■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【悪質事案】片山さつき氏を乗せた車(78歳秘書が運転)が”当て逃げ”!片山氏は警察が来る前に立ち去り、秘書だけが現場に戻る!片山氏は「スーパーシティ構想」の旗振り役で高齢者への免許返納を推進!

【悪質事案】片山さつき氏を乗せた車(78歳秘書が運転)が”当て逃げ”!片山氏は警察が来る前に立ち去り、秘書だけが現場に戻る!片山氏は「スーパーシティ構想」の旗振り役で高齢者への免許返納を推進!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月28日、片山さつき参院議員を乗せた車が別の車に突っ込んだ上に、被害者を”置き去り”にしていたことが一部マスコミによって報じられた。

・報道によると、片山氏は警察が来る前にその場を立ち去った上に、車を運転していた78歳の秘書が戻ってきたという。

片山氏は「スーパーシティ構想」の旗振り役で、高齢者への免許返納を推進していたことから、ネット上で批判の声が上がっている。

片山さつき氏、“78歳” 秘書の運転で「衝突事故」報道…高齢者の免許返納促す「スーパーシティ構想」推進派なのに

片山さつき参院議員を乗せた乗用車が、信号無視で事故を起こしたうえ、被害者を置き去りにした――と、11月10日発売の『週刊文春』が報じている。

記事によれば、事故が起きたのは、安倍晋三元首相の国葬がおこなわれた翌日の9月28日。静岡県浜松市内の交差点で、片山氏が乗った車が信号無視で別の乗用車に突っ込んだ。片山氏は警察が来る前に現場を離れ、その後、運転していた秘書だけが戻ってきたという。  片山氏は事故の処理よりも、東京の会合に出席するため新幹線に乗ることを優先したようだが、それよりも気になるのは、車を運転していた私設秘書のことだ。なんと78歳だという。

~省略~

まして片山氏は、2020年9月に施行された「改革国家戦略特区法(スーパーシティ法)」の発案者、旗振り役として知られているのだ。

「AIなどの先端技術を、社会のさまざまなシーンに活用することで “未来都市” を実現、住民の生活を暮らしやすくしようというのが『スーパーシティ』構想です。

実は、その重要な要素が『交通』なんです。内閣府の資料では、場所などを限定した完全な自動運転『レベル4』が想定されています。これは、不測の事態への対応も含め、すべての運転をシステムに任せるのが特徴です。

片山氏はある意味、高齢者の免許返納を促進する立場とも言えるわけで、高齢者の免許返納に率先して対応すべきでした」(政治記者)

~省略~

【Yahoo!ニュース(SmartFLASH) 2022.11.11.】

政府が高齢者の免許返納を促す中、片山さつき氏が78歳の秘書に車を運転させた上に”当て逃げ”!

出典:Twitter(@katayama_s)

武井俊輔議員の事案に続いて、今度は片山さつき氏が”当て逃げ”ですか!
おまけに、78歳になる高齢の秘書に運転させていたというし、報道を見聞き限り、片山氏本人に一番の原因があるとしか思えないわ!!

”元自民党議員”の事例も含めると、「元祖安倍シンパ問題児」といえる武藤貴也元議員がひき逃げ容疑で書類送検されたこともあったね。

片山氏は、グローバル支配層が地球規模で推し進めてきた「デジタル奴隷監視社会」と軌を一にしている「スーパーシティ構想」の旗振り役を務めているとのことで、これは内閣府の「ムーンショット目標」とも繋がっており、彼らの”計画”が順調に進んでいけば、いずれ、自動車も人間ではなくAIが自動運転するような時代がやってくるだろう。

今回のような事件が起これば、ますます「人間が車を運転するのは危ない」との話になっていくのは自然な流れですし、ますます人間の能力に対する信頼性が揺らいでいく上に、機械やAIに依存する風潮が進んでいってしまう恐れがあるわ…!

自動車が常にビッグデータやネットワークに繋がり、AIが自動運転することが当たり前になってしまうと、例えば、ビッグデータで「グローバル支配層にとって不都合な反逆者」との判定が下されている人物に対して、リモートコントロールで意図的に事故を起こさせて車に乗っている人を殺すことも容易にできてしまうからね。
さすがに、片山氏がそうしたことまで計算して、わざと高齢者に車を運転させて事故を起こしたわけではないだろうけど、高齢ドライバーによる事故が大きく取り沙汰されるたびに、「人間が車を運転するのは危険だ」との方向に進んでいき、ありとあらゆる物事を人間の代わりにAIが行なうようになり最終的には、AIによる人類支配統治システムが構築されてしまうことに繋がっていく。

おまけに、新型コロナ用mRNAワクチンによって高齢者から若い世代の人たちにまでの脳機能が劣化(集中力の低下やうつなどの精神疾患の増加)していることが考えられる中で、ますます交通事故が増えていくことが懸念されるし、とにかくも、ただでさえ身体機能が落ちている高齢者については、これまで以上に免許返納を強く求めていく以外に方法がなさそうだわ…。

それと同時に、全ての人々が自家用車に頼らずに移動が出来るよう、鉄道やバスなどの公共交通機関をもっと充実させていくことが必要であると考えているよ。
とにかくも、実質的に”当て逃げ”をした片山氏については、厳しく処分する必要があるし、それと同時に、くれぐれも人間がAIに強く依存し支配・統治されていくような方向に向かっていかないよう、慎重に議論を深めていく必要があるのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事