【ゆるねと通信】山口敬之氏がOKWaveと偽名契約で月80万円の”ゴージャスバイト”、小池都知事「緊急事態宣言延長」の原因・責任を市民に転嫁、自らの利益のために日本を破壊し尽くす守銭奴たち…

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信2020年5月6日号)

あの山口敬之氏が、OKWaveと”偽名契約”で月80万円の”ゴージャスバイト”!

「安倍首相のお友達」山口敬之氏、有名企業から偽名で月80万円

「昨年の5月ごろ、取締役会で突然、兼元謙任会長(53)が『“山口さん”を顧問にしたい』と言いだしたんです。当然、役員全員に反対されました」

そう明かすのは、日本最大級のQ&Aサイトを運営する株式会社オウケイウェイヴの幹部社員だ。“山口さん”とは、元TBSワシントン支局長で、ジャーナリストの山口敬之氏(53)のこと。

~省略~

幹部社員が続ける。

「それだけなら会長の突飛な思いつきで終わる話ですが、2カ月後に、なんと会社が山口氏と “業務委託契約” を結んでいたことがわかったのです。しかもその契約は、山口氏の本名ではなく、“山口尊之” や “山口尊行” という偽名で結ばれていました」

下の画像は、2019年7月から2020年2月にかけての山口氏への業務委託費の支払いが記されたオウケイウェイヴ社の内部資料だ。「実費請求分」を合わせると、月平均で80万円以上ものお金が山口氏に渡っていることがわかる。

気になるのは業務委託の内容だ。世界的外資系IT企業・X社の名前が記され、「X社製品の営業支援」という名目で業務委託費が支払われているが、「山口氏が営業に関わっていると聞いたことはありません」(幹部社員)という。

さらに、X社に問い合わせると、「弊社の製品や販売活動に対して、山口氏からサポートを提供されていることを聞いたことも、知らされたこともありません」と、いっさいの関係を否定した。

こうした報酬の支払いに問題はないのか。企業法務に詳しい堀晴美弁護士が語る。

「偽名が使用されているなど、契約に不備があることを会社側が承知のうえで報酬を払っているなら、善管注意義務違反で、株主から訴訟を起こされる可能性があります。そもそも、虚偽の名目で対外的に活動すれば、重大なトラブルの発生が懸念されます」

~省略~

【Yahoo!ニュース(SmartFLASH) 2020.5.4.】


出典:Amazon

久しぶりにメディアに名前が登場した山口敬之さんだけど、またまた何ともいかがわしい話が出てきたわね。
ていうか、以前にも別の企業で「権利収入まがい」のオイシイお小遣い稼ぎをしていたみたいだけど、さすが、安倍総理と秘書官のような関係を持つ山口さんは「上級国民中の上級国民」ね。

いやあ、「安倍総理と一心同体の関係」というだけで、ほとんど何もしなくても年収1000万円近くものお金がもらえちゃうんだからね。
だからこそ、(彼に限らず多くの人々が)自らの魂を”悪魔”に売り渡しては、多くの国民を死に追いやってでも「安倍サポ活動」を必死に続けてしまうわけだ。
ちなみに、「OKWave」とは、「Yahoo!知恵袋」のような、一般の人からの質問を誰かが答えてあげる「Q&A形式のコミュニティサイト」などを運営している会社であり、創業者で会長の兼元謙任(かねもとかねとう)氏は、子供の時にいじめに遭った経験などを明かしている元在日韓国人3世(小学生の時に帰化)とのこと。

子どもの頃にいじめに遭ったことで「強いものにくっつくことで自らを護ったり出世する術」を覚えてしまったのかもしれないけど、「政権とのパイプを期待する」といった理由だけで、周りの役員の猛反対を押し切り、偽名まで使って山口氏を”特別待遇”で迎えてしまうという行動は、さすがに感心できない

山口氏が詩織さんに性的暴行をしたことについて司法機関も公式に認定している中で、このような「不当な厚遇」で山口氏を迎え入れるようなことがまかり通るようになれば、ますます、犯罪を犯してでも「安倍サポ」に突き進む人間が続出していく上に、文字通り、手段を選ばないアクロバット擁護やデマの流布などの、「安倍サポ軍団」による反社会的な行為がますますエスカレートしていく

ほんと、単純に言えば、「安倍友・安倍サポ軍団」は、どんな凶悪犯罪をおかしてもお咎めなしどころか、極端な話、人を殺しても不労所得で一生ウハウハ…みたいな世の中になってしまうわね。
(ていうか、すでに、そうなりかかっている感じだわ)

まあ、これを俗にいう「田布施システム」とか「長州特権」などというんだけどね。
とにかく、こんな安倍政権が反永久的に日本を支配し続ける時点で、日本の破滅と崩壊が約束されているようなもんだし、まっとうな社会通念を持つ本当の愛国者であれば、一日も早くに、この史上最悪の「売国・壊国軍団」を権力の座から一掃させるべく、出来る限りのことをやるべきだろう。

 

小池都知事「緊急事態宣言延長」の原因・責任を市民に転嫁!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket