【話題の人】「官僚の答弁朗読宣言」で批判殺到の江崎沖縄北方担当相が、日米地位協定について異例の言及!「少し見直さないと」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月7日、江崎鉄磨沖縄北方担当相が、米軍機オスプレイの墜落事故に関する一連の状況を受けて、日米地位協定の見直しに言及した。

・江崎大臣は「操縦ミスだったか、機体が好ましくないのか、返事をいただきたい」としつつ、「時間がかかってでも、沖縄県民の気持ちを政府がしっかり受け止めながら、米国には言うべきことは言いながら(見直すべき)、という考えを持っている」と発言し、安倍政権の大臣としてはかつてなかったほどの異例の発言を行なった。

スポンサーリンク

江崎沖北相「日米地位協定、見直さないと」異例の言及

江崎鉄磨・沖縄北方相は8日午前の閣議後の記者会見で、豪州沖で米軍オスプレイが墜落した事故に関連し、「日米地位協定は少し見直さないと」と語った。日本政府は日米同盟の根幹となる同協定の見直し方針は掲げておらず、閣僚が地位協定見直しに言及するのは異例。「閣内不一致」との批判を招く可能性もある。

江崎氏は会見で、過去の米軍機事故に触れ、「操縦ミスだったか、機体が好ましくないのか、返事をいただきたい」と述べつつ、「地位協定は直すところは直すという交渉に(するべきだ)」と主張。「時間がかかってでも、沖縄県民の気持ちを政府がしっかり受け止めながら、米国には言うべきことは言いながら(見直すべきだ)、という考えを持っている」と述べた。

【朝日新聞 2017.8.7.】

出典:TBS News
スポンサーリンク

スポンサーリンク

就任当初から話題をかっさらっている江崎大臣がまたまた異例の爆弾発言!

江崎大臣って、あの「官僚の答弁を朗読する」ってぶっちゃけちゃったあの人でしょ!?
そんな江崎さんが今度はこんな発言をしたのっ!?

なんだか、次から次へと一人で話題になりまくっちゃって、すっかり「お騒がせ大臣」のイメージを私たちに植え付けているわねっ!

この言葉をそのまま受け取ると、全面的に同意するくらいのとても素晴らしい発言なんだけど、果たして前回の失言を挽回するために国民の人気取りを意識したものなのか、それとも自身の思想信条から出てきたものなのか、今の時点では何とも判断しにくいね。

どちらにしても、恐らく大マスコミは(鳩山元総理のケースと同じように)これも大々的な批判の材料にしていくはずなので(すでにその兆候は見えている)、ますます安倍政権にとって逆風が強くなってくる可能性が高まってきたともいえそうだ。

まだこの大臣のキャラクターがはっきり見えてこないけど、良くも悪くもあまりに素直で世間知らずの部分があり、人を騙すための嘘をつくことが得意な安倍一派とは対照的な人物みたいだ。

安倍一派とはやや異なる二階派に所属している上に、本人が全く乗り気でなかった中でしつこく説得されたことで渋々就任を引き受けた経緯がある以上、すぐに辞任させづらい部分があるし、今後色々な意味で安倍政権を引っ掻き回していく「キーマン」になっていく可能性がありそうだ。
(どちらにしても、今回の発言そのものについては評価してもいいんじゃないかな。)

ほんとに、見たところかなりの無鉄砲で自由奔放な人よねっ!
この後、安倍総理や菅長官なんかに呼び出されてたっぷり絞られちゃうのかしら?

どっちにしても、この江崎さん、「嵐を呼ぶ大臣」だと言えそうだわ!

今後はどんな爆弾やぶっちゃけ発言が飛び出すのか?
場合によっては安倍政権を終了させてくれる「救世主」になってくれる可能性もあるだけに、今後も江崎氏には是非とも「我が道を突っ走ってほしい」ところだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket