【凄すぎ】山本太郎氏、「比例3位」での立候補を表明!自ら落選してでも船後氏・木村氏を国会へ送り込む作戦!まさかの「捨て身戦術」にネットも騒然!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月3日、れいわ新選組」の山本太郎議員が「比例特定枠」の制度を使って比例3位で出馬することを発表。1位には介護サービス会社副社長の船後靖彦氏を、全国公的介護保障要求者組合・書記長などを務める木村英子氏を2位にすることを明らかにした。

3位の山本太郎議員が当選するには、およそ320万~350万票が必要とされており、自らが落選してでも、現場や当事者の過酷さを知る「社会弱者候補者」を国会に優先的に送り込む戦略に出た山本太郎議員に対して、多くの驚きの声が上がっている。

山本太郎氏は比例で出馬、れいわは比例特定枠を使用

~省略~

今回、れいわ新選組は、東京選挙区で立候補者を立てつつ、比例区特定枠を使う。そして難病のALSの当事者で全身まひギタリストとして活動する、介護サービス事業の株式会社アース副社長の舩後靖彦氏(61)を1位、脳性まひで重度障害がある、全国公的介護保障要求者組合・書記長などを務める木村英子氏(54)を2位として、山本代表は3位となる。

山本代表は「山本が議員で居続けるためには、2人を上げたうえで自分も票を獲得しないといけない。私が、このような動きをしているのは自分の議席を守るためじゃない。6年前の1議席を獲得できたのは市民のお力。同じように勝ち取る1議席で良いのか? 納得できない。より議席を獲得できる市民の力を示す必要があると思う」と訴えた。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.7.3.】

【参院選】山本太郎、決死の特攻出馬 自らの議席と引き換えに虐げられた者の解放目指す

この男は自分が国会議員の議席を失っても、虐げられた人々を解放する政治を実現させるつもりだ。

~省略~

特定枠の2人(木村氏、ふなご氏)が優先的に当選するため、山本太郎が国会議員を続けるには、れいわ新選組から比例区で3人以上を当選させなければならない。

それには330~350万票が必要となる。全国的な組織のない れいわ新選組 が、 それだけのメガ票を獲るのは、至難の業である。

「凄まじい勢いで国家の破壊が進んでいる。当事者を国会に送り込むのは喫緊の課題」。山本は常に力説する。

~省略~

山本が比例で当選し、れいわ新選組が5議席を獲得すれば、れいわは法的に政党として認知される。

NHKが嫌がっても日曜討論にれいわを出さざるを得ない。党首討論にも出席できる。

政党助成金が得られ、活動資金も潤う。革命が一歩進むのだ。

だが山本が落選するようなことになれば、虐げられた人々は一筋の光を失う。

【田中龍作ジャーナル 2019.7.3.】

自らの議席を失ってでも、「社会弱者候補者」を国会に送り込む戦略を決断!山本太郎議員の「捨て身の作戦」にネット上も話題沸騰!


出典:YouTube

えっえええええっ!?
山本太郎さんが比例3位で出馬ですってぇ!?
こ、これじゃあ、かなりの票を集められない限り、山本太郎さんが落選してしまう危機じゃないのよぉ!

にゃにゃ~~~っ!!
太郎ちゃんが国会からいなくなっちゃうにゃんてっ…そんなの、絶対に嫌にゃあ~~っ!!

これはまた驚きましたね…!
さすがは太郎さんという感じですが…かなりリスキーな戦略に出てきました。

いやはや、自らの保身を完全にかなぐり捨てたうえで、本物の「社会弱者候補者」を国会に優先的に送り込む作戦に出てきたか。
本当に「とんでもない男」だし、こんなこと、普通じゃなかなか出来るもんじゃない。

でも、お陰でボク自身も参院選でどのような投票をするか決まったし、ネット上でも同じような声がたくさん上がっている。
そういう意味では、山本太郎議員に期待していた有権者の結束力をより固めることに繋がった上に、恐らく、「何となく良さそうな気がするけど、どうなんだろう…」といった心境だった有権者の心も大きく動かしただろう。
それに、山本太郎議員が東京選挙区から出ないことによって、当落線上にいた野党候補者が当選できる可能性がいくらか高まったし、そういう意味では、他野党に対しての配慮も見られる。

320万~350万票という票数はかなりハードル高いけど、もし山本太郎議員が落選した場合は、彼自身、次期衆院選に出馬することを見据えているはずだし、とにかく、この山本太郎議員による「強烈なメッセージ」に対して、ボクたちも全力で応えていくことにしよう。

そっか!太郎ちゃんが落選しても、衆院選挙で復活できるチャンスがまだ残っているんだにゃ!
とにかく、今回の選挙をたくさん盛り上げて、太郎ちゃんの仲間たちを全力応援するにゃ!!

ほんとに、太郎さんってば、いっつも私たちの予想を完全に上回る「スゴイこと」をやってくるわね…。
次の選挙、当選出来るかちょっと心配だけど…とにかく私たちは、やれるだけのことをやっていくだけよねっ!

はい。
なかなかシビアな戦いになっていくかと思いますが、これを機に、より庶民の結束力を高めて、れいわ新選組と他野党の躍進のために頑張っていきましょう!

Pocket