東京新聞がアベノミクスで貧富が拡大していることを報道!富裕層はますます力を増し、貧困層はことごとく無視され、殺される社会へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・東京新聞が、アベノミクスによって、日本社会の中で貧富の格差(富裕層への富の集中とエリート層と労働者層との収入格差)が拡大したことを報じている。

スポンサーリンク

「富の集中」日本も 資産の2割が2%の富裕層に

二〇一五年に一億円以上の金融資産を持っていた富裕層の世帯数は「アベノミクス」が始まる前の一一年に比べ、四十万世帯(50・2%)増えたことが野村総合研究所の調査で分かった。これに伴い富裕層への資産の「集中率」もこの間に約3%上昇。全体の二割の資産をわずか2%程度の世帯が持つ実態が浮かび上がった。米国では上位約3%の富裕層が全体の半分を超す資産を持つが、日本でも富の集中が加速している。 (池井戸聡)
高額報酬の役員と従業員との収入格差も拡大傾向で、今春闘は、こうした動きに歯止めをかける従業員の賃上げがどこまで進むかが焦点になる。
野村総研の試算では、一五年に一億円以上の資産があった富裕層は百二十一万七千世帯に増加した。株価上昇で保有株に含み益が出たり、売却で利益を得た人が増えたのが主な要因。一六年前半は「富裕層の増加率は停滞した」(野村総研の良本真基(りょうもとまさき)氏)が、トランプ米大統領への期待で株価が上がり、再び富の集中が進む傾向にあるという。

【東京新聞 2017.2.16.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貧富の格差拡大・「金こそ全て」の社会こそ、民主主義の終焉・共産主義の夜明けを意味する

りのちゃん困り2ssa東京新聞が、日本でもアメリカのような貧富の拡大が着実に起こっていることを報じています。
やはり、このサイトでも繰り返し書いてきたように、アベノミクスこそが、日本の貧富の格差を拡大させ、貧困層の力を徹底的に奪うための「詐欺政策」だったことが証明された形かと思います。

管理人吉田照美氏もラジオ番組でこの東京新聞の記事を紹介してくれていたけど、まさに、安倍政権が根っからのグローバリズム政権であることがまた一つ浮き彫りになったね。

上の記事によると、今までまあまあお金持ちだった人たちは、アベノミクスによってより大きく富が膨らみ、いわゆる金融資産1億円以上の「大金持ち」が40万世帯も増えた一方で、逆に下の方を見てみると、非正規雇用が40%以上に達し、彼らの平均年収はほとんどが200万円以下という、食費や家賃、光熱費を払うので精一杯、恋愛も結婚も子育てもできないような人達が大量に増えてきているのが現状だ。

また、若者の大多数は将来を悲観的に見ており、このニュースによると、若者の「心の幸福度」の調査において、世界的に見ても日本は最低レベルだったらしいし、日本全体の雰囲気としては景気はどんどん停滞し、庶民の間で絶望感や閉塞感が広がりつつある状況だろう。

だけど、こうした貧富の格差が広がり、強者と弱者の間に大きな力の隔たりが生じてくるようになると、強者の声「ばかり」が表に目立つようになってくるのも確かだ。
アベノミクスのお陰で株が上がり、大手や公務員の給与が上がり、これらのお陰でより富むことが出来た人は、アベノミクスや安倍政権を熱烈に支持するのは当たり前だろうし、彼らはネット上でも一生懸命安倍政権を称えては、安倍総理に反対する庶民の声を妨害したり、脅すなどして政権批判の声を封じ込めようとするだろう。

今の日本は、マスメディアも安倍政権に手厚い寿司接待で取り込まれてしまっているし、これらがアベノミクスの恩恵を受けた富裕層と結びついた上で、庶民の苦しい声や怒りの声、安倍政権にとって不都合な情報などを徹底的に封じ込める方向に動いている

貧困層は、資金力も生命力も行動力も、富裕層と比べて圧倒的に劣っているために、一生懸命声を上げようとしても、「強いもの」たちにその声をかき消され、社会から無視、抹消され、人知れず強いストレスを抱き、うつになったり、自殺や自傷行為、非生産的なストレス解消に向かっていく

これこそが、アベノミクスの本質であり、今の日本で起こっていること
そして、こういう世の中こそが「グローバリズム」というものがもたらす世界なんだよ。

りのちゃん怒りssaつまり、貧富の格差を極限まで広げるグローバリズムは、実質、民主主義を徹底的に破壊させ、1%の巨大な富を持つ富裕層による完全なる独裁・共産主義社会をもたらすということですね。
そして、すでにそうした世界が日本でも着実に起こっているということですし、だからこそ、安倍政権は今でも圧倒的な力を持っているということですね。

管理人すでに、民主主義の体裁を取りながらも、日本が民主主義の形が完全に壊れているのは、最近のマスコミを見ていても明らかだ。
なんせ、安倍晋三記念小学校の巨大疑獄一向にテレビで取り上げられる気配もないし、これも安倍政権がただひたすら富裕層の方を向き、彼らをより富ませるような政策(=弱者をより弱くする政策)をやっているからこそ、こうした事態を引き起こしてしまっているんだよ。

りのちゃん怒りssaアメリカでも、これと全く同じことが起こってしまっていますよね。
そして日本も、半周遅れでアメリカと全く同じ道をトレースしているような感じがします。

管理人その通り。だからこそ、アメリカでも、多くの貧困層が支持したトランプが徹底的に叩かれ、富裕層から愛されていたオバマが徹底的に賛辞されているってことだ。
社会弱者の貧困層によるトランプ支持者の声は全くメディアから聞こえてこないし、彼らの声を圧殺した上で、富裕層・セレブによるトランプ批判が「世論の声」として毎日テレビで報じられているありさまだ。

日本もこれと全く同じで、だからこそ、毎日の生活に苦しんでいる貧困層の人々が本当に求めているニュースは全く報道されないし、例えばテレビで報道される世論調査だって、「強いもの」たちの意向が多分に反映されているものであることを疑わないとならない

こうしたことからもよく分かると思うけど、グローバリズムこそ、1%に99%が徹底的にいたぶられ、管理・監視・支配される最凶の独裁世界であり、すでに日本は、アベノミクスなどのグローバリズム政策によって、完全に民主主義も終わってしまっているんだよ。

りのちゃん困り3ssa本当に恐ろしいことが現在進行形で起こっていることが実感されます
トランプさんがこれにくさびを打つべく、反グローバリズム政策を打ち出していますが、これも巨大なグローバリズムの圧力の前に、やや危なくなってきている感じもしますね。

管理人うむ…(確かに色々問題はあるとは思うけど)今の貧富の格差や安倍政権のやり方に反対しているのであれば、少なくともトランプの政策は認めるべきなんだけどね…。

このままでは、またまたグローバリズムの大波が世界中で息を吹き返し、まさに、弱者は徹底的に搾取され、殺されるような、本当に恐ろしい世界がいよいよ到来してしまいそうだよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA