■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出た出た】「JOC幹部急死事件」を報じた文春に、山下会長が徹底恫喝!「事実と全く異なる。断じて許せない」!→ネット「『調査中・詳細不明』と言いながら『事実と全く異なる』と?」

【出た出た】「JOC幹部急死事件」を報じた文春に、山下会長が徹底恫喝!「事実と全く異なる。断じて許せない」!→ネット「『調査中・詳細不明』と言いながら『事実と全く異なる』と?」
Pocket

どんなにゅーす?

JOCの森谷靖経理部長が都営浅草線のホームで電車に飛び込み急死した事件について、週刊文春が「JOC経理部長”五輪裏金”と補助金不正」とのタイトルで、「この件について外部に漏らさないように」との女性幹部の発言などを報じたことに対し、JOC山下泰裕会長が「事実と全く異なる。大きく歪曲して書かれている。断じて許せない行為であると思っている」などと激怒。「何かを隠していると国民に思わせるような。悪意に満ちている」などとして、文春に抗議文を出すことを明らかにした。

・JOC山下会長の大々的なメディア恫喝に対し、ネット上では批判の声が噴出。「調査中」「事実関係を確認中」などと詳細を伏せている一方で、「事実と大きく異なる」などと文春を脅しているJOCに、疑問の声が多く上がっている。

JOC幹部急死「文春報道」に抗議 山下会長「事実と違う。何かを隠していると思わせるような」

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(64)は10日、都内で取材に応じ、JOC経理部長の男性(52)が電車にはねられて死亡した件に言及。10日発売の週刊文春の報道に対して「事実とは違う。歪曲して書かれている」と話し、同日中にも抗議文を出すことを示した。

~省略~

冒頭で女性幹部が職員を集めて「この件については外部に漏らさないように」と指示したと記されているが、山下会長は「事実と全く異なる。大きく歪曲して書かれている。断じて許せない行為であると思っている」と憤慨。具体的には「何かを隠していると国民に思わせるような。悪意に満ちている」と話し、不正の事実を隠蔽しているかのような書き方に対して異議を唱えた。

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2021.6.10.】

JOC山下会長「奥さんも娘さんも自殺だと思っていない」 経理部長死亡

~省略~

山下会長は「事前に文春から問い合わせがあって、広報から『全然話が違う』と連絡があった」といい「ご遺族への配慮を最優先にしてあたっていこうと。マスコミへの対応は一元化したいから、そこはみんなも理解して欲しいとと言ったのが、文春では全然違った形で(掲載された)」と怒りを口にした。

経理部長と親しかった職員が、遺族と連絡を取り合っている。「奥さんも娘さんも自殺だと思っていない。警察の判断に対しては不満を持っていると。飛び込んだとほとんどの記事がなっているが、私たちが聞いた話は違う。頭が当たったと。飛び込んでいない」と説明した。

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2021.6.10.】

「調査中・詳細を把握していない」としつつも「事実と大きく異なる、断じて許せない」と文春を徹底恫喝するJOC山下会長に、ますます疑いの声が殺到!

出典:Wikipedia

↓Yahoo!ニュースのコメント欄にも、山下会長の「矛盾した行動」に突っ込みの声が殺到。

出典:Yahoo!ニュース(東スポweb)

週刊文春がJOC幹部の”謎の急死”に関して報じたところ、早速JOC山下会長が文春に”徹底恫喝”を行ないました。
私たちも、「なぜこんなことになったのか全く分からない」などと強調しつつ森谷さんの急死に悲しんでいる様子を見せながらも、徹底的に真相を究明する様子もみせなければ、記者会見で状況説明を行なう様子も見られないJOCに不可解さや不信感を唱えてまいりましたが、山下会長による常軌を逸した「メディア恫喝」によって、ますますその怪しさが増してきましたね

どうやら、「遺族のことを最大限配慮する」とのお題目を掲げながら、文春に限らず、マスコミ全てに「これ以上詳しいことを報じるな」と、徹底的に牽制・恫喝しつつ情報統制する動きが始まったみたいだね。
全てが「あまりにも予想していた通りの動き」だけど…そもそも、文春がこんなにも重大な出来事(JOCはもちろん、IOCや菅政権、その他の五輪スポンサー企業も全力隠蔽したい案件)について、まるっきりのウソを報じるはずがないし、かなり念入りな裏取りと状況証拠を集めたうえで報じているのは想像するまでもない。

山下会長の大きく矛盾した行動は、この事件において「壮大な闇や腐敗が介在している」ことをますます自らで示してしまっているし、「自殺」というファクターがあるとますます国民が強い疑いを持っては森友事件を連想する人も続出することから、「間違って電車に当たった=不慮の事故死」ということにして、全ての真相を闇に葬るシナリオが動き出したようにみえるね。

事実、(本来であれば大手マスコミが連日大きく報じては、JOCが会見を開いて国民に説明すべき事態にもかかわらず)JOCや菅政権、そしてスポンサー企業などの圧力が効いて、大手マスコミが一斉に続報をストップさせてしまった様子が見られますし、まさに、徹底した情報統制や隠蔽・改ざん・嘘まみれの「ブラック国家」の中で私たちが生きていることを改めて痛感します。

ほんと、いよいよ中国とも大差ないほどに、情報統制や権力層にとって不都合な事実の隠蔽がますます過激になってきたね。
とにかくも、(招致の時点から「大ウソスピーチ」や「巨額のワイロ」など、まさに腐敗のオンパレードだったけど)「東京五輪の開催」によって、一体どれだけこの国が本格的に腐ってしまったのか?
多くの日本国民が改めて認識する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事