■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】「自身の権力固めのため」に東京五輪開催に固執する菅総理!、武漢研究所で「証拠隠滅工作疑惑」が浮上!WHOも隠蔽に協力か!、ワクチン普及政策に伴い「ワクチン宝くじ」を実施→希望者殺到!

【ゆるねと通信】「自身の権力固めのため」に東京五輪開催に固執する菅総理!、武漢研究所で「証拠隠滅工作疑惑」が浮上!WHOも隠蔽に協力か!、ワクチン普及政策に伴い「ワクチン宝くじ」を実施→希望者殺到!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年5月30日号)

「自身の権力固めのため」に東京五輪開催に固執する菅総理!自身の選挙とも五輪が密接に兼ね合い!

 菅首相 五輪に強いこだわり「政治生命懸かっている」…開幕1カ月前解除、衆院選へ

政府は28日、新型コロナウイルス緊急事態宣言の再延長の期限を、東京五輪開会式の約1カ月前となる6月20日に設定した。政府は感染対策と五輪は無関係と説明するが、菅義偉首相は五輪に強いこだわりを見せている。

~省略~

◆「国内の人流止めないと…」
首相が五輪にこだわるのは「開催に自分の政治生命が懸かっている」(自民党中堅)からだと見る向きが多い。自民党内では、ワクチン接種で感染リスクを減らし、宣言を解除して開催にこぎ着ける。成功を政権浮揚につなげ、秋までに行われる衆院選に臨む―とのシナリオがささやかれる。

~省略~

政府提案の期限延長を了承した28日の基本的対処方針分科会の会合後、メンバーの釜萢敏・日本医師会常任理事は記者団に「国内の人流が大きく動かない形でないと、開催は難しい」と語った。

【東京新聞 2021.5.29.】


出典:Twitter(@sugawitter)

国民の健康や命もそっちのけの上に「自身の選挙や権力固めのため」に東京五輪の強行開催にこだわってるなんて…まったくどこまでも腐りきった日本の菅政権だわっ!!

もっと言えば、現在の政治は「1%の上級国民・特権階級・グローバル大企業ファースト」であるうえに、国民生活や生命は完全にないがしろにされており、中でも、東京五輪で莫大な利益を手にすることになる、これらのグローバル大企業や投資家を大いに喜ばせるために、菅総理はここまで東京五輪の強行に固執しているということだ。
さらに具合が悪いのは、政権幹部の中において「なんだかんだで東京五輪を強行すれば日本国民は喜び、最終率に支持率が上がって選挙にも勝てる」と踏んでいる向きが多いことであり、ただでさえ、庶民の生活や健康を軽視しているどころか国民を徹底的にバカにしていることだ。

怖いのは、こうした連中の予想や悪だくみの狙いが見事に当たってしまう可能性もあるかもしれないってことだし、これらの目論見がまんまとうまくいってしまった時点で、いよいよ日本は本当に終わってしまうわ…!!

一部では、小池都知事が頃合いを見計らって「ちゃぶ台返し」のパフォーマンスを炸裂させるのではといった情報も出ているし、この記事においても「ヤバいフラグ」が次々と立ってきていることを述べたけど…ただ、(さまざまな要素が複合的かつ複雑に絡んでいる以上)本当に東京五輪は開催されるのか、まだまだ何が起こるのか分からない「予断を許さない情勢」が続いていきそうだ。
したがって、菅総理の思惑通りに事が進んでいくのかは未知数だし、この先1か月くらいの間に何かどデカいことが起こる可能性もあるので、引き続き警戒を強めて国内外の動きをウォッチしていくとしよう。
 

「ウイルスのサンプル数千点を破壊」…武漢研究所で「証拠隠滅工作疑惑」が浮上!→WHOが隠蔽に全面協力した疑いも!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事