■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【謀略失敗】「勝手踏切横断で書類送検」共産・山添議員に応援の声が続出!「#山添拓の味方ですが何か」「#山添拓撮り鉄大写真展開催希望」のハッシュタグも!

【謀略失敗】「勝手踏切横断で書類送検」共産・山添議員に応援の声が続出!「#山添拓の味方ですが何か」「#山添拓撮り鉄大写真展開催希望」のハッシュタグも!
Pocket

どんなにゅーす?

・衆院選挙間際のタイミングで、およそ1年前に地元住民が作った「勝手踏切」を横断した容疑で書類送検された、共産・山添拓議員を応援する声が相次いでいる

・Twitter上では「#山添拓の味方ですが何か」「#山添拓撮り鉄大写真展開催希望」のハッシュタグとともに、山添氏による安倍・菅政権の不正や腐敗を厳しく追及するこれまでの国会での活躍などを紹介するツイートが広がっており、菅政権と公安・警察による「野党潰しの謀略」がかえって裏目に出る形になっている。

菅政権&公安警察による「野党潰し工作」が完全に裏目に!「勝手踏切を横断しただけで書類送検」の山添氏に応援の声が続出!

出典:日本共産党参議院議員 山添拓

これは、菅政権&公安警察はとんだ”ヘマ”をやらかしてしまったわね。
衆院選間近のタイミングを狙って、山添拓議員による「勝手踏切横断の件」を書類送検し、大手マスコミに大きく報道させたものの、かえって、山添議員に同情する声や応援する声が続出している上に、図らずも、今の日本政府の腐りきった現状を自ら露呈させる形になってしまったわ。

ほんと。もし山添議員を書類送検するのなら、一緒に勝手踏切を渡っていた多くの鉄道ファンや地元の住民も書類送検しないとおかしいし、さらにおかしいのは、民主主義国家の根幹を大々的に破壊することに繋がる、公文書改ざんや重大な公選法違反など、数々の重大な犯罪をおかした安倍前総理については、ろくな捜査が全く行なわれず、1000人レベルの集団告発によってようやく特捜が捜査をするも、これも「やってるフリ」だけで家宅捜索すらやらずにすぐに終了してしまったことだ。
この他にも、(数々の物証から)裁判所で性的暴行の事実が認められた安倍トモ・山口敬之氏の逮捕を「政治的な理由」で中止させた警察官僚(中村格氏)が、何の処罰も無しに警視庁トップまで大出世したり、特に、長州テロリスト一族などをはじめとした特権階級自民議員は、どんな重大な犯罪を犯しても何のお咎めもなしに、権力の中枢に延々と居座っている有様だ。

より冷静になってこの実情を見つめただけでも、この国がすでに救いようがないほどに腐ってしまっていることがよくわかるし、今回の山添議員の書類送検によって、ますますこの今の日本の「恐ろしい実態」が鮮明に浮かび上がったわね。

ボクは、人の顔相からその人の性格や本心を読み取ることにある程度の自信を持っているけど、山添議員は非常に真面目で責任感が強い性格がうかがえるし、「権力の腐敗を厳しく追及し、これをただす」といった強い使命感を持って真摯に政治活動に取り組んでいるようにみえる。
(特に、山添議員による「桜疑獄」の追及では安倍氏がこれまでなかったほどにしどろもどろになってたし、そんな過去の国会追及で”恨み”を持ってる安倍氏が、中村格氏らに「山添を潰せ」などと指示を出したんじゃないだろうね。)

公安が日頃から徹底的に監視したり、自民党が手段を選ばずに潰そうとしているのをみても、国民にとっては非常に重要で優秀な議員であることを感じるし、こうした腐敗した権力による汚い謀略に引っ掛からずに、次の選挙では地に足の着いた投票行動を行なう必要があるだろう。

とにかくも、今回の一件を通じて、自民党は来る衆院選で大きく議席を減らすことを非常に恐れていることがよく分かったし、安倍前総理をなんとしても逮捕にまで漕ぎ着けさせるように、日本国民は「最低限の民主主義システムを取り戻すための投票行動」を起こしていく必要がありそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事