■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【どうしようもねぇやつら】山際氏のコロナ対策本部長就任の”怪奇人事”は甘利前幹事長の意向!?甘利氏もまた統一教会と繋がりも「教団のイベントに参加したつもりない」と苦しい言い訳!

【どうしようもねぇやつら】山際氏のコロナ対策本部長就任の”怪奇人事”は甘利前幹事長の意向!?甘利氏もまた統一教会と繋がりも「教団のイベントに参加したつもりない」と苦しい言い訳!
Pocket

どんなにゅーす?

・自らがひた隠しにしてきた統一教会との深い繋がりが発覚し経済再生相を辞任した後、すぐにコロナ対策本部長に就任した山際大志郎氏に批判が噴出する中、この”怪奇人事”の背後に甘利前幹事長の意向が介在していたことが報じられた。

山際氏と同じく甘利氏も統一教会のイベントに参加していた内情が発覚しており、国民の声を無視し迷走を続ける岸田総理にも怒りの声が集まっている。

自民「山際コロナ対策本部長」“不手際人事”のなぜ…チラつく「政治の師」甘利明氏の影

~省略~

なぜ、国民の怒りの火に油を注ぐ人事を行ったのか。

「甘利前幹事長の意向が働いたともっぱらです。山際さんにとって甘利さんは『政治の師』。甘利さんにとっても山際さんは直系の子分のひとりです。一緒に石原派(現・森山派)を飛び出して、麻生派に移籍しています。そもそも山際さんを経済再生相に強く推したのも、甘利さんだと言われています。コロナ対策本部長の役職にプッシュすることで、甘利さん自身が少しでも影響力を残そうとしたと考えれば、不思議ではありません」(永田町関係者)

~省略~

山際前経済再生相の厚顔無恥ぶりも相当だが、問題人事を了承した岸田首相の“ズレっぷり”を不安視する声も党内から上がっている。

「自民党内の論理からすれば、大臣経験者に何らかの肩書を与えて処遇するのは自然なことだし、コロナ対策本部長といっても、特別な権限があるわけじゃない。岸田総理やその周辺にしてみれば、『山際本部長』は問題視するような人事ではなかったのでしょう。しかし、『永田町の常識は世間の非常識』と言われるように、世間の受け止め方は違う。その意味で、総理は相当ズレている。良い例が、長男・翔太郎氏の首相秘書官への起用です。総理周辺も長男起用にオカシイと思わなかったというから、岸田さんは自身が世間とズレていることすら理解していないのではないか」(自民党関係者)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2022.11.5.】

甘利氏「教団の宗務イベントに参加したつもりない」 旧統一教会巡り

~省略~

「(教団側からの)電報依頼を含めて全て断わってきたが、一般人が参加する会とのことで、国会審議中の政策を説明するのは国会議員の義務でもあると受けた」。教団の関連団体の会合で講演した経緯についてこう説明するのは、党前幹事長の甘利明衆院議員(13区、比例)だ。甘利氏の事務所によると、2022年4月に地元信者から、経済安全保障について講演依頼があったという。

~省略~

【毎日新聞 2022.9.10.】

甘利氏を「政治の師」とあおぐ山際氏!「記憶がない」などの”国民の欺き方”もよく教わったか?

出典:Twitter(@Akira_Amari)

一体どこまで自民党は国民のことを舐めているのかしら!?
ほぼすべての国民が呆気にとられた山際氏のコロナ対策本部長就任について、その背後にあの甘利氏の意向が介在していた疑いが浮上してきたわ!!

自らと統一教会との深い繋がりをひた隠しにしながら内閣改造で大臣留任に成功した山際氏について、「相当にゲスで汚い男だ」と思っていたら、なるほど、口利きワイロで逮捕されるはずだったあの甘利氏を「政治の師」としてあおいでいたのか。

●過去参考記事:
逮捕確実に見えた甘利氏の捜査を潰した黒川弘務官房長が事務次官に大出世!もはや日本の「法の平等」は屍同然!

甘利氏は、(どこからどうみても)当時に逮捕されるのは確実だったものの、その直前で甘利氏のお友達の安倍元総理が水面下で動き、安倍トモ黒川弘務元検事長に指示を出して逮捕が中止になったことで、今でもなお政治屋を続けることが出来ているという「きっての悪運の持ち主」だ。
しかし、その後に小選挙区で落選して以降、すっかり鳴りを潜めるようになっていたけど、まさか、今でもここまで腐った権力を発揮し続けていたとは驚きだ。

甘利氏といえば、逮捕直前の頃に「一週間以内に自らの記憶の確認をする」との噴飯物のアホ発言をしたことを忘れてはいけないけど(その後に「睡眠障害」を理由に逃亡)、なるほどね!
山際氏もこうした甘利氏の手口をお手本にしながら、「記憶がない」などと国民を欺くウソをつき続けてきたってわけね!!

「嘘つき大王」といえば安倍元総理を置いて他にいないけど、ご覧のように、安倍元総理のお友達や自民党自体が「嘘つきペテン集団」であり、なおかつ、日本を再起不能なまでに破壊しようとしている「真性売国テロ集団」そのものだ。
岸田総理も当初は「国民の話をよく聞く」としきりにPRしていたものの、実際は「党内やジャパンハンドラーの話を誰よりもよく聞く」きっての売国宰相であり、岸田氏もまた国民の財産や生命をグローバル支配層に本気で売り飛ばそうとしている大ウソつき男だ。

日本国民が人並みの生活を送るためには、真性的な国家破壊集団である自民党を再生不能なまでに解体に追い込むしか方法はないし、日本国民を徹底的に騙し社会をここまで荒廃させた売国政治屋連中全員を政界から追い出す他にないわ!

その通りだ。
自民党を解党に追い込む以外に統一教会による政界汚染を浄化させることも不可能だし、こうした極めて腐った内情が浮かび上がってきた以上、まずは山際氏や甘利氏を辞職に追い込むべく、最大限の抗議の声を上げていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事