■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】高須院長の会見に突っ込みの嵐!、菅総理長男は「本当の意味での”パパ活”」!、「愛知不正リコール」故人8千人の名前までが署名簿に!

【ゆるねと通信】高須院長の会見に突っ込みの嵐!、菅総理長男は「本当の意味での”パパ活”」!、「愛知不正リコール」故人8千人の名前までが署名簿に!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信2020年2月24日号)

「僕はこんなけち臭いことはやらない」「もしやるならもっと大掛かりにやります」と息巻く高須院長に、ネット上で突っ込みの嵐!




出典:Twitter(@yanbarugurashi)

高須院長の会見に突っ込みの嵐が沸き起こっているわ。
みんなが言ってるように、確かに、今回の大規模不正署名は「誰もがアッと驚くような、とっても大掛かりな手口」だったと思うわ。

ほんと、ボクもまさかこんなことが行なわれていたなんて全く思いもよらなかったし、大量のバイトと大金を投じて「かなり大掛かりな不正工作」を行なっていたことが判明したね。
ボク自身も、不正が取り沙汰されるようになった当初は「こんなにも稚拙ですぐにバレるような不正をいくらなんでも当事者側が行なうはずがない」と思っていたけど、返す返すも、こんなにもお粗末で大胆不敵な不正工作を行なった上で、臆面もなく大量の偽造署名を選管に提出していたこと自体が信じられないし、これを思いついて指示した人間は、「恐るべき反知性と反社会性の持ち主」としか言いようがない。

今のところは、田中事務局長・高須院長・河村市長ともに容疑者の一人となっている上に、全員が共犯である疑いも晴れていないけど、いずれにしても、こうした歴然とした事実がある以上、お三方とも重大な社会責任を取るべきなのは言うまでもない。
本来であれば、潔く事実を認めたうえで、3人揃って真摯に謝罪会見を開くべきだと思うけど、この期に及んで全員が「被害者アピール全開」で責任のなすりつけ合いに徹しているのだから、もうどうしようもないね。

これから警察がいよいよ本格的に実態解明に動いていくでしょうし、そう遠くない未来に「誰が一番ウソをついているのか(最大の黒幕)」が明らかになるんじゃないかしら?

 

菅総理長男は「本当の意味での”パパ活”」(=パパを活用)!正剛氏が(安倍政権下での昭恵夫人と並ぶ)「菅政権のスター」に!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事