっちゃうのがオチなんじゃないかしら!?

つまりは、ボクたち一般庶民を1%のグローバル資本勢力に奉仕する「奴隷」と見立てた上で、今回の試算や発表が行なわれたというわけだ。
安倍政権が続く限り、ボクたち一般庶民は永遠に「奴隷」としか扱われないし、言うまでもなく、庶民の「安心・安全で豊かな生活」なんて、「永遠に叶わない夢」ということだね。

これ以上、私たちが1%の奴らに「奴隷」扱いされるのはまっぴらゴメンだし、いい加減に、私たち日本国民も本気で「怒りの声」を上げて、この「真性国賊政権」に本格的にお灸を据えていく必要があるんじゃないかしら!?

一度きりしかない貴重な人生だからね。
もう少し「人間らしい生活」を求めて、庶民みんなで団結しながら声を上げていくのがいいんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事