【恐怖】集英社の漫画「東京核撃」監修の高田純氏がヤバすぎ!日本会議北海道本部理事を務め、異様な「愛国カルト思想」全開!幸福の科学とも深い関係!

Pocket

どんなにゅーす?

集英社のグランドジャンプで連載が開始された漫画作品「東京核撃」を監修している高田純氏の過去の発言やバックグランドが「怖すぎる」とネット上で話題に。

高田純氏は「理学博士」の肩書きで札幌医科大学教授を務めているものの、放射線への主張や日本の歴史観や思想などで、一般の論理や認識を大きく逸脱しており、安倍政権と一心同体の宗教結社・日本会議の北海道本部の理事を務めていることが判明。

・さらには、日本会議と関わりを持つ新興宗教「幸福の科学」とも深い関係があったことが分かり、「危険なカルト思想を作品を通じて国民に布教しようとしているのでは?」と集英社にも批判が殺到する事態となっている。

↓問題の漫画「東京核撃」。

平穏な日常を突如切り裂いたJアラートの警報音。容赦なく飛来する核ミサイル攻撃に脅かされた東京の人々に、生き残る術はあるのか…?
世界情勢緊迫の時代に問う、核災害サバイバルコミック!!

【集英社 グランドジャンプ公式サイト】

↓高田純氏の仰天のカルト系ツイートの一部。

↓幸福の科学系のYouTube動画や雑誌に登場し、「放射線は身体にいい」と自説を披露。

出典:YouTube

出典:Twitter(@hotaka_tsukada)

↓アパグループの論文でも最優秀位を受賞。

出典:アパグループ

アパ、幸福の科学、日本会議と密接な、ゴリゴリのカルト学者高田純氏が、集英社の漫画作品で危険な「愛国カルト(安倍&ネオコン軍産礼賛)思想」を布教か!

この期に及んで、またまた安倍礼賛の危険なネオコンカルト集団が「最後の暴れっぷり」を見せているみたいね。
アパやら幸福の科学やら、日本会議の幹部やら、「放射線は身体にいい」やら…この人、もうグランドスラムのてんこ盛り状態ね。

ニュース女子の「沖縄ヘイト特集」においても、幸福の科学の関係者が複数登場して悪質なデマや扇動を行なっていたことは当サイトでも何度も紹介してきたけど、こりゃまたまた、とんでもないキャラの安倍シンパカルトが登場で、ボクもちょっと頭がクラクラしてきたよ…。
おまけに、こんなぶっ飛んだカルトが監修した漫画作品が、幸福の科学出版ではなく何と集英社から出されたというのだから、話は相当に深刻だ。

これは言ってみれば、当初からボクが危惧していた通りの展開であり、すでに安倍政権と密着しているカルト宗教勢力が本格的にマスメディアや出版業界に入り込み、危険な「カルト思想」を不特定多数の国民に向かって布教し始めているということになるだろう。

特に幸福の科学は、福島の現地にも潜入した上で、地元の住民たちに「放射能は怖くない」「むしろ身体にいい」などと布教している動きが見られ、これについては2年前の下記の記事で当サイトでも問題視しているよ。

●当サイト過去記事:【狂ってる】福島高校の「スーパーサイエンス部」の部員が福島第一原発を視察!子どもを”実験”に利用する政府と「カルト宗教」たち

どうも、幸福の科学や日本会議に密着している多くのカルト宗教も、一様に「放射能信仰」があるみたいで、原発や核兵器をことさらに崇拝しては、放射能についても「全然怖くない」「むしろ身体にいい」との教義がなされていると見るのが良さそうだわ。

こうした動きを見ても、日本会議やそこに集結しているカルト宗教そのものが、核フリークが多く集まる「シオニスト系ネオコン勢力」の軍事戦略にくみした思想を日本に浸透させようとしている様子が見えてくるし、ボクは、当時の原爆投下の時と同じように、福島に多くの民衆を帰還させることで、データ収集のための”実験”をしているのではないかと疑っている。

なんせ、「放射能は怖くない」との認識や、「北朝鮮がいつ核ミサイルを打ち込んでくるか分からない」との意識が国民間に浸透するのも、日本を軍事的に「核の拠点」にしたい上に、日本に大量の兵器を買わせて「戦争の出来る国にしたい」ネオコン戦争屋からすれば、「最も都合がいい展開」なのはいうまでもないからね。

この記事でも、日本会議とネオコン・シオニズムとの関連について紐解いたけど、こういう動きを見ても、ますます日本会議が純粋な日本の組織ではない疑いが強まってくるわね。
つまり、欧米でいう、福音派やエホバの証人、モルモン教やフリーメイソンなんかと同じような、これらに類する「日本版シオニズムカルト」とでも言えばいいのかしら?
(現に、この度加計学園の客員教授に就任したモルモン教宣教師のケント・ギルバートさんも、日本会議と一心同体だし。)

明治維新や明治政府そのものが、日本の中だけで起承転結した革命ではない(それらを背後で操っていたのは欧米軍事勢力し、結局、これらの勢力(長州明治礼賛勢力)の上にいるのは、ワシントンの中のディープステートであり、ジョージ・ソロスやロスチャイルドのような「1%のシオニスト」と言うことだ。

こうした、普通の日本人を惑わせ、軍産資本の利益のために国民の財産や生命を搾取されるような危険な扇動や洗脳に引っかかってはならないし、これらのカルトから一糸乱れぬ強力な支援を受けている安倍政権は、何よりも非常に危険な存在だということを肝に銘じる必要があるね。

長州テロリストと欧米軍事資本による明治維新こそ、「全ての売国の原点」だものね。
幸いにも、こうした安倍政権と密着している危険なカルトの存在がネット上ではかなり知られるようになってきたし、集英社にも批判の声が殺到しているみたいだから、この調子でもっと安倍政権と日本会議のヤバさが多くの人に伝わっていくといいと思うわ。

おススメ記事&広告

 
Pocket