【読売スクープ】官邸での”愛媛&今治&加計面会”に出席した人物が「柳瀬氏が『首相案件』と発言していた」と証言!面会の事実についても「間違いない」

Pocket

どんなにゅーす?

柳瀬元首相秘書官が「記憶の限り有り得ない」と否定していた、2015年4月の首相官邸で行なわれた愛媛県・今治市・加計学園関係者の面会について、出席した関係者が面会の事実について「間違いない」と証言したことを、読売新聞が報じた。

・その上で関係者は、柳瀬氏が「首相案件である」と発言していたことも事実であると認めており、柳瀬氏の主張が虚偽であることが確定的となっている。

「首相案件、柳瀬氏が発言」面会の1人が証言

学校法人「加計かけ学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設を巡り、県や市の職員らが2015年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)と面会したとする記録文書に関連し、出席者の一人が読売新聞の取材に、柳瀬氏との面会について「間違いない」と証言し、柳瀬氏から「首相案件」との言葉があったことも認めた。

柳瀬氏は10日に「記憶の限りでは会っていない」とするコメントを出している。

この出席者によると、15年4月2日に首相官邸で行われた面会には、県と今治市の職員、加計学園の職員らが参加。県職員が作成した記録文書の通り、柳瀬氏から「首相案件」との発言があったとし、「どういう意図でその言葉を使ったかは推し量りかねるが、(獣医学部新設に)前向きだと受け止めた」と語った。柳瀬氏が面会を認めていないことについては、「述べる立場にはない」と話すにとどめた。

【読売新聞 2018.4.12.】

ついに読売新聞が”アベ切り”を開始!安倍総理が「熟読するように」と全幅の信頼を寄せていた読売にも裏切られ、落城寸前の安倍政権!

ええええっ!?
あ、あの安倍総理とあそこまで一心同体だった読売新聞がまさかの、破壊力抜群の「加計スクープ」を報道しているわっ!!
これはいよいよ、安倍政権の終焉の時が本格的に迫ってきたということかしら!?

読売新聞といえば、安倍官邸と一体となって、加計疑獄を告発した前川氏を潰すためのでっち上げスキャンダルまで報じたゴリゴリの「安倍トモメディア」だけど、こうした認識は実際にはあまり正しくなく、正確に言えば「ワシントン(CIA)と直結したプロパガンダ機関」ということになる。

つまり、”CIAのお膳立て”によって誕生した安倍政権は、いよいよ”CIAのお膳立て”によって潰される寸前になってきたということだ。
それだけ、トランプ政権の誕生に伴う近年の世界情勢の急激な変化によって、安倍政権が完全に”用済み”になったということだろうし、読売がここまで強力なスクープを出した時点で、安倍政権の命運がいよいよ決定づけられたと見るのがいいんじゃないかな?

ようやく、安倍政権の腐りきった内情がマスコミによって報じられるようになってきたけど、全く、遅すぎるわ!
ここまで行政をメチャクチャに歪めまくっていた実態も表に出てこないまま、選挙にも大勝していた事実も恐ろしすぎるし、あくまで大手のマスコミも、権力構造の変化やグローバリストの意向や誘導によってこれらの安倍スキャンダルを次々報じ始めたってことなのね…。

どちらにしても、戦後かつてないまでに増長し、独裁化してきていた安倍政権の終わりが見えてきたことは朗報といえるので、これを機に、徹底的に内部の腐敗や不正をあぶり出して、しかるべき責任をしっかりと取らせていくこととしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket