【迷走】N国立花氏が崎陽軒に謝罪!苦言を呈した高須院長は同氏にブロックされ「ダブスタ」と批判!→後にブロック解除し、”直接対決”を企画

Pocket

どんなにゅーす?

・NHKから国民を守る党の立花孝志代表が、「5時に夢中」の中で同党を批判したマツコ・デラックスに激怒し、生放送中のテレビ局に押しかけるなどの”反撃行為”を繰り返している騒動について、立花氏が「不買運動」を宣言していた番組スポンサーの崎陽軒に対し、「勇み足だった」として謝罪した。

・また、同氏の手法を批判していた高須院長のツイッターを立花氏がブロックしたことに対しても多くの批判が集まっていた中、その後に立花氏は自らブロックを解除。現在、高須氏らが主導してニコ生での立花氏との”直接対決”を企画しているという。

N国・立花党首が崎陽軒に謝罪 不買運動は「勇み足」今週も「5時夢」マツコを出待ち

TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)でタレントのマツコ・デラックス(46)に「侮辱された」とする「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(52)は19日、先週12日に続き、反論の機会を求め、東京・半蔵門の同局で“出待ち”の抗議活動を行った。

約1時間にわたり、スタジオ前で演説や質疑応答。立花氏は抗議の一環として「崎陽軒のシューマイは買いません」などと番組スポンサーに対する不買運動にも言及していたが、これについては「僕の勇み足だったことは否めない。僕は本当に崎陽軒さんのシューマイが大好きで、新幹線に乗る時は好んで買っています。番組のスポンサーさんは関係ないと思いますので、ご迷惑をお掛けしたことについては謝罪をさせていただいます。崎陽軒さん、すみませんでした。ごめんなさい。僕も積極的に食べていくようにしますので」と頭を下げた。

~省略~

【スポニチアネックス 2019.8.19.】

高須院長、N国・立花党首にツイッターでブロックされ嘆く「対話を求める僕を…」

高須クリニックの高須克弥院長(74)が16日、自身のツイッターを更新し、「NHKから国民を守る党(N国)」の党首・立花孝志参院議員(52)から「ブロック」されたことを明かした。

高須院長は立花党首からブロックされたことをユーザーから指摘され「昨日は立花さんの誕生日だと聞いてお祝いメッセージを送ろうとしたらアカウントが消えているので訝しく思っておりました。立花さんが僕をブロックする権利は認めます。立花さんはマツコさんにも立花さんをブロックする権利があるとは思われませんか?」と発信。さらにブロックを示す画面画像を貼り付けた上で「対話を求める僕をブロックするなんて…立花先生ダブスタ」とツイートした。

~省略~

【デイリー 2019.8.16.】

高須院長が立花氏と直接対決企画、フィフィも参戦?

高須クリニックの高須克弥院長(74)が、「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員(52)とニコニコ生放送で“直接対決”の企画を進めていることを明かした。

高須氏は、立花氏がマツコ・デラックスの出演するTOKYO MX「5時に夢中!」の生放送中に突撃するなど抗議活動を繰り広げていることに対し、「営業妨害」と非難している。一時は立花氏からツイッターをブロックされていたが、17日までに解除され、立花氏にメディアで討論を行うことを提案したことを明かした。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.8.19.】

崎陽軒と深い関係を持つ菅官房長官の関係筋から圧力!?立花氏がこれまでの「オラオラ路線」を一変させ、崎陽軒に謝罪!

出典:Twitter(@tachibanat)

N国立花さんが、”マツコさん攻撃”の一環として「5時夢」スポンサーの崎陽軒さんの不買運動を表明していたけど、この態度を一変させて、崎陽軒に謝罪をしたわ。

当サイトでは、崎陽軒が菅官房長官と深い繋がりを持つ企業であることを紹介しつつ、立花氏の立場が一気に危うくなっていくことを予想したけど、面白いくらいに、全く予想通りの展開になってきたね。
これまでも、立花氏による権力に積極的に擦り寄る姿勢や、逆に弱い立場にある人たちを強烈に叩くことで、過激さや勇ましさを”演出”するような手法が目立っていたけど、結局は、立花氏も自らの地位を守るために力の強い権力者や既得権者に簡単に屈してしまう、平々凡々な「自己保身体質」だったことが浮き彫りになってきたね。

街頭演説で批判的なヤジを飛ばしたたった一人の有権者に対して、ひたすら執拗に追いかけ回して、寄ってたかって脅迫めいた暴言や威圧を繰り返している映像に対しても多くの批判が出ているけど、ますます、N国が持つ「強いものに媚びては弱いものをいじめる」腐敗した体質が露骨になってきた感じね。

そして、立花氏は、マツコ氏に対しては「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」との号砲をあげて、反社会的な脅し行為を行なったものの、立花氏の手法を批判した高須院長に対しては「こっそりとブロック」するという、これもまた「叩きやすいものだけ叩く」ような行動をみせている。
結局、立花氏は、高須氏や世間から多くの批判を受けたことで、その後にブロックを解除、今は高須氏の主導でニコ生での討論会を企画しているみたいだけど…どちらにしても、今回の「一連の騒動」でN国の本質がかなり露呈した感じがあるね。

これまでは、いわゆる「炎上商法」で多くの話題や知名度を上げてきた立花氏だけど、マツコ氏の一件については、完全にその手法が裏目に出たという感じだ。

今回の一件で、かなりコアな支持者の人たち以外は、立花さんを見切るような動きが出てきているみたいだし、立花さんが高須院長の完全な”子分”に成り代わってしまうのか、それとも、「高須院長をぶっ壊す!」なんて言い出すのか、今後の動向を見守っていこうと思うわ。

Pocket