■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【早すぎ】「ワクチンパスポート」の新システム、7月をめどに導入へ!→(各国で反対運動が沸き起こっている中)国内での飲食店利用やイベント入場などに必要になる可能性も…!

【早すぎ】「ワクチンパスポート」の新システム、7月をめどに導入へ!→(各国で反対運動が沸き起こっている中)国内での飲食店利用やイベント入場などに必要になる可能性も…!
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナワクチンの接種を証明する新システム「ワクチンパスポート」について、菅政権が21年7月をめどに導入する方針で調整を進めていることが報じられた。

・当面、パスポート(旅券)を持っている国民を対象に紙の書面で発行する方針を明らかにしているものの、この先デジタル化を進めていくことは確実なうえに、いずれは国内での飲食店の利用やイベントの入場などにも必要になる可能性があり、ネット上で強い危機感を唱える声が上がっている。

接種を証明「ワクチンパスポート」 7月めどに導入で調整 政府

~省略~

ワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」はEU=ヨーロッパ連合で導入の検討が進んでいて、日本でも経済界などから海外に渡航する人を対象に早期に導入すべきだという声が上がっています。

これについて政府は7月中旬から下旬をめどに導入する方向で調整を進めていて、これまでに制度の内容を固めました。
それによりますと、ワクチンパスポートは当面、海外への渡航に必要なパスポート=旅券を持っている人を対象にワクチン接種の実務を担う市区町村が接種の記録をもとに紙の書面で発行するとしています。

そして書面には氏名や国籍、旅券の番号のほか、ワクチンを接種した日付などを記載するとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.6.17.】

直実に進む、新型コロナ危機を通じた「デジタル奴隷社会の構築」!世界の市民が危険性に気づき出した中、菅政権は(異常なまでに迅速に)ワクチンパスポート導入の準備に着手!

ほんっとに、菅政権って、ロクでもないこと(日本国民を窮地に追い込むこと)に限って「異常なまでのスピード感と着実な実行力」で準備を進めるのねっ!!
世界中の人々がワクチンパスポートの危険性に気が付き始めて、本格的な反対運動を始めている中で、まさか、こんなに早くにワクチンパスポートの実現に向けて動き出すとは思わなかったわっ!!

(ワクチンを接種しても感染が思うように減っていないことなどから)ワクチンパスポートがEUなどで本格導入される前に各地で大規模な反対運動が起こったことが救いだし、とにかく、このまま各国で導入が見送りになることを願うばかりだ。
しかし、世界の主要国でワクチンパスポートのシステムが(幸い)お蔵入りになったとしても、このまま日本でワクチンパスポートが導入されてしまうと、これは、もっぱら日本国内で使うためのワクチン接種証明システムになるだろうし、こうなると、いよいよ、飲食店の利用やイベントや劇場などに入場する際に、これがないと入ることができないという、ボクたちにとっては”最悪の事態”に見舞われる恐れがある。

すでに、日本国内でワクチン非接種者に対する職場での差別や排除などが実際に起こってしまっているみたいだけど、まずは、多くの人々の間に刷り込まれている「ワクチンさえ打てば新型コロナに感染することはない」といった完全に間違った認識を取り払わないといけないし、加えて、ワクチンパスポートのシステムは、マイナンバーなどとも緊密に紐づけられた上で、1%の権力層が主導している「史上最悪のデジタル奴隷監視システム」に着実に組み込まれていくことを認識しないといけないだろう。

ついこの前には、(これも「最悪レベルの国民監視システム」である)土地規制法案が強行可決させられてしまったけど、私たちが少しでも油断してると追いつけなくなってしまうほどに菅政権の「最悪の売国行為」が次々と止まらなくなってるし、うかうかしてると、あっという間に取り返しがつかないような事態に見舞われてしまうわっ!!

ほんと、この「ワクチンパスポート」も驚くほどのスピード感で実現させられそうになっているし、(これまでも自民政権による違憲行為が横行しつつあった中で)新型コロナ危機の勃発によって、すでに日本国憲法がほとんど「骨抜き状態」にされてしまっている現実について、もっとよく認識する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事