■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【騒然】「困窮者限定の給付金」も拒否した菅総理が「最終的には生活保護もある」と発言!→国民「全てを失わないと支援しないってことか」「歴代最狂の総理」

【騒然】「困窮者限定の給付金」も拒否した菅総理が「最終的には生活保護もある」と発言!→国民「全てを失わないと支援しないってことか」「歴代最狂の総理」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月27日、衆院予算委員会の中で、コロナ危機によって生活に困窮している国民への支援について質問された菅総理が「最終的には生活保護もある」などと答弁議場が騒然とする一幕があった。

・これまでも、再度の一律給付金や生活困窮者限定の給付金を拒否してきた菅総理は、ここでも「まずは自分でできることはやってみる。どうにもならないときは、政府がセーフティーネットで助けてくれる。そういう信頼される政府を目指したい」と繰り返し、国民に向けて「(生命の危機に直面するまでは)自分で何とかするように」との考えを披露。グローバリストの本質が露呈しつつある菅総理の冷血な姿勢に、国民から怒りの声が噴出する事態になっている。

給付金「再支給考えていない」 首相、困窮者限定も否定

26日の衆院予算委員会では、政府のコロナ対応について野党委員が集中的に質問した。

~省略~

菅義偉首相は「特別定額給付金を再び支給する考えはありません」と否定した。大西氏は昨年のような一律給付ではなく、対象を生活困窮者らに絞って支給する考えもないか尋ねた。首相は、無利子で生活費を貸し付ける「緊急小口資金」などの支援制度があることを挙げ、「特別定額給付金を再び支給することは考えておりません」と重ねて否定した。

【朝日新聞 2021.1.26.】

菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

~省略~

立憲民主党の石橋通宏氏が「(コロナ下で)弱い立場にある人にも『自助』をと言うのか」とただすと、首相は「自助、共助、公助そして絆」という社会像を目指したいと強調。そのうえで「まずは自分でできることはやってみる。どうにもならないときは、政府がセーフティーネットで助けてくれる。そういう信頼される政府を目指したい」と持論を展開した。

石橋氏が「収入を失って命を落とす人が多数に上っている。(支援の)政策は届いているのか」と迫ると、首相は「いろいろな対応策もあるし、政府には最終的には生活保護という仕組みも(ある)」と述べた。「最終的には」としつつも突然、生活保護による支援に触れた。

その後、質問に立った立憲の蓮舫氏は、この発言について「この答弁はあんまりだ。生活保護に陥らせないためにするのが首相の仕事で、政治ではないか」と批判。首相は「最後はセーフティーネットもあり、信頼する社会をつくっていきたいという話をした」と釈明した。【竹地広憲】

【毎日新聞 2021.1.27.】

菅総理の背筋も凍る”冷血さ”がむき出しに!「最終的には生活保護もある」=「生命の危機が本格的に迫らないと支援しない」と宣言したも同然!

出典:YouTube

菅総理の国会発言が大きな波紋を呼んでいます。
Twitter上でもYouTubeでも、菅総理に対する怒りの声が殺到中で、長期化しているコロナ禍によって国民生活がひっ迫している実情がより浮かび上がっては、国民への支援を頑なに拒絶している菅政権に対する怒りやストレスがかなりのレベルに達していることがうかがえます。

もはや、菅総理本人も本気で支持率を回復させる気がないように見えてきてしまうし、この「全ての国民を敵に回すような発言」は、支持率をさらに押し下げる要因になっていきそうだ。

それにしても、菅総理のこのグローバリズム思想は相当なもんだね。
まさに「強いものはより強く、弱いものはより弱く」の最たるものだし、ネット上で多くの指摘が出ているように、本来は「生活保護を申請せざるを得ない(生命の危機に直面する)国民をいかに少なくしていくか」というのが「政治に課せられた使命」のはずなんだけど…。
こうした、「明日生きるお金もない」「自殺・餓死寸前」に陥った時点で初めて「政府が手を貸してやる」といった考え方は、まさに「現代の奴隷システム」そのものだし、いわば”悪魔的”と言ってもいいものだ。

こんなにも恐ろしいまでに血が通っていない菅総理について「庶民の心が分かる優しいパンケーキおじさん」などと報じていたマスコミは、「万死に値する」ほどに悪質なデマをばら撒いていたも同然ですし、政権樹立当初の「70%を超える支持率」は、大手マスコミが人工的に(洗脳・世論誘導によって)作り出した、完全なる「虚構・ウソの支持率」だったことが本格的に露呈してきています。

こうした悪魔的な冷血さを隠そうとしていないというのは、ある意味では”良心的”なのかもしれないけど、そうなれば、政権支持率が(さらに落ちていくケースこそあれど)復活していくことはもうそうそうないだろう。
こうした、「かなり急進的なグローバリズム思想」におかされている菅政権である限り、この先餓死者や自殺者がどんどん増えていくような事態も考えられるし、国民自身もこれまで以上に「最上級の危機感」を持ちながら、グローバリズムと距離を置いた考えを持つ、良心的な政治家・政党を大きく育てていく必要があるんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事