柳瀬元首相秘書官、愛媛県・今治市・加計関係者との面会の事実を認める方針を固める!数多くの物証から否定し続けるのは「難しい」と判断!

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年4月2日に愛媛県・今治市・加計関係者と面会した疑惑が高まっている柳瀬唯夫元首相秘書官が、「記憶の限り有り得ない」などと否定してきた姿勢を一転して、面会の事実を認める方針を固めた。

・柳瀬氏が「首相案件」と発言したとされる文書をはじめ、数多くの物証が出ている中で、これ以上否定し続けるのは困難と判断したためだという。野党は、柳瀬氏が面会の事実をかたくなに隠蔽したがってきた理由など、徹底追及を行なう方針。

加計問題
柳瀬氏、面会認める意向 国会答弁へ

学校法人「加計学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)は、2015年4月2日に同学園関係者と首相官邸で会ったことを認める意向を固めた。面会をうかがわせる文書が愛媛県や農林水産省などで見つかり、否定し続けるのは難しいと判断した。与野党が国会招致で合意すれば、答弁で説明する。自民党幹部が明らかにした。

~省略~

立憲民主党など野党6党は柳瀬氏の証人喚問を要求し、参考人招致にとどめたい与党と駆け引きが続いている。いずれの方法にせよ国会招致は避けられない状況になり、安倍晋三首相は4月26日、衆院予算委員会で「柳瀬氏は国会に呼ばれれば、しっかりと誠実にお答えする。知っていることをすべて明らかにしてもらいたい」と答弁した。

柳瀬氏は、面会の有無が国会で問題になった昨年7月、職員らと会った可能性を周辺に認めていたことが明らかになっている。名刺交換しなかったため、記憶がないという。

自民党幹部は1日、柳瀬氏の4月10日のコメントを踏まえ「愛媛県や今治市の職員は加計学園関係者の後ろにいたから、記憶に残っていないのだろう。学園関係者との面会を認めても、うそをついたことにはならない」と述べ、従来の説明との整合性はとれるという見方を示した。

【毎日新聞 2018.5.2.】

言い逃れできないほどの物証が出てきたことで、ようやく面会の事実を認める方針を固めた柳瀬氏!それでも「従来との整合性はとれる(国民を騙すことは可能)」と踏む安倍政権の幹部!

出典:Twitter(@akhila7)

どうやら、ようやく柳瀬元秘書官が、15年4月の面会の事実を認める方針を固めたみたいねっ!
こんな簡単な事実関係を認めるまで、こんなにも長い時間をかけて…その上にここまで「記憶が無い」なんて見え透いた嘘をずっとつき続けたせいで、こんなにも国会や国政を大混乱させておいて…一体な~にを考えているのよっ!!

柳瀬氏は、昨年に国会追及を受けた当時に、周囲だけには面会の事実を認めるような発言をしていたことが明らかになっており、「記憶に無い」との主張そのものもウソであることがほぼ確実となっている。

あおいちゃんの言うとおり、「記憶に無い」と悪質なウソをつきながら、ここまで国会を大混乱に陥れた責任は重大だし、これだけでも、柳瀬氏が当時に仕えていた安倍総理は即刻辞任に値するほどの事態なのは言うまでもないけど、なんと、これでも安倍政権の幹部は「この状況でも(おバカな)国民を騙し、逃げ切るのは十分可能」と踏んでいるようだ。

この稀代の”国賊政権”は、一体どこまで国民を馬鹿にすれば気が済むのよっっ!!
この状況ですらも何の責任も取らずに逃げ切ってしまったら、いよいよ日本の国家システムは完全に終了だし、私たち国民も、いよいよ名実ともに完全な「真性奴隷」になってしまうわっ!

なんせ、日経新聞の世論調査では64%もの国民が野党の審議拒否に否定的な考えを持っているとの結果が出てしまっているからね。
このデータが本当なのであれば、日本国民がことごとく安倍政権に馬鹿にされきってしまうのも仕方ない部分があるし、もしこうした意識を持ってしまっている国民がいるのだとしたら、いかに自分自身が”相当に深い洗脳”にかかってしまっており、「自分で自分の首を絞めてしまっている」のかを認識した方がいいだろう。

いずれにしても、ここまで「記憶の限り会ってなどいない」などと”二重の大嘘”をつき、国会の審議を停止させてでもこの事実をひた隠しにしたがっていたというのは、よほど国民に後ろ暗い部分があったというのは確実であり、野党は徹底的にこの一件と加計疑獄の全容を解明する必要があるのは言うまでも無い。

そして日本国民は、こんな柳瀬氏を重用し、加計案件を思い通りに「ごり押し」させていた安倍総理の責任を徹底的に追及し、ここまで国政や国家・税金を私物化し、大混乱に陥れた責任とともに一日も早くに総理をクビにさせる必要があるね。

Pocket

 

 関連記事