■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【真性悪徳政治屋】”後だしジャンケン壺大臣”の山際経済再生相、ついに韓鶴子総裁との会合まで発覚!新潮では「大幹部と深く通じる信者が選挙スタッフとして参加」との報道も!

【真性悪徳政治屋】”後だしジャンケン壺大臣”の山際経済再生相、ついに韓鶴子総裁との会合まで発覚!新潮では「大幹部と深く通じる信者が選挙スタッフとして参加」との報道も!
Pocket

どんなにゅーす?

・内閣改造後に次々と統一教会との繋がりが発覚している山際経済再生相に、2018年の教団関連イベントで韓鶴子総裁と会っていた事実が発覚した。

山際大臣は自ら公表しなかった理由について「“記憶”はあったが“記録”が残っていなかった」と釈明。一部メディアからは「大幹部と通じる信者が選挙スタッフとして参加していた」との報道も飛び出しており、教団との深い繋がりをひた隠しにしながら大臣を続けてきた山際氏に対して、辞任を求める声が強まっている。

山際氏、教団トップと面会 旧統一教会主催の会合

山際大志郎経済再生担当相は3日の閣議後記者会見で、2018年に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が主催した会合に出席した際、教団トップの韓鶴子総裁と会ったことを明らかにした。教団側がウェブサイトに掲載していた写真と、自身の記憶が合致したと説明。

~省略~

山際氏は18年の会合に出席したことはこれまでも認めているが、この日の会見では、教団トップとの対面を初めて明かした。教団側とは「ニュートラルに付き合ってきた」とし、他のイベントにも「出席した可能性はあると思う」とした。

【共同通信 2022.10.3.】

出典:テレ朝news

山際大臣、選挙スタッフに統一教会信者が…「証拠写真」を入手 教会大幹部の運転手を務めた過去も

~省略~

山際大臣はこれまで、統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との関係や関連する会合への出席を指摘され、そのたびに会見で人ごとのように追認する、ということを繰り返し、「更迭第1号になる」と目されている。そんな中、さらに統一教会との関係を裏付ける新情報が。

「10年ほど前から、統一教会の信者が山際さんの選挙スタッフに入り込んでいました。特に熱心だったのが現在50代半ばの男性です」

と語るのは、事情を知る地元政界関係者。仮にその男性を田中氏とする。

「田中さんは選挙のたびに事務所に出入りし、山際さんが辻立ちする時のビラ配りなどをやっていました。それこそ昨年の選挙の時も熱心に活動されていた。山際さんの選挙区である川崎市高津区に一軒家を構えていたこともあり、選対事務所に自転車で通っていた。ただ、安倍元総理が銃撃された7月以降、支援者の電話にまったく出なくなり、行方知れずになってしまったのです」(同)

山際大臣は自民党による統一教会との関係に関する調査で「選挙におけるボランティア支援」「選挙支援の依頼」の項目での申告がない。だが、2014年12月の選挙前には山際大臣自身がフェイスブックで「チームやまぎわ」の一員として田中氏と共に写る写真を紹介している(本誌の取材後に削除)。これは「選挙支援」以外の何ものでもないだろう。

大幹部の運転手

さらに、この田中氏はただの信者ではない。本誌が入手した警視庁公安部の極秘捜査資料には、田中氏に関する記述があるのだ。そこには大要こうある。

〈田中(原文では本名)は1998年5月、澤田拓也が統一教会の街宣を行うために世田谷警察署に申請を提出したときの運転手である〉

この「澤田拓也」とは、安倍元総理が殺害された直後の7月11日、都内のホテルで統一教会が会見を開いた際、壇上の田中富広日本教会会長の隣に座っていた澤田拓也総務局長のことだ。田中氏は統一教会の大幹部の運転手を務めるほどの人物だったのだ。

~省略~

【デイリー新潮 2022.10.5.】

(本人がひた隠しするのと裏腹に)次々と反日朝鮮カルトとの接点が浮かび上がっている山際大臣!さらに「政治とカネの疑惑」までもが噴出!

山際大志郎大臣に再び大臣規範違反が発覚 ペット関連企業株を報告せず

山際大志郎経済再生相(54)が、ペット関連企業の保有株式を昨年発表した閣僚の資産公開資料に記載せず、大臣規範に違反していることが「週刊文春」の取材でわかった。

~省略~

さらに、山際氏を巡っては、不動産関連会社「21世紀株式会社」(160株)と、動物病院を運営する「有限会社オルカ」(3000株)の保有株式について、閣僚の資産公開資料に記載していなかったことが発覚し、訂正している。
今回、新たに資産公開資料に記載していなかったことが判明したのは、「オルカ」と同様に、動物病院を運営する「有限会社くじら」の保有株式30株だ。

~省略~

【文春オンライン 2022.10.4.】

山際大臣の「税金着服」疑惑に新情報 3千万円以上が“疑惑”の秘書の会社に還流

~省略~

教団に関する疑惑をひた隠しにしているのが山際大臣である。本誌は山際事務所の私設秘書が統一教会との窓口になっており、地元の複数の信者が事務所に出入りしている実態を報じてきた。

また、山際大臣が代表を務める自民党神奈川県第18選挙区支部と地元事務所が入居する川崎市内の3階建てマンションは、前述の私設秘書を代表とする21世紀株式会社なる会社の所有となっており、その会社に支部から月44万円という、相場を20万円以上も上回る高額な家賃を支払っていた。その原資は政党交付金。つまり税金を秘書の会社に還流させて、着服した疑いすらあったのだ。

3千万円以上が…

その山際大臣は16日の会見にて、外部からの問い合わせで保有する株式が資産報告から漏れていたことが判明したと、しどろもどろな様子で、突如明かした。

~省略~

「かねて『21世紀』の株主は山際さんで、あのマンションの実質所有者も彼だとささやかれてきたのです」(地元政界関係者)

21世紀株式会社の発行株数は160株なので、山際大臣が同社の株を100%持つオーナーであることを認めたわけだ。

山際大臣は“税金着服”を否定するも、過去の政党支部の政治資金収支報告書を見ると、“身内”である同社へ多額の支出をしていることが分かる。例えば2013年には「HPメンテナンス」などの名目で約120万円、翌年には「宣伝広告費」などで約240万円。その後は「家賃」として年間500万円以上。すなわち、少なくとも10年近くにわたり3千万円以上が山際氏の会社に還流していることになるのだ。

神戸学院大学の上脇博之教授によれば、

「相場を上回る家賃が選挙区内の企業に支払われているなら、公選法で禁じられている『寄付』を行っていることになります。しかも、その企業は私設秘書が代表で山際さん自身が全株を保有している。配当がなくても、秘書と結託して公金を私物化しているといえるでしょう」

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー新潮) 2022.9.26.】

もはや、安倍元総理と肩を並べるほどの「天下の大ウソつき」だわっ!!
山際大臣自らが統一教会関連イベントに出席しては、韓鶴子総裁とも会っていただけでなく、複数の教団信者が事務所に出入りしては、大幹部に通じる人物までもが選挙スタッフとして参加していたことまでもが発覚したわ!

反日朝鮮カルトとここまでズブズブである上に、政治とカネの疑惑まで噴出してきたし、まさに「国民の敵」といってもいいくらいの極めて反社会的で危険な人物と言わざるを得ない。
これまで教団との関係を国民にひた隠しにしてきた理由について、 「それがどこだったかわからないという状況で話すのは不正確なので、話さなかった」などとアホなことをぬかしているけど、要は、この教団が極めて危険な反日カルトであることを最初からよく知っていたものの、今後も大臣の椅子に座り続けて甘い汁を吸い続けたかったがために、教団との関係をひた隠しにしながら内閣改造においてもちゃっかりと留任することに成功したということだ。

新潮が報じた上の「税金着服疑惑」の内容をみても、自らの利に敏くて非常によく悪知恵が働く人物みたいですし、まさに絵に描いたような悪徳売国政治屋だわ!!

こんな「今だけカネだけ自分だけ」の質の悪い人物を経済再生相に抜擢し、内閣改造で留任までさせた岸田総理についても重大な任命責任を追及すべきだし、(山際氏や萩生田氏を筆頭に)内閣改造後に反日朝鮮カルトとの濃密な関係がどんどんバレてきている閣僚や重役を咎めることもなくそのまま放置し続けているのをみても、岸田総理自身も真剣に対処する気がゼロなのが丸分かりだ。

やっぱり、自民党にクリーンでまっとうな政治を求めること自体が根本的に間違っているということですし、反日カルトと政治とのかかわりを完全に絶つためには、自民党そのものを解体するしか方法がないわ!

まったくだ。
こんな自民党が戦後日本の政治権力に居座り続けていれば、そりゃ日本はここまで堕落して貧しくなってしまうわけだし、こんな真性的な売国国賊集団である自民党に票を入れ続けてきたことで日本をここまで腐らせてしまった有権者自身も真に猛省しつつ、今すぐに「愚民化奴隷思考」から脱却しまっとうな思考と意識を取り戻さないとならないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事