■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ワクチン中毒】(2回接種でも感染爆発受け)日本政府も「3回目のワクチン接種」を進める方針固める!イスラエルでは「4回目の接種」に向けて準備!

【ワクチン中毒】(2回接種でも感染爆発受け)日本政府も「3回目のワクチン接種」を進める方針固める!イスラエルでは「4回目の接種」に向けて準備!
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機において、国民の半数以上が2回のワクチン接種を済ませたにもかかわらず思うように感染が抑制されていない上に、さらなる変異株が続々と登場している中、日本政府が3回目の接種(ブースター接種)を行なう方針を固めたという。

・また、イスラエルでは、3回目の接種が進んでいるにもかかわらず感染爆発が全く止まらないことから、4回目の接種を準備しているといい、早くも世界中で「ワクチン中毒」のような状態に陥り始めている。

コロナワクチン 3回目の接種行う方針固める 厚生労働省

~省略~

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスのワクチンは、時間がたつと効果が低下することが国内外で報告され、イスラエルやフランスなどがすでに追加で3回目の接種を行っているほか、アメリカも今月から追加接種を始めることを検討しています。

関係者によりますと、厚生労働省は国内で承認しているファイザーとモデルナ、それにアストラゼネカのワクチンについて、いずれも追加接種を行う方針を固め、17日に専門家でつくる分科会に諮ることにしています。

対象はアメリカなどと同じく2回目の接種を終えて8か月以上たった人にする方針です。

追加接種をめぐっては、WHO=世界保健機関が途上国などでの接種を進めるため、年末までは控えるよう呼びかけているほか、国内で2回目の接種が終わらないうちに始めると自治体が混乱するおそれもあることから、開始する時期は改めて検討します。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.9.17.】

3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

<ブースター接種が1回で不十分だとすれば、いったい何回打てば感染を防げるのか、ワクチンは万能薬ではないのか、世界も近く問題に直面する>

新型コロナウイルスのワクチン接種で世界の先陣を切ったイスラエルは、ワクチンの効果を持続させるブースター接種(3回目の接種)にもいち早く着手した。それにもかかわらず今、感染者が急増している。

9月14日には新たな感染者数が1万730人、直近7日間の平均は1万1027人だ。

~省略~

イスラエル政府のコロナ対策の最高責任者サルマン・ザルカによると、9月13日の新規感染者1万556人の半数は未成年者だ。

~省略~

今月に入りザルカは4回目のワクチン接種に向けて準備を進める考えを示した。

「ウイルスが存在し、今後も存在し続ける以上、4回目の接種にも備える必要がある」と、ザルカは9月4日、公共ラジオの取材に応えて語ったが、実施時期は明らかにしなかった。

ザルカによれば、4回目の接種では、感染力が強いデルタ株など新たな変異株に対応した改変型のワクチンを使う予定だ。今後も新たな変異株が次々に出現し、感染拡大の「波が繰り返される」と見られるため、定期的なブースター接種が「ニューノーマルになる」と、ザルカは予告する。イスラエル保健省は、今の第4波を乗り越えても、第5波は必ず起きるとの前提で準備を進めているという。

~省略~

【Newsweek 2021.9.16.】

「2回の接種でコロナ危機は終わる」との言説は一体どこに…!?(グローバリストによる壮大な詐欺)すでに世界は「3回接種」から「4回接種」へ!

「2回の接種でコロナ危機は終わる」という言説は一体どこに行ってしまったのでしょうか
気が付けば、日本を含む世界各国がすでに「3回目の接種」に着手している上に、「3回接種でも感染爆発中」のイスラエルでは、「4回目の接種」に向けて準備を進める方針のようです。

一体、多くの人々は、何回接種すれば「グローバリストによる壮大な詐欺だった」ことに気が付くのだろうか?
このままいけば(市民が世界的に抗議運動を起こさなければ)、「5回・6回…」とどんどんと増えていき、最後は(毎年10回などの)真性的な「ワクチン中毒患者」にされてしまうし、動物実験においては「7~8回繰り返すと半分近くが死亡する」との結果もあるといわれる中で、ワクチン接種を大量に行なった多くの人が早死にすることで、(古くから人口削減の必要性を唱えてきた)グローバリストにとっては非常に都合がいい展開になっていくかもしれないね。

とにかくも、簡単に言えば、すでに世界の多くの人々が「グローバリストによる詐欺」にまんまと引っ掛かってしまった状態であり、今の時点でかなり強い危機感を持って反対運動を起こしていかないと、ほどなくして本格的な「ワクチン中毒患者」にさせられてしまい、製薬会社が「深刻な健康被害が起こっても一切補償しない」と明言している”トンデモワクチン(兵器)”によって、想像しないほどの重大な健康被害が多く発生し、世界中で大量の市民が死亡するという事態も大いにあり得るだろう。

「新型コロナ危機」とは、グローバル資本勢力にとっての、ワクチンによって半永久的に巨額の儲けを生み出すことが出来る「世界規模の凶悪な詐欺ビジネス」であると同時に、効率よく「人口削減アジェンダ」を実行できる、前代未聞の「ステルスウイルステロ」であるということですね。
改めて、グローバリストの狂気のカルト性に戦慄を禁じ得ませんが、これらの(天文学的な資産を持つと言われる)悪辣な巨大資本家に先進国政府や(私利私欲にまみれた)政治屋、大手マスコミが完全に支配されてしまっている以上、私たちが本格的に抵抗しない限り、彼らによるコロナ危機を通じた「人口削減アジェンダ」は確実に実行されてしまうでしょう。

ボク自身は、新型コロナ危機が発生した当初から、グローバル資本勢力が仕掛けた”ステルスバイオテロ”であることを疑っていたけど、全てがあまりにも想像していた通りに事が進んでいるし、これでもなお「詐欺に引っ掛かってしまっている」ことに全く気が付かないのだとしたら、ちょっと手の施しようがないのではないだろうか。
「新型コロナ感染爆発」「ワクチンキャンペーン」そして「ワクチンパスポート」まで、全てが「人口削減」と「グローバル共産主義社会(デジタル奴隷監視社会)」実現のために、あらかじめ綿密に計画されていたものだったことがますます露呈しているし、完全な「ワクチン中毒(デジタル使い捨て奴隷)」にさせられる前に、どうにかしてこの流れを止める必要(そして、真に科学的・論理的な感染抑止策を実行させる必要)があるのではないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事