■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】21年9月に一度立ち消えになっていた三浦瑠麗夫の家宅捜索!、青山まさゆき弁護士が知念実希人氏に”法的措置”を表明!、「Colabo騒動」の実態は「キリスト教系宗教抗争」か!

【ゆるねと通信】21年9月に一度立ち消えになっていた三浦瑠麗夫の家宅捜索!、青山まさゆき弁護士が知念実希人氏に”法的措置”を表明!、「Colabo騒動」の実態は「キリスト教系宗教抗争」か!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2023年1月24日号)

21年9月に一度立ち消えになっていた三浦瑠麗夫の家宅捜索!「瑠麗氏が警察の内部向け月刊誌で連載している上に、関係先での講演」が影響!?夫・清志氏は過去に国葬に反対する人々を揶揄する安倍サポコメント!

三浦瑠麗氏の落日…詐欺容疑で夫に告訴状 特捜部の自宅・職場ガサ入れ「この時期」のナゼ

~省略~

■21年9月にも家宅捜索の情報が駆けめぐる

本社を置くのは瑠麗氏が代表のシンクタンク「山猫総合研究所」と同じ永田町山王森ビル1階。三浦一家が暮らすのは、そこから車で数分の六本木ヒルズだ。

「21年9月ごろ、トライベイにガサが入ったとの情報が駆け巡った。ですが、事実関係は判然とせず、警視庁が動いたのか、大阪府警だったのか、結局分からずじまい。一方で、警察側がメタの告訴状受理に難色を示したとも聞く。というのも、瑠麗氏が警視庁の内部向け月刊誌『自警』に連載している上、警察庁の関係先で講演することもあったことから、メンツに関わるということのようでした」(金融関係者)

検察をも牛耳ろうとした安倍元首相は鬼籍に入った。特捜部に忖度する理由はないということなのか。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2023.1.21.】


出典:YouTube

三浦瑠麗氏の夫・清志氏が詐欺容疑で東京地検特捜部から家宅捜索を受けた件について、21年9月に一度ガサ入れの情報が出回っていたものの、これが”立ち消え”になっていたことが分かりました。
瑠麗氏が警察の内部向け月刊誌に連載を持っている上に、警視庁の関係先で講演を行なっていたらしいですし、まさか警察の中にまで彼女の影響力が及んでいたとは驚きです。

ネット上では、ここまでまるで中身のないトンチンカンな意見しか発しない彼女が日本の政官マスコミ界に多大な影響力を放ってきたことを不審に思う声が噴出しているけど、ボクはこれまで彼女について「極めて出来の悪いジャパンハンドラーのエージェント」であると疑ってきた
おまけに、これもまた東京五輪疑獄などと同じように、安倍元総理が消されたことで検察が本格的に動き出した可能性があるし、中でも夫の清志氏の上の安倍サポ発言はかなり強烈だ。

どうやら夫婦揃って安倍シンパだったみたいですね。
夫は元外務省で(グローバルエリート養成機関の一つである)マッキンゼー出身であることを考えても、これまでは(安倍サポ活動と引き換えに)非合法な行為が野放し状態にされてきたのかもしれませんし、これもまた「五輪疑獄」や「統一教会追及キャンペーン」と同じで、「安倍シンパ(エセ保守勢力)の一斉粛清」の一環なのかもしれませんね。

いよいよ三浦瑠麗氏の消費期限(ご主人様に切り捨てられる)が迫ってきたのかな?
瑠麗氏本人も突然(逃げるように)海外に出ていったり、朝生から姿を消すなど、意味深でいわくありげな動きを見せているけど、中村格氏岩田明子氏竹中平蔵氏、そして「虎ノ門ニュース軍団」らに続いて、この人もいよいよ表舞台から姿を消す時が近づいてきているのかもしれないね。

 

「ワクチン駆け込み寺」の鵜川理事が投稿した「死体検案書」を”偽造”と断定した作家の知念実希人氏に対し、青山まさゆき弁護士が”法的措置”を表明!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事